網屋(4258)

 網屋の事業内容は「データセキュリティ事業(ログ管理製品『ALogシリーズ』などの販売) および、ネットワークセキュリティ事業(ICT通信インフラネットワークの設計・構築をクラウド上から遠隔で行う『Network All Cloud』サービ スなどの提供)」で、東証マザーズ上場の中型案件(想定時価総額78.8億円、吸収金額23.3億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「ネットセキュリティ関連」ですが、総合的に見ると、初値の上昇幅は限られてくると予想します。

網屋のホームページ画像
成長性 割安性
にじゅうまる △
話題性 総合評価?
○ c


基本情報

会社名 網屋(4258) 【東証マザーズ】
会社URL https://www.amiya.co.jp/
狙い目証券会社 SBI証券(副幹事)、SMBC日興証券楽天証券マネックス証券岡三オンライン証券DMM株
IPOチャレンジするならマネックス証券

(↑マネックス証券は100%完全平等抽選なので狙い目です!)

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 1,970円
仮条件? 1,700円 ~ 1,970円
公募価格? 未発表
初値予想(独自) 1,970円 ~ 3,000円(11月18日時点)
初値? -

・想定価格1,970円に対して、PER62.57倍、PBR6.32倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益31.5円、1株あたり純資産311.6円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 12月7日(火)~12月13日(月)
当選発表日? 12月14日(火)
購入申込期間? 12月15日(水)~12月20日(月)
上場日? 12月22日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 429,600株
売出株数(OA含む)? 754,400株
当選株数合計 1,184,000株

・当選株数は1,184,000株。売買単位が100株なので、当たりは計11,840枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 岡三証券 82.67% 978,800株 9,788枚 978枚
幹事 SBI証券 4.34% 51,400株 514枚 231枚
みずほ証券 3.47% 41,100株 411枚 41枚
SMBC日興証券 3.47% 41,100株 411枚 41枚
楽天証券 2.60% 30,800株 308枚 308枚
マネックス証券 0.86% 10,200株 102枚 102枚
むさし証券 0.86% 10,200株 102枚 10枚
水戸証券 0.86% 10,200株 102枚 0枚
香川証券 0.86% 10,200株 102枚 0枚

SBI証券(副幹事)、SMBC日興証券楽天証券マネックス証券から当選のチャンス。
・その他、岡三オンライン証券から申し込み可能となりました。(11月22日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(11月30日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
(株)チャクル 28.55% 180日間
石田 晃太 17.82% 180日間
伊藤 整一(社長) 11.14% 180日間
投資事業組合オリックス9号 9.80% 90日間
1.5倍
(株)セキュアヴェイル 4.31%  
網屋従業員持株会 3.67% 継続保有
柴﨑 正道 2.86% 180日間
新納 隆広 2.47% 90日間
加藤 光栄 2.08% 90日間
山﨑 勝巳 1.73% 90日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2017年
3月
2018年
3月
2018年
12月
2019年
12月
2020年
12月
売上高(百万円)? 1,560 1,698 1,310 2,162 2,315
経常利益(百万円)? 33 46 △106 129 186
当期純利益(百万円)? 15 31 △83 76 126
純資産額 (百万円)? 297 327 244 337 473
1株あたりの純資産額(円)? 72,986 80,663 60,258 96 132
1株あたりの純利益(円)? 3,670 7,718 △20,406 23 36
自己資本比率(%)? 27.5 27.5 21.3 23.5 25.4
自己資本利益率(%)? 5.1 10.0 - 26.2 31.1

※2019年12月期以降、株式1株につき800株の分割を反映。
・2021年9月期は、第3四半期時点で売上2,146百万円、経常利益298百万円を達成しています。IPOで得た資金は、広告宣伝費、人材採用費および教育費、研究開発費、借入金の返済に充てる予定です。

管理人からのコメント

 網屋(4258)、データセキュリティ事業は、ITシステムのログを解析する独自技術で、AIテクノロジーを用いた高度なデータ管理をおこないます。ネットワークセキュリティ事業は、クラウド技術を活用して、ICT(情報通信技術)インフラネットワークを遠隔制御します。

 IPOで人気化しやすいネットセキュリティ関連で、売上・利益ともに右肩上がりで推移しており、需要は大きくなりそうです。ただ、公開株数が少ないわけではなく、大株主にいるベンチャーキャピタルのロックアップも、公募価格比1.5倍で外れます。加えて、この年末のIPOラッシュで、買いが集まりにくくなっていることを考えると、初値の上昇幅は限られてくると予想します。

 ネット証券では、SBI証券(副幹事)、SMBC日興証券楽天証券マネックス証券岡三オンライン証券DMM株から申し込み可能となっています。同日に、サインド(4256)THECOO(4255)Finatextホールディングス(4419)リニューアブル・ジャパン(9522)サクシード(9256)が上場することになっており、買いが集まりにくくなっています。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑