サンクゼール(2937)

(2022年12月7日追記)
強気の仮条件を受けて、初値予想と総合評価を引き上げました。

 サンクゼールの事業内容は「久世福商店などの自社ブランドを中心とした加工食品を直営、FC、ホールセール、EC およびグローバルの複数の販売チャネルを通して販売する食品製造販売業」で、東証グロース上場の中型案件(想定時価総額137.0億円、吸収金額46.5億円)です。統計的に初値の上がりやすい「SMBC日興証券が主幹事」の案件ですが、総合的に見て、初値の上昇は期待しづらいです。

サンクゼールのホームページ画像
成長性 割安性
◎ ◎
話題性 総合評価?
◎ C

基本情報

会社名 サンクゼール(2937) 【東証グロース】
会社URL https://www.stcousair.co.jp/
会社設立 1982年6月(41年目)
狙い目証券会社 SMBC日興証券(主幹事)、野村證券(副幹事)、SBI証券松井証券楽天証券岡三オンラインDMM株

狙い目証券の口座開設でプレゼントがもらえる!

口座開設キャンペーン口座開設キャンペーン

※サイト内ページに移動します

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 1,550円
仮条件? 1,600円 ~ 1,800円
公募価格? 未発表
初値予想(独自) 1,800円 ~ 2,300円(12月7日時点)
初値? -

・想定価格1,550円に対して、PER14.59倍、PBR4.49倍、配当利回り1.95%
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益106.2円、1株あたり純資産345.0円、1株あたり配当金30.2円。)
・仮条件を受けて、初値予想を「1,426円 ~ 1,900円(11月17日時点)」から「1,800円 ~ 2,300円(12月7日時点)」に変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間? 12月6日(火)~12月12日(月)
当選発表日? 12月13日(火)
購入申込期間? 12月14日(水)~12月19日(月)
上場日? 12月21日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 1,200,000株
売出株数(OA含む)? 1,801,500株
当選株数合計 3,001,500株

・当選株数は3,001,500株。売買単位が100株なので、当たりは計30,015枚
・当選本数は多く、やや当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 SMBC日興証券 -% -株 -枚 -枚
幹事 野村證券 -% -株 -枚 -枚
SBI証券 -% -株 -枚 -枚
みずほ証券 -% -株 -枚 -枚
岡三証券 -% -株 -枚 -枚
八十二証券 -% -株 -枚 -枚
松井証券 -% -株 -枚 -枚
楽天証券 -% -株 -枚 -枚

※「割当率」や「当選本数」などの数字は、公募価格決定時付近に発表。
SMBC日興証券(主幹事)、野村證券(副幹事)、SBI証券松井証券楽天証券から当選のチャンス。
・その他、岡三オンラインから申し込み可能となりました。(11月18日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(11月29日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
久世 良三 29.33% 180日間
(株)Joseph’s Arrows Trust 16.38% 180日間
久世 良太(社長) 14.66% 180日間
久世 直樹 12.22% 180日間
ABRAHAM'S WAY FOUNDATION, LLC 10.26% 180日間
久世 まゆみ 6.35% 180日間
サンクゼールパートナー持株会理事長 三浦 秀一 4.15% 180日間
山田 保和 0.29% 90日間
河原 誠一 0.24% 180日間
神田 秀仁 0.20% 180日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2018年
3月
2019年
3月
2020年
3月
2021年
3月
2022年
3月
売上高(百万円)? 9,722 10,678 11,042 10,860 14,165
経常利益(百万円)? 168 145 78 578 1,323
当期純利益(百万円)? 6 △53 2 269 939
純資産額 (百万円)? 152 99 101 354 1,356
1株あたりの純資産額(円)? 4,156 2,712 2,770 46 177
1株あたりの純利益(円)? 154 △1,443 58 36 123
自己資本比率(%)? 2.7 1.7 1.9 6.5 20.9
自己資本利益率(%)? 3.8 △42.0 2.1 130.9 110.2

※2020年3月期まで単独決算。2021年3月期から連結決算。
※2021年3月期以降、株式1株につき200株の分割を反映。
・2023年3月期は、第2四半期時点で売上8,127百万円、経常利益684百万円を達成しています。IPOで得た資金は、設備投資、新店開業敷金・運転資金、人件費、マーケティング関連費、借入金の返済および社債の償還に充てる予定です。

管理人からのコメント

 サンクゼール(2937)、ワインやジャムなどを扱う「サンクゼール」や日本全国のうまいもの、こだわり食材を取り扱う「久世福商店」などの小売店を運営しています。2022年10月末時点で、日本全国に155店舗の自社店舗(直営54店舗、FC10店舗)を持っているほか、他の小売店への卸販売や自社サイトや楽天市場などのECでも販売しています。

 小売店のイメージが強い会社ですが、「食のSPA(製造小売業)」を掲げており、自社で商品の企画や開発、製造、販売までを一貫して展開しているのが特長です。そのため、自社店舗のブランドイメージに合った商品のみを提供できるほか、顧客のニーズを商品開発に反映できるメリットがあります。

  成長戦略として新規出店を掲げており、2023年3月期は11店舗、2024年3月期は10店舗を予定しています。爆発的な成長は見込めませんが、店舗が増えていくことで業績が伸びていくビジネスモデルなので、安定的な成長が見込めるでしょう。

 主要大株主には期間でロックアップがかかっていますが、公開株数が多めなので上場日にはある程度売りが出そうです。小売業はIPOでは人気化しにくく、同日にnote(5243)アイズ(5242)が上場することもあり、初値の大幅な上昇は難しいでしょう。

 ネット証券では、SMBC日興証券(主幹事)、野村證券(副幹事)、SBI証券松井証券楽天証券岡三オンラインDMM株から申し込み可能となっています。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑