THECOO[ザクー](4255)

 THECOO[ザクー]の事業内容は「ファンコミュニティプラットフォーム運営事業、インフルエンサーマーケティング事業及びオンライン広告事業」で、東証マザーズ上場の中型案件(想定時価総額145.1億円、吸収金額41.3億円)です。統計的に初値の上がりやすい「大和証券が主幹事」 の案件です。

THECOO[ザクー]のホームページ画像
成長性 割安性
にじゅうまる △
話題性 総合評価?
○ b


基本情報

会社名 THECOO[ザクー](4255) 【東証マザーズ】
会社URL https://thecoo.co.jp/
狙い目証券会社 大和証券(共同主幹事)、野村證券(副幹事)、SBI証券マネックス証券楽天証券松井証券CONNECTDMM株SBIネオトレード証券
IPOチャレンジするならマネックス証券

(↑マネックス証券は100%完全平等抽選なので狙い目です!)

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 7,180円
仮条件? 7,000円 ~ 7,200円
公募価格? 未発表
初値予想(独自) 7,500円 ~ 10,000円(11月17日時点)
初値? -

・想定価格7,180円に対して、PSR6.26倍、PBR8.11倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益-32.5円、1株あたり純資産885.5円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 12月6日(月)~12月10日(金)
当選発表日? 12月13日(月)
購入申込期間? 12月14日(火)~12月17日(金)
上場日? 12月22日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 200,000株
売出株数(OA含む)? 375,800株
当選株数合計 575,800株

・当選株数は575,800株。売買単位が100株なので、当たりは計5,758枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
共同主幹事 みずほ証券 -% -株 -枚 -枚
大和証券 -% -株 -枚 -枚
幹事 野村證券 -% -株 -枚 -枚
いちよし証券 -% -株 -枚 -枚
SBI証券 -% -株 -枚 -枚
マネックス証券 -% -株 -枚 -枚
楽天証券 -% -株 -枚 -枚
松井証券 -% -株 -枚 -枚
東洋証券 -% -株 -枚 -枚
極東証券 -% -株 -枚 -枚
あかつき証券 -% -株 -枚 -枚

※「割当率」や「当選本数」などの数字は、公募価格決定時付近に発表。
大和証券(共同主幹事)、野村證券(副幹事)、SBI証券マネックス証券楽天証券松井証券から当選のチャンス。
・その他、CONNECTから申し込み可能となりました。(11月18日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(11月29日追記)
・その他、SBIネオトレード証券から申し込み可能となりました。(12月6日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
(株)ハイアンドドライ 20.96% 180日間
YJ2号投資事業組合 9.25% 180日間
1.5倍
平良 真人(社長) 7.11% 180日間
NVCC8号投資事業有限責任組合 5.89% 180日間
1.5倍
武井 哲也 5.10% 180日間
NVCC7号投資事業有限責任組合 5.00% 180日間
1.5倍
D4V1号投資事業有限責任組合 4.52% 180日間
1.5倍
原田 潤 4.50% 継続保有
HSアセットマネジメント(株) 3.56% 180日間
DX Ventures(株) 3.56% 180日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2016年
12月
2017年
12月
2018年
12月
2019年
12月
2020年
12月
売上高(百万円)? 347 434 794 1,448 2,320
経常利益(百万円)? △30 △45 △189 △212 △61
当期純利益(百万円)? △30 △54 △192 △244 △66
純資産額 (百万円)? 85 31 88 △156 481
1株あたりの純資産額(円)? 4 △42 △172 △347 △302
1株あたりの純利益(円)? △26 △46 △145 △175 △40
自己資本比率(%)? 37.3 10.9 19.6 △22.8 27.9
自己資本利益率(%)? - - - - -

※2011年3月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・2021年12月期は、第3四半期時点で売上2,453百万円、経常損失△60百万円となっています。IPOで得た資金は、広告宣伝費、販売促進費、人材採用費、人件費、本社オフィス移転費、Fanicom事業の海外展開費、借入金の返済に充てる予定です。

管理人からのコメント

 THECOO[ザクー](4255)、ファンコミュニティプラットフォーム「Fanicon」は、ファンに対してライブ配信やグッズ販売などを通して価値を提供したいアーティスト、インフルエンサー、タレントなどと、彼らとつながりたいファン側のニーズをマッチングするプラットフォームです。その他、企業向けに、インフルエンサーを用いたマーケティング支援や、オンラインマーケティング支援をおこなっています。

 Faniconにおけるファン数は着実に増加しており、2021年9月末時点で144,604人になります。Faniconにおける収益源は、ファンからの利用料(サブスクリプション)支払いなので、ファン数の増加が利益の増加につながります。今回のIPOを機にサービスの知名度が上がれば、さらなる成長も期待できます。

 公開株数は少なめですが、想定価格が高く、市場の吸収金額はそこそこ大きいです。また、大株主に複数のベンチャーキャピタルがおり、ロックアップが公募価格比1.5倍で解除になるのも、初値上昇の足を引っ張りそうです。総合的に見ると、初値の上昇率はそこまでかと思いますが、想定価格が高いので、上昇幅はそれなりになると予想します。

 ネット証券では、大和証券(共同主幹事)、野村證券(副幹事)、SBI証券マネックス証券楽天証券松井証券CONNECTDMM株SBIネオトレード証券から申し込み可能となっています。同日に、リニューアブル・ジャパン(9522)Finatextホールディングス(4419)サインド(4256)が上場することになっており、買いが集まりにくくなっています。

(11月18日追記)
同日に、サクシード(9256)網屋(4258)が上場することになり、さらに買いが集まりにくくなりました。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑