PC表示スマホ表示

立花証券

立花証券の公式サイトへ

 立花証券のIPO抽選方法は、コンピュータを使ったもので、当選チャンスは資金量に関係なく、平等に与えられています。また、口座を開設している人が少ないため、IPOの割り当てがあったとしても、申し込みをする人が少ないという点も魅力的です。

IPO攻略情報

■立花証券のIPO基本情報

店頭配分
ネット配分
抽選方式
口座開設数
IPO取扱
(2018年)
当選実績
(管理人)
総合評価
なし
30%
完全平等抽選
不明
0件
(少ない)
0回
△

 

■IPO取り扱い実績数

表は左右にスライドしてご確認ください
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年
0 0 1 0 0 1 0 0 0 0 1

最近の取り扱いは、年に1回あるかないか程度なので、口座を開かない人が多く、実はチャンス。

■ネットバンキングでの資金移動のしやすさ(振込手数料無料の即時入金サービス)

表は左右にスライドしてご確認ください
楽天 住信SBI
ネット
セブン ジャパン
ネット
ソニー ゆうちょ 三菱UFJ 三井
住友
みずほ りそな
不可 不可 不可 不可 不可

※通常の振込はどの銀行でもできますが、振込手数料は個人の負担となります。



株式売買手数料やサービスなど

<1注文コース(初期設定)>
立花証券の手数料体系

<1日定額コース>
立花証券の手数料体系
立花証券公式サイトより 2018年1月時点)

どちらの手数料体系も、業界でそれなりに安い水準にあります。IPOだけの利用にしろ、通常の取り引きをおこなうにしろ、1日定額コースの方が有利になるケースがほとんどですので、注文コースはあらかじめ変更しておきましょう。

■最新の四季報データが読めます

立花証券に口座を開設している方であれば、どなたでも無料で「最新の四季報データ」を読むことができます。四季報レポートはPDFで提供されており、A4サイズで3ページの構成となっています。また、業績予想の情報は、インターネットならではの毎週更新! さらに、「太陽光」「復興」など話題のテーマからの銘柄スクリーニングもかんたんにできます。

キャンペーン情報

・現在はとくにありません。



取り扱い金融商品

国内株式・新規公開株(IPO)・信用取引・MRF・MMF・投資信託・ETF・中期国債ファンド・くりっく365・日経225先物・日経225先物mini・日経225オプション・NISAなど

 

↑