PC表示スマホ表示

証券会社のIPO株取り扱い実績数

 IPO株の取り扱い実績が多い証券会社ほど、多くの抽選が受けられます。例えば、2017年ならSBI証券SMBC日興証券マネックス証券大和証券の4社の取り扱いが多く、一歩抜けています。

 IPOに当選するために、たくさんの口座を作って準備をしておくことは重要ですが、まずは抽選回数が期待できる証券会社から口座開設を始めると効率がいいと思います。

証券会社のIPO取り扱い実績数(2017年まで)

証券会社名
(公式サイトへ)
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年
2011年 2010年 2009年 2008年
SBI証券 86 76 82 65 44 38 26 13 10 27
SMBC日興
証券
74 72 80 60 43 28 27 15 9 22
マネックス証券 49 46 52 39 34 16 9 9 6 11
大和証券 43 37 43 51 23 31 23 11 7 26
岩井コスモ証券 39 26 44 25 23 7 1 2 0 7
カブドットコム
証券
27 20 18 19 11 24 18 16 11 37
岡三オンライン
証券
23 6 10 10 1 - - - - -
松井証券 14 11 16 5 2 11 14 7 8 25
東海東京証券 11 15 28 23 14 12 9 3 5 11
楽天証券 7 8 10 2 2 12 15 3 5 20
むさし証券 7 9 13 5 2 2 2 0 0 1
GMOクリック
証券
0 1 1 2 0 0 0 0 0 1
立花証券 0 1 0 0 1 0 0 0 0 1

※この表は各年1月~12月の取扱銘柄件数を掲載しています。
岡三オンライン証券は2013年の年末にIPO取り扱いがスタートしました。

 

↑