PC表示スマホ表示

楽天証券

口座開設して、各種取引をすると24,200円超相当をプレゼント!

楽天証券の公式サイトへ

楽天証券は、100%ネットでの配分です。申し込みは何口でもできるので、たくさん申し込んだ方が有利です。IPO抽選は「ステージ制」を採用していて、楽天証券での取引量や入金額に応じて当選率が変動します。たとえば、最上位のIPOゴールドに属していれば、通常の5倍の当選率になります。
また、楽天証券は口座開設キャンペーンが充実していて、新しく口座開設した後に、投資信託の買い付け、国内株やFXの取引などをすると、合計24,200円分の現金&楽天スーパーポイントがもらえます!

IPO攻略情報

■楽天証券のIPO基本情報

店頭配分
ネット配分
抽選方式
口座開設数
IPO取扱
(2017年)
当選実績
(管理人)
総合評価
なし
100%
資金量による抽選
(ステージ制)
261万
(多い)
7件
(少ない)
0回
○

※抽選方式は資金量によるもので、たくさんの口数申し込んだ方が当たりやすくなります。また「ステージ制」を採用しているので、楽天証券での取引が多い方がよいステージとなり、IPO当選も優遇されます。詳しくは、裏ワザページをご覧ください。

■IPO取り扱い実績数

表は左右にスライドしてご確認ください
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年
7 8 10 2 2 12 15 3 5 20 21

最近は、IPOの取り扱いは少なめですが、100%完全平等抽選なので期待が持てますね!

■ネットバンキングでの資金移動のしやすさ(振込手数料無料の即時入金サービス)

表は左右にスライドしてご確認ください
楽天 住信SBI
ネット
セブン ジャパン
ネット
ソニー ゆうちょ 三菱UFJ 三井
住友
みずほ りそな
○ × ○ ○ × ○ ○ ○ ○ ×

※通常の振込はどの銀行でもできますが、振込手数料は個人の負担となります。

 

■楽天証券を使ったIPO株の申し込みサポートページ


 【口座開設入金申し込み



株式売買手数料やサービスなど

超割コース(1回の約定金額に応じて手数料が決まります。)
楽天証券 超割コース

 

いちにち定額コース(1日のお取引金額の合計で手数料が決まります。)
楽天証券 いちにち定額コース
楽天証券 公式サイトより 2018年1月現在)

楽天証券の手数料体系は「ワンショットコース」と「いちにち定額コース」の2つに分かれています。ワンショットコースは取引ごとに手数料がかかるので、取引回数が少ない方に向いています。逆に取引回数が多い方は、1日分の取引合計金額に対して手数料がかかる、「いちにち定額コース」がおすすめです。1日の約定代金合計が10万円以下の場合は手数料は0円です!

 

■楽天証券の取材レポート!(グループサイト『やさしい株のはじめ方』より)

 最近話題の「NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)」や「海外株式投資」などについて、楽天証券さんに取材させていただきました。   →楽天証券の清野さんと中原さんにインタビュー (2013年5月)

 

キャンペーン情報

楽天証券に口座開設し、エントリーしてから楽ラップの新規申し込みをすると、最大20,000円分の楽天スーパーポイントをプレゼント!(2018年9月28日まで)

楽天証券のFX口座を開設すると、もれなく200円プレゼント!(2018年10月31日まで)

楽天証券で「①NISA口座を新規開設する」と、抽選で2,000円をプレゼント!(2018年9月28日まで)
または「②つみたてNISAの合計購入金額が5,000円以上で、2018年9月28日時点の時価基準価額が5,000円以上」であれば、抽選で3,000円をプレゼント!(2018年9月28日まで)
※どちらか片方のみです。両方該当する場合は、②の方が優先されます。

楽天証券の総合口座開設後、信用口座を開設&信用取引デビューをすると、もれなく株主優待ガイド2019年版をプレゼント!(2018年9月28日まで)

楽天証券と楽天銀行に口座開設し、自動入出金設定をすると、もれなく1,000円プレゼント!(2018年10月31日まで)

※手に入れたポイント”は現金同様の“楽天スーパーポイント(1p=1円)”に等価交換で振り替えができます。 →詳しくは楽天証券の公式サイトにてご確認ください。

(注意点)
未成年口座のお申し込みは、口座開設キャンペーンの対象外となります。また、すでに楽天証券で口座開設を済ませている方も、本キャンペーンの対象外となります。口座開設の資料請求後、期限までに口座開設していただけなかった場合も、本キャンペーンの対象外となりますのでご注意ください。

取り扱い金融商品

国内株式・新規公開株(IPO)・信用取引・単元未満株(買取のみで、ミニ株取引は×)・ETF(国内ETF・海外ETF)・REIT・債券・MRF・MMF・外貨MMF(米ドル、ユーロ、豪ドルなど)・FX・金プラチナ・先物オプション取引・海外先物取引・NISA・マネーブリッジなど

 

↑