ランドネット(2991)

 ランドネットの事業内容は「中古不動産の買取販売、買取り後のリフォーム・リノベーション、仲介および賃貸不動産の管理」で、JASDAQスタンダード上場の中型案件(想定時価総額52.6億円、吸収金額15.1億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「SMBC日興証券が主幹事」の案件です。

成長性 割安性
○ にじゅうまる
話題性 総合評価?
○ b


基本情報

会社名 ランドネット(2991) 【JASDAQスタンダード】
会社URL https://landnet.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券野村證券楽天証券マネックス証券松井証券auカブコム証券
IPOチャレンジするならマネックス証券

(↑マネックス証券は100%完全平等抽選なので狙い目です!)

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 3,680円
仮条件? 3,680円 ~ 3,830円
公募価格? 3,830円
初値予想(独自) 4,500円 ~ 6,500円(6月17日時点)
初値? 5,320円 (公募価格比+1,490円 +38.9%)

・想定価格3,680円に対して、PER8.84倍、PBR1.19倍、配当利回り1.13%
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益416.4円、1株あたり純資産3,081.9円、1株あたり配当金41.7円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 7月6日(火)~7月12日(月)
当選発表日? 7月13日(火)
購入申込期間? 7月14日(水)~7月19日(月)
上場日? 7月21日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 284,000株
売出株数(OA含む)? 126,500株
当選株数合計 410,500株

・当選株数は410,500株。売買単位が100株なので、当たりは計4,105枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 SMBC日興証券 91.40% 375,200株 3,752枚 375枚
幹事 SBI証券 1.73% 7,100株 71枚 31枚
野村證券 1.73% 7,100株 71枚 7枚
楽天証券 1.73% 7,100株 71枚 71枚
水戸証券 0.85% 3,500株 35枚 0枚
マネックス証券 0.85% 3,500株 35枚 35枚
松井証券 0.85% 3,500株 35枚 24枚
三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
0.85% 3,500株 35枚 3枚

SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券野村證券楽天証券マネックス証券松井証券から当選のチャンス。
・その他、auカブコム証券から申し込み可能となりました。(6月21日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
榮 章博(社長) 48.48% 180日間
(株)ブレインネット 48.48% 180日間
浦 好之 0.12% 180日間
塩尻 直樹 0.11% 180日間
柳 久之 0.11% 180日間
矢嶌 卓 0.10% 180日間
萬代 茂明 0.10% 180日間
小礒 純 0.10% 180日間
中嶌 大輔 0.09% 180日間
逆瀬川 幸生 0.09% 180日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2016年
7月
2017年
7月
2018年
7月
2019年
7月
2020年
7月
売上高(百万円)? 11,217 17,071 22,345 30,153 35,774
経常利益(百万円)? 564 958 809 1,074 831
当期純利益(百万円)? 376 605 563 773 595
純資産額 (百万円)? 1,126 1,732 2,201 2,938 3,454
1株あたりの純資産額(円)? 985 1,514 1,924 2,568 3,020
1株あたりの純利益(円)? 329 529 492 676 520
自己資本比率(%)? 36.1 38.5 38.4 35.9 41.1
自己資本利益率(%)? 40.1 42.4 28.6 29.8 18.6

※2018年7月期まで単独決算。2019年7月期から連結決算。
・2021年7月期は、第3四半期時点で売上30,693百万円、経常利益902百万円を達成しています。IPOで得た資金は、販売用不動産の取得、賃貸用不動産の取得、システム開発投資、人件費および人材採用関連費、支点および本店造作設備工事資金に充てる予定です。

管理人からのコメント

 ランドネット(2991)、事業内容は一般的な不動産業という印象で、IPOとしては弱めのテーマです。業績推移を見ると、売上は伸びているものの利益が頭打ち気味になっており、先行きにやや不透明感があります。想定価格には割安感がありますが、このような理由により、需要はそれほど期待できません。ただ、公開株数が少なめで、主要大株主にも期間でロックアップがかかっており、供給はかなり絞れています。総合的な需給バランスを考えると、初値は大幅に上昇すると予想します。

 ネット証券では、SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券野村證券楽天証券マネックス証券松井証券auカブコム証券から申し込み可能となっています。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑