PC表示スマホ表示

One Tap Buy(ワンタップバイ)

 One Tap Buy(ワンタップバイ)は、「1,000円から株が買えるスマホ証券」です。スマートフォン専業のめずらしい証券会社で、スマートフォンアプリから最短3タップで株が買えるシンプルな操作性が魅力です。日本株はもちろん、米国株も1,000円から買えます!
 アプリは日本株米国株と2種類に分かれていますが、口座情報は共通なので、どちらかのリンクで口座開設すれば両方のアプリが使えます。

OneTapBuy

<画像:One Tap Buy公式サイトより>

※2018年8月現在、IPO取り扱い予定はありません。

IPO攻略情報

■One Tap Buy(ワンタップバイ)のIPO基本情報

店頭配分
ネット配分
抽選方式
口座開設数
IPO取扱
(2017年)
当選実績
(管理人)
総合評価
-
-%
-
-
(-)
-件
(-)
-

 

■IPO取り扱い実績数

表は左右にスライドしてご確認ください
2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年
- - - - - - - - - - -

 

■ネットバンキングでの資金移動のしやすさ(振込手数料無料の即時入金サービス)

表は左右にスライドしてご確認ください
楽天 住信SBI
ネット
セブン ジャパン
ネット
ソニー ゆうちょ 三菱UFJ 三井
住友
みずほ りそな
× × × × × × × ○ ○ ×
※通常の振込はどの銀行でもできますが、振込手数料は個人の負担となります。

株式売買手数料やサービスなど

<株式売買手数料>
One Tap Buyの手数料は「定額プラン」と「都度プラン」の2種類から選べます。

・定額プラン

OneTapBuy手数料

<画像:One Tap Buy公式サイトより>

・都度プラン

OneTapBuy手数料

<画像:One Tap Buy公式サイトより>

※米国株を買う場合はこれらの手数料のほか、日本円に交換する際に1米ドルあたり0.35円のスプレッドがかかります。買う場合は0.35円足したレート、売る場合は0.35円引いたレートで円が計算されます。

 2つのプランがあるので、投資スタイルによって選べるのはうれしいですね!
 ひと月の間に合計20万円以上取引する人は、定額プランがおすすめです。2つのプランは後から変更が可能なので、まずは様子見で都度プランから…という使い方もOKです!

■はじめてでも投資先が選びやすい

 日本株ではトヨタ自動車任天堂などの身近で業績の安定した企業が30社、米国株ではAmazonMicrosoftAlphabet(Google)などの世界的な企業が30社、合計60社の厳選された企業が投資対象です。(2018年8月時点)
 投資先に迷ったときは、「まるごと日本株」、「まるごと米国株」から市場全体の値動きに連動するETFも買えます。「まるごと日本株」では、日経平均株価が上がったら儲かるタイプや、逆に下がったら儲かるタイプなどがあります。

■最短3タップで取引完了!

OneTapBuy手数料

<画像:One Tap Buy公式サイトより>

 最短3タップで有名企業の株が買えます。金額は1,000円から指定できるので、自分のペースでコツコツ買い増していくこともできますね。少額からはじめられるので、これから株式投資にチャレンジしたい!という人にはピッタリの証券会社です。

■「おいたまま買付」でかんたん入金

 みずほ銀行の預金口座に残高があれば、証券口座に送金しなくても株が買えます。24時間365日対応なので、事前に入金などの手間がいらないのはうれしいですね!(※メンテナンス時間を除く)
 さらにソフトバンクカードの現金バリューを利用してる人も「おいたまま買付」を利用できるようになりました!さらにソフトバンクカードの場合は、売却後に出金(チャージ)することもできます。
 2018年9月28日より、三井住友銀行でもおいたまま買付が利用できるようになります!

 今なら送金手数料無料キャンペーン実施中!※延長が決定しました!(2019年3月31日まで)

■漫画で投資が学べます

 アプリ内には投資に関する用語や仕組みを解説した、無料のマンガコンテンツがあります。読みやすくわかりやすいので、はじめての人にはおすすめです!

マンガコンテンツ

<画像:One Tap Buy公式サイトより>

キャンペーン情報

・「おいたまま買付」を利用して送金すると、送金手数料無料!(2018年9月30日まで)

おいたまま買付 送金手数料無料キャンペーン

取り扱い金融商品

国内株式・米国株式・ETF(国内ETF)

↑