PC表示スマホ表示

ロコガイド(4497)

 ロコガイドの事業内容は「チラシ・買い物情報サービス『トクバイ』の運営」で、東証マザーズ上場の中型案件(想定時価総額169.0億円、吸収金額46.6億円)です。 新型コロナの影響で、1ヶ月半ぶりのIPOとなり、初値の大幅上昇が期待されますが、公開株数が多く、上値は重たいでしょう。

※3月4日に新規承認され、新型コロナの影響で3月18日に上場中止が発表されましたが、再度上場を目指すことになりました。

ロコガイドのホームページ画像
成長性 割安性
にじゅうまる △
話題性 総合評価?
○ c


基本情報

会社名 ロコガイド(4497) 【東証マザーズ】
会社URL https://locoguide.co.jp/
狙い目証券会社 SBI証券野村証券大和証券マネックス証券楽天証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 1,800円
仮条件? 未発表
公募価格? 未発表
初値予想(独自) 1,800円 ~ 2,300円(5月21日時点)
初値? -

・想定価格1,800円に対して、PER107.88倍、PBR4.0倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益16.7円、1株あたり純資産449.4円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 6月8日(月)~6月12日(金)
当選発表日? 6月15日(月)
購入申込期間? 6月16日(火)~6月19日(金)
上場日? 6月24日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 2,346,700株
売出株数(OA含む)? 244,000株
当選株数合計 2,590,700株

・当選株数は2,590,700株。売買単位が100株なので、当たりは計25,907枚
・当選本数は多く、やや当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 みずほ証券 -% -株 -枚 -枚
幹事 クレディ・
スイス証券
-% -株 -枚 -枚
SBI証券 -% -株 -枚 -枚
野村証券 -% -株 -枚 -枚
大和証券 -% -株 -枚 -枚
マネックス証券 -% -株 -枚 -枚
楽天証券 -% -株 -枚 -枚
三田証券 -% -株 -枚 -枚

※「割当率」や「当選本数」などの数字は、仮条件決定時付近に発表。
SBI証券野村証券大和証券マネックス証券楽天証券当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
穐田 誉輝(社長) 90.30% 90日間
1.5倍
沖本 裕一郎 4.04% 90日間
1.5倍
前田 卓俊 1.33% 継続保有
片桐 優 0.90% 継続保有
池田 拓司 0.66% 継続保有
林 展宏 0.27% 継続保有
小野寺 康崇 0.19% 継続保有
青山 哲也 0.19% 継続保有
根岸 義輝 0.19% 継続保有
菅間 淳 0.16% 継続保有

 

企業業績のデータ(5年分)

  2016年
3月
2017年
3月
2018年
3月
2019年
3月
2020年3月
(第3四半期)
売上高(百万円)? - 268 501 1,009 (1,037)
経常利益(百万円)? - △19 △200 146 (265)
当期純利益(百万円)? - △19 △201 157 (157)
純資産額 (百万円)? - 165 △31 338 (495)
1株あたりの純資産額(円)? - 12,131 △7 46 -
1株あたりの純利益(円)? - △1,659 △37 24 (22)
自己資本比率(%)? - 31.5 △9.2 46.2 (47.9)
自己資本利益率(%)? - - - 109.7 -

※2018年3月期以降、株式1株につき2株の分割を反映。
※2011年3月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・IPOで得た資金は、販売促進費および人件費など、地域情報サービスの成長にかかわる投資資金、また地域などにおける広告代理事業にかかわる仕入などのための運転資金に充てる予定です。

管理人からのコメント

 ロコガイド(4497)、新型コロナの影響で外出が自粛されている今、家で食事をする機会が増えています。スーパーなどで食材を買うことも多くなり、節約のためにより安さを求める人も増えています。チラシ・買い物情報サービス「トクバイ」は、このような需要をがっちりつかむサービスとなっており、事業に対する期待が高まっています。ただ、公開株数が多く、需給的に初値が上がりにくくなっていますので、ほどほどの上昇に落ち着くのではないかと予想します。

 ネット証券では、SBI証券野村証券大和証券マネックス証券楽天証券から申し込み可能となっています。同日にフィーチャ(4052)も上場しますが、規模が小さく、そこまで影響はないでしょう。

(5月25日)
同日にコパ・コーポレーション(7689)も上場することになりましたが、久しぶりのIPOなので、IPO投資家の買い余力を心配する必要はないでしょう。


↑