PC表示スマホ表示

コロナショック後のIPOの傾向を予想しました!

最終更新日:
2020年6月26日

 6月24日に、約2か月半ぶりに3社が上場し、コロナショック後のIPOがようやく再開されました。久しぶりのIPOということもあり、コパ・コーポレーション(7689)ロコガイド(4497)フィーチャ(4052)の3社は、公募価格の2倍以上に初値が高騰しています。素晴らしい再スタートになりました。

 コロナショック時の嫌なムードは一掃された感がありますが、すでに上場した3社を含め、今後の上場予定企業を見てみると、今後のIPOはコロナショック前とは大きく変わりそうです。

 この3つの変化を予想しています。どこが変わるのか、なぜ変わるのかを、くわしく解説します!

上場予定企業と共通点

 では、まず再開後に上場予定の企業を見てみましょう。

表は左右にスライドしてご確認ください
上場日 企業名 業種 事業内容
2020/6/24 コパ・
コーポレーション

(7689)
卸売・EC 実演販売を利用した商品卸売など
店頭のほか通信販売でも展開
2020/6/24 ロコガイド
(4497)
Webサービス 電子チラシ配信サービス『トクバイ』の運営
2020/6/24 フィーチャ
(4052)
ソフトウェア開発 画像認識ソフトウェアの開発
2020/6/26 コマースOne
ホールディングス

(4496)
EC ECプラットフォーム関連事業
上場日 企業名 業種 事業内容
2020/6/29 エブレン
(6599)
機械製造 産業用電子機器・工業用コンピュータの設計・製造・販売
2020/6/30 グッドパッチ
(7351)
Webデザイン UI/UXデザイン支援事業
2020/7/7 Branding
Engineer

(7352)
人材・教育 企業に対してエンジニアリソースの提供をおこなうMidworks事業、
メディア事業およびプログラミングスクール運営など
2020/7/10 Speee
(4499)
Webマーケティング データ資産を利活用したマーケティング活動を支援するMarTech事業
および消費者と事業者をつなぐプラットフォームサービスを提供し
リアル産業のデジタルシフトを促進するX-Tech事業の運営など
上場日 企業名 業種 事業内容
2020/7/15 アイキューブド
システムズ

(4495)
Webサービス 法人向けモバイルデバイス管理サービスの提供
2020/7/15 GMO
フィナンシャルゲート

(4051)
決済処理 クレジットカード、デビットカード、電子マネー、ポイントなどによる
対面型決済をおこなう決済端末の提供および決済処理サービス
2020/7/15 KIYOラーニング
(7353)
オンライン教育 個人向けオンライン資格講座
および法人向け社員教育クラウドサービスの提供
上場日 企業名 業種 事業内容

 現時点で11社が上場予定です。この11社の業種には、ECWebオンラインという文字が目立ちます。そして、事業内容をよく見ていくと、ほとんどの企業に「IT・ネット関連」という共通点があります。一つ目の変化「業種の偏り」です。 

 IT・ネット関連は、新型コロナウイルスの影響を受けにくいため、今後も業績が伸びると期待されています。たとえば、画像認識ソフトウェアのフィーチャ(4052)は、自動運転車向けに画像認識ソフトを作っています。自動運転の研究は新型コロナウイルスとはあまり関係がなく、今後成長が見込まれている事業です。ほかにも、法人向けモバイルデバイス管理サービスのアイキューブドシステムズ(4495)は、企業のテレワーク需要を取り込んで成長が見込まれます。

 また、各企業で感染リスクを下げるためのIT化投資が進んでおり、IT関連には追い風が吹いています。

表は左右にスライドしてご確認ください
企業名 4月末の株価
(4月30日終値)
現在の株価
(6月24日終値)
上昇率 備考
メドレー
(4480)
2,760円 4,150円 +50.4% ヘルスケア向けの人材紹介サービスを運営
オンライン診療システムと電子カルテも展開
Chatwork
(4448)
1,158円 1,790円 +54.6% クラウド型のビジネスチャットツールを開発
ブイキューブ
(3681)
1,172円 1,327円 +13.2% Web会議などコミュニケーションサービスを提供
サイボウズ
(4776)
2,094円 3,460円 +65.2% クラウド型の業務管理ソフトを開発

 参考までに、コロナ禍でも業績に追い風が吹いているIT関連銘柄について、株価の上昇率をまとめてみました。今回は、4月30日の終値と6月24日の終値を比べていますが、いずれの企業も株価が上昇しています。このように、業績が伸びると予想される企業であれば、株価は右肩上がりで上昇していく可能性が高くなります。
 一方、飲食業や小売業などは、従来と同じビジネスモデルが難しくなり、多くの企業で業績も株価も低迷気味です。

 新型コロナウイルスはまだ終息しておらず、今後もどうなるかは分かりません。上場にも審査があるので、現状IT・ネット関連が今後の見通しが立てやすく、審査に通りやすい状況なのでしょう。2020年6月25日現在では、7月後半以降の新規承認はまだ出ていませんが、新型コロナウイルスが落ち着くまでは、今後もIT・ネット関連に偏ったラインナップとなりそうです。

上場件数の減少

 新型コロナウイルスが流行する前の2019年は、上場企業の業種はバラエティに富んだラインナップでした。人材関連のスポーツフィールド(7080)や医薬品関連のWDBココ(7079)、AI関連のAI inside(4488)、酒類の卸売事業を展開するカクヤス(7686)のように、注目のAI関連から卸売業まで幅広く上場していたのです。

 しかし、先ほど説明した通り、コロナショック後は上場企業の業種に偏りが見られます。つまり、IT・ネット関連以外の企業は上場しにくい状況が続いているので、全体で見ると、上場件数は例年より少なくなるでしょう。これが二つ目の変化「上場件数の減少」です。

 最後の三つ目の変化は、一つ目と二つ目が合わさると「初値の上昇しやすい」状況になります。
 上場件数が少ないということは、1つの銘柄に資金が集中しやすく、人気化テーマのIT・ネット関連銘柄多いので、しっかり買いが集まるでしょう。さらに、 株式市場の回復傾向が追い風となり、初値の高騰率が上がりそうです。

今後のIPO見通しのまとめ

 今後の見通しをまとめると、以下の3点となります。

 上場件数は例年よりも少なくなりますが、その分初値の上昇が期待できる銘柄が多くなりそうです。今後のIPOに注目したいですね。

↑