PC表示スマホ表示

ソフトバンク(9434)

(2018年12月14日追記)
SMBC日興証券、カブドットコム証券以外からの当選は購入辞退しました。

(2018年12月11日追記)
 「ソフトバンクの応募倍率は1.1倍程度か」との報道がありました。12月6日の大規模な通信障害や、最近の軟調な相場も考慮すると、初値はかなり厳しくなると予想されます。管理人も複数当選していますが、SMBC日興証券など辞退にペナルティが課せられる証券会社以外は辞退する予定です。

SBI証券から当選しました

SBI証券IPO当選

大和証券から当選しました

大和証券IPO当選

マネックス証券から当選しました

マネックス証券IPO当選

SMBC日興証券から当選しました

SMBC日興証券IPO当選

カブドットコム証券から当選しました

カブドットコム証券IPO当選

 ソフトバンクの事業内容は「移動/固定通信事業およびICTソリューションの提供」で、東証1部上場の大型案件(想定時価総額71,807.2億円、吸収金額26,460.9億円)です。統計的に初値の上がりやすい「大和証券、SMBC日興証券、SBI証券が主幹事」の案件です。大型IPO攻略のポイントは?

 

 

ソフトバンクのホームページ画像
成長性 割安性
△ ○
話題性 総合評価
◎ d


基本情報

会社名 ソフトバンク(9434)【東証1部】
会社URL https://www.softbank.jp/corp/
狙い目証券会社 野村証券(共同主幹事)、大和証券(共同主幹事)、
SMBC日興証券(共同主幹事)、SBI証券(共同主幹事)、
東海東京証券
(副幹事)、岩井コスモ証券松井証券マネックス証券岡三オンライン証券カブドットコム証券
岡三オンライン証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 1,500
仮条件? 1,500円
公募価格? 1,500円
初値予想(独自) 1,400円 ~ 1700円(11月12日時点)
初値? 1,463円 (公募価格比-37円 -2.5%)

・想定価格1,500円に対して、PER17.4倍、PBR10.0倍、配当利回り11.65%
※第32期は資本剰余金を配当原資とした配当で配当性向は195%でした。来期以降は純利益に対する連結配当性向85%程度を目指すとのことなので、配当利回りは4%程度になりそうです。
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益86.2円、1株あたり純資産150.0円、1株あたり配当金174.8円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 12月3日(月)~12月7日(金)
当選発表日? 12月10日(月)
購入申込期間? 12月11日(火)~12月14日(金)
上場日? 12月19日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 0株
売出株数(OA含む)? 1,764,063,100株
(国内:1,427,287,400株 海外:176,406,300株 OA:160,369,400株)
当選株数合計 1,587,656,800株

・当選株数は1,587,656,800株。売買単位が100株なので、当たりは計15,876,568枚
・当選本数は非常に多く、かなり当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)


  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
共同主幹事 野村証券 32.70% 519,206,800株 5,192,068枚 519,206枚
大和証券 18.04% 286,381,700株 2,863,817枚 429,572枚
SMBC日興証券 14.43% 229,105,300株 2,291,053枚 229,105枚
みずほ証券 14.43% 229,105,300株 2,291,053枚 229,105枚
三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
11.27% 178,988,500株 1,789,885枚 178,988枚
SBI証券 6.64% 105,460,600株 1,054,606枚 474,572枚
幹事 岡三証券 0.69% 10,962,300株 109,623枚 10,962枚
東海東京証券 0.69% 10,962,300株 109,623枚 10,962枚
岩井コスモ証券 0.52% 8,325,800株 83,258枚 8,325枚
水戸証券 0.43% 6,799,400株 67,994枚 0枚
西日本
シティTT証券
0.06% 971,300株 9,713枚 0枚
松井証券 0.03% 555,000株 5,550枚 3,885枚
マネックス証券 0.03% 555,000株 5,550枚 5,550枚
あかつき証券 0.02% 277,500株 2,775枚 0枚

野村証券(共同主幹事)、大和証券(共同主幹事)、SMBC日興証券(共同主幹事)、SBI証券(共同主幹事)、東海東京証券(副幹事)、岩井コスモ証券松井証券マネックス証券から当選のチャンス。
※SBI証券が主幹事のときは、IPOチャレンジポイントを活用して当選をねらいましょう!
・その他、岡三オンライン証券カブドットコム証券から申し込みが可能となりました(11月14日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
ソフトバンクグループジャパン(株) 97.57% 180日間
孫 正義 0.08%  
宮内 謙(社長) 0.08%  
榛葉 淳 0.04%  
今井 康之 0.04%  
宮川 潤一 0.04%  
藤原 和彦 0.03%  
久木田 修一 0.03%  
エリック・ガン 0.03%  
青野 史寛 0.03%  

 

企業業績のデータ(5年分)

  2015年
3月
2016年
3月
2017年
3月
2018年
3月
2019年3月
(第2四半期)
売上高(百万円)? - 3,410,595 3,483,056 3,547,035 (1,794,400)
営業利益(百万円)? - 644,046 678,659 641,935 (443,300)
当期純利益(百万円)? - 399,520 441,189 412,699 (294,700)
純資産額 (百万円)? - 1,508,396 1,538,814 718,134 (1,183,600)
1株あたりの純資産額(円)? - 368 375 156 -
1株あたりの純利益(円)? - 97 108 101 (62)
自己資本比率(%)? - 31.6 32.8 13.9 -
自己資本利益率(%)? - 19.1 29.0 36.6 -

※国際会計基準による連結経営指標です。

管理人からのコメント

 ソフトバンク(9434)、今回のIPOはソフトバンクグループの資金調達が主な目的と考えられ、ソフトバンクが上場を機に成長を目指すというようなものではないため、人気化することはないでしょう。規模がとてつもなく大きいので、初値を押し上げるには巨額の買いが必要となります。小型IPOのように投機的な買いでの上昇は期待できず、純粋に投資対象としての買いがどれだけ入るかで初値は決まるでしょう。

 ネット証券では、野村証券(共同主幹事)、大和証券(共同主幹事)、SMBC日興証券(共同主幹事)、SBI証券(共同主幹事)、東海東京証券(副幹事)、岩井コスモ証券松井証券マネックス証券岡三オンライン証券カブドットコム証券から申し込み可能となっています。

(11月15日追記)
同日にKudan[クダン](4425)が上場することになりましたが、規模が小さいので影響はほとんどないでしょう。


↑