PC表示スマホ表示

ウェルスナビ

公開日:
2019年11月13日

 ロボアドバイザーによる個人資産運用サービス「WealthNavi」を提供する「ウェルスナビ」が、日経の未上場企業の企業価値ランキングで上位10社に選ばれました。まだ上場のうわさはありませんが、期待される企業のひとつです。

 ウェルスナビは、人工知能(AI)を使ったロボアドバイザーによる自動資産運用サービスです。ワンクリックで、手軽に世界中の株・債券・不動産に分散投資できるのが特徴です。

成長性 割安性
○ -
話題性 管理人期待度
○ c


基本情報

会社名 ウェルスナビ
会社URL https://www.wealthnavi.com/
狙い目証券会社 未定のため、IPOおすすめネット証券会社比較にてご準備ください

企業業績のデータ(5年分)

  2014年
12月
2015年
12月
2016年
12月
2017年
12月
2018年
12月
売上高(百万円)? - - - 207 881
経常利益(百万円)? - - - △763 △1,718
当期純利益 (百万円)? - - - △776 △1,722
純資産額 (百万円)? - - - 1,707 3,188
1株あたりの純資産額(円)? - - - - -
1株あたりの純利益(円)? - - - - -
自己資本比率(%)? - - - 38.5 42.0
自己資本利益率(%)? - - - △45.5 △54.0

※企業ホームページの『業務及び財産の状況に関する説明書』より作成
公開されている業績は直近2年のみですが、売上高が増えているのが読み取れます。これは、ウェルスナビを利用する人が増え、預かり資産が増えたためです。利益面では、経常損失の金額が2018年に拡大しています。

管理人からのコメント

 ウェルスナビは、ロボアドバイザー(AI)を使った自動資産運用サービスを提供しています。業績を見ると、売上高は伸びているものの、経常損失が拡大しかなりの赤字です。利用者を増やすため、広告宣伝などにお金をかけているためでしょう。

 経常損失が発生していますが、広告により知名度が上がっていることや、預かり資産が増えて売上高が順調に成長していることはプラス材料です。

 正式な上場日はまだ決まっていませんが、万全を期して、今のうちにネット証券に口座を開設して、IPOの申し込みができるようにしておきましょう。


↑