PC表示スマホ表示

スポーツフィールド(7080)

 スポーツフィールドの事業内容は「スポーツ人財の採用支援サービス『スポナビ』、『スポナビキャリア』など、スポーツ人財に特化した採用支援事業」で、東証マザーズ上場の小型案件(想定時価総額23.4億円、吸収金額9.2億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「SMBC日興証券が主幹事」の案件ですが、総合的に見て、初値の大幅上昇は期待しづらいです。

スポーツフィールドのホームページ画像
成長性 割安性
○ △
話題性 総合評価
○ c


基本情報

会社名 スポーツフィールド(7080) 【東証マザーズ】
会社URL https://www.sports-f.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券岩井コスモ証券
マネックス証券松井証券DMM株

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 2,650円
仮条件? 2,570円 ~ 2,730円
公募価格? 未発表
初値予想(独自) 2,900円 ~ 3,300円(11月21日時点)
初値? -

・想定価格2,650円に対して、PER32.09倍、PBR8.21倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益82.6円、1株あたり純資産322.9円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 12月11日(水)~12月17日(火)
当選発表日? 12月18日(水)
購入申込期間? 12月19日(木)~12月24日(火)
上場日? 12月26日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 65,600株
売出株数(OA含む)? 281,400株
当選株数合計 347,000株

・当選株数は347,000株。売買単位が100株なので、当たりは計3,470枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 SMBC日興証券 -% -株 -枚 -枚
幹事 SBI証券 -% -株 -枚 -枚
いちよし証券 -% -株 -枚 -枚
岩井コスモ証券 -% -株 -枚 -枚
エース証券 -% -株 -枚 -枚
東洋証券 -% -株 -枚 -枚
極東証券 -% -株 -枚 -枚
マネックス証券 -% -株 -枚 -枚
松井証券 -% -株 -枚 -枚

※「割当率」や「当選本数」などの数字は、仮条件決定時付近に発表。
SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券岩井コスモ証券マネックス証券松井証券から当選のチャンス。
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(12月4日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
篠﨑 克志(社長) 35.40% 180日間
加地 正 18.16% 180日間
森本 翔太 18.16% 180日間
伊地知 和義 18.16% 180日間
永井 淳平 3.18% 180日間
北川 雅人 1.34% 180日間
山本 憲司 0.45% 180日間
佐野 浩太郎 0.42% 90日間
岡村 芳明 0.38% 90日間
小西 秀人 0.22% 90日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2014年
12月
2015年
12月
2016年
12月
2017年
12月
2018年
12月
売上高(百万円)? 258 415 670 1,107 1,516
経常利益(百万円)? 4 24 △0 60 114
当期純利益(百万円)? 3 9 △2 41 73
純資産額 (百万円)? 14 23 21 59 132
1株あたりの純資産額(円)? 70,711 1,172 1,073 73 162
1株あたりの純利益(円)? 17,432 465 △94 50 89
自己資本比率(%)? 16.1 12.3 5.9 14.2 18.0
自己資本利益率(%)? 44.1 49.5 - 100.6 76.0

※2016年12月期まで単独決算。2017年12月期から連結決算。
※2015年12月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
※2017年12月期以降、株式1株につき40株の分割を反映。
・2019年12月期は、第3四半期時点で売上1,587百万円、経常利益330百万円を達成しています。IPOで得た資金は、人員拡大にともなうオフィス拡大のための設備投資資金、採用資金、広告宣伝費、借入金に充てる予定です。

管理人からのコメント

 スポーツフィールド(7080)、体育会学生や引退したプロ・アマチュアアスリートに特化した人材採用支援サービスを提供しています。対象をしぼって差別化を図っていますが、人材採用事業自体がすでに一般化しており、とくに目新しさは感じません。公開株数は少なく、大株主にも期間でロックアップがかかっており、供給はかなり絞れています。ただ、連日の上場ラッシュで市場の買い余力が減っていることもあり、初値を大幅に上げるほどの展開は考えにくいです。

 ネット証券では、SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券岩井コスモ証券マネックス証券松井証券DMM株から申し込み可能となっています。


↑