PC表示スマホ表示

7月IPOがまさかの全勝!8月以降のIPOはどうなる?

最終更新日:
2021年8月10日

 2021年のIPO市場は年初から絶好調で、5月までは全戦全勝でした。しかし、6月に発生した超大型IPOラッシュでは、超過密スケジュールということもあり、今年初の公募割れが出るなどあきらかに勢いが失速してしまいました。
 同日上場が連続した6月22日以降で見ると、18戦13勝4敗1分と勝率が7割まで落ち込み、期待されていたIPOでも初値が伸び悩むなど、失速している状況がよくわかります。

 その中で迎えた7月のIPOは、終盤に条件が厳しいIPOが連続しており、7月も後半は失速するかも?と心配していました。しかし、終わってみればなんと9戦全勝と負けなしの1か月となりました!良い意味で予想を裏切り、見事なV字回復を見せています。2021年後半のIPOに向けて、よい折り返しスタートとなりました!

 今回は、7月のIPO結果と、8月以降に上場予定の中から、注目IPOをピックアップして紹介します。

7月のIPO結果一覧

 では、7月のIPO結果を見てみましょう。

表は左右にスライドしてご確認ください
企業名 総合
評価
市場 申込
期間
上場日 当たり本数 公募価格 初値 利益
(上昇率)
AIメカテック
(6227)
D 東証
2部
7/12
~7/16
7/30 39,410本
多い
1,920円 1,941円 +21円
(+1.1%)
デリバリー
コンサルティング

(9240)
D 東証
マザーズ
7/12
~7/16
7/29 13,087本 950円 1,472円 +522円
(+54.9%)
ブレインズ
テクノロジー

(4075)
B 東証
マザーズ
7/9
~7/15
7/28 9,430本 1,780円 4,165円 +2,385円
(+134.0%)
サーキュレーション
(7379)
C 東証
マザーズ
7/7
~7/13
7/27 24,426本
多い
1,810円 3,205円 +1,395円
(+77.1%)
ランドネット
(2991)
B JASDAQ
スタンダード
7/6
~7/12
7/21 4,105本 3,830円 5,320円 +1,490円
(+38.9%)
アシロ
(7378)
C 東証
マザーズ
7/2
~7/8
7/20 48,336本
多い
1,160円 1,480円 +320円
(+27.6%)
ラキール
(4074)
B 東証
マザーズ
6/30
~7/6
7/16 14,490本 1,400円 2,480円 +1,080円
(+77.1%)
コラントッテ
(7792)
C 東証
マザーズ
6/22
~6/28
7/8 24,725本
多い
1,100円 1,385円 +285円
(+25.9%)
BCC
(7376)
B 東証
マザーズ
6/18
~6/24
7/6 2,990本
少ない
1,300円 3,350円 +2,050円
(+157.7%)
企業名 総合
評価
市場 申込
期間
上場日 当たり本数 公募価格 初値 利益
(上昇率)

 BCCブレインズテクノロジーは前評判が高く、安定した高値を付けています。この辺りの安定感はもちろんのことですが、7月IPOで最も注目したいのはAIメカテックです。社名にAIと入っているものの、事業内容は「半導体パッケージ製造装置などの開発・製造・販売およびアフターサービス」と、AI事業ではありません公開株数が多く全て既存株主の売出による公開と、マイナス要素が盛りだくさんでした。

 このようにIPOとしてのスペックは「公募割れしても仕方ない」レベルでしたが、予想を裏切り、ギリギリではありますが公募割れを回避しています。6月後半に上場していたら、おそらく公募割れしていたでしょう。それだけ7月のIPO市場が強かったという事です。

8月以降の注目IPO

 7月のIPO市場の強さに加えて、8月以降のIPOは条件の良い銘柄が揃っているのが特長です。現在発表されている銘柄は、全てが注目IPOと言っても差し支えありません!

表は左右にスライドしてご確認ください
企業名 総合
評価
市場 申込
期間
上場日 当たり本数 狙い目証券
メディア総研
(9242)
A 東証
マザーズ
8/18
~8/24
9/2 3,450本 SBI
松井
岡三オンライン
モビルス
(4370)
B 東証
マザーズ
8/18
~8/24
9/2 12,670本 大和
野村
SMBC日興
SBI
楽天
CONNECT
カブコム
ジェイフロンティア
(2934)
B 東証
マザーズ
8/12
~8/18
8/27 8,800本 SBI
野村
SMBC日興
岩井
松井
マネックス
楽天
ネオトレード
ネオモバ
タンゴヤ
(7126)
B JASDAQ
スタンダード
8/5
~8/12
8/24 2,415本
少ない
SMBC日興
野村
SBI
マネックス
カブコム
シイエヌエス
(4076)
B 東証
マザーズ
8/4
~8/11
8/20 5,980本 岩井
SBI
松井
岡三オンライン
楽天
フューチャーリンク
ネットワーク

(9241)
A 東証
マザーズ
8/2
~8/6
8/20 2,788本
少ない
SBI
SMBC日興
楽天
松井
マネックス
岡三オンライン
企業名 総合
評価
市場 申込
期間
上場日 当たり本数 狙い目証券

 8月~9月のIPOは、どれが当たってもそれなりに利益が期待できそうです。

 その中でも、フューチャーリンクネットワークタンゴヤメディア総研といった、公開株数が少ない銘柄は、初値が高騰する可能性が高いので、積極的に狙いたいですね!

 フューチャーリンクネットワークは、8月最初のIPOです。公開株数が少ない上に、直近IPOから3週間ほど期間を空けて上場するため、投資家の余力は十分に回復しているでしょう。主要株主には解除条件のないロックアップがかかっていることから、初日は圧倒的な買い気配ではじまりそうです。シイエヌエスと同日上場ですが、こちらも規模はさほど大きくないため、初値形成には問題なさそうです。
 主幹事が岡三証券なので、同じグループの岡三オンライン証券にも委託配分があります。また、SBI証券主幹事に次ぐ割当数なので、こちらも狙い目です、

 タンゴヤはさらに少ない公開株数なので、買いが集まれば初値が高騰しそうな銘柄です。ただし、メイン事業であるオーダースーツやオーダーシャツは新型コロナウイルス感染症の影響を受けやすいため、今後の先行きが不透明なところが気がかりです。さらに、主要株主にベンチャーキャピタル(VC)が多いのもマイナスです。公募価格の1.5倍でロックアップが解除されてしまうので、そのあたりが一つの壁になるでしょう。

 メディア総研も事業内容はあまり強くないですが、公開株数が少なめのIPOです。業績が着実に伸びている点と、既存株主に解除条件のないロックアップがかかっている点はプラス要素です。主要株主にベンチャーキャピタルがいないので、上場直後に大量の売りを浴びせられる心配がありません。堅実に初値が上がっていきそうです。
 主幹事の東洋証券ではネット配分が無いので、SBI証券松井証券が狙い目です。

 それぞれ主幹事証券から申し込むのはもちろん、ネット配分が多いSBI証券マネックス証券松井証券からも忘れずに申し込みましょう。さらに、新興ネット証券である、CONNECTLINE証券などもフォローしておくと、盤石です!

IPO当選を狙える証券会社はこちら!

 数あるネット証券の中で、IPOに強い証券会社をピックアップしました。「取扱数が多い」、「主幹事数が多い」、「ネット配分100%」など様々な強みがあります。口座開設の参考にしてください。

証券会社名
(クリックで詳細へ)
取扱い数
(2020年)
口座数
(ライバル)
IPO抽選方法 総合評価
SBI証券
2,500円プレゼント
◎
(85社)
○
(600万)
30% 完全抽選
15% IPOチャレンジP
5% 優遇抽選
◎
SMBC日興証券 ◎
(52社)
○
(354万)
10% 完全平等抽選
5% ステージ別抽選
◎
マネックス証券 ◎
(50社)
○
(194万)
100% 完全平等抽選 ◎
岡三オンライン
証券

3,500円プレゼント
◎
(39社)
◎
(27万)
100% 完全平等抽選 ◎
松井証券 ○
(18社)
○
(130万)
70% 完全平等抽選 ◎
CONNECT
(大和証券グループ)
○
(10社)
◎
(少)
70% 完全平等抽選
30% 優遇抽選
◎
LINE証券
3,000円プレゼント(抽選)
△
(0社)
◎
(少)
100% 完全抽選 ○

(2021年5月時点)

※取扱い数は2020年1月~12月の値(REITは除く)
※「口座数」は概算、「IPO抽選方法」は〔完全平等抽選=機械による1人1票抽選〕と〔完全抽選=機械による抽選だが資金力に左右される〕に分かれる。

↑