スマートドライブ(5137)

 スマートドライブの事業内容は「モビリティデータを活用した各種サービスの提供」で、東証グロース上場の中型案件(想定時価総額76.1億円、吸収金額21.1億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「SMBC日興証券が主幹事」の案件ですが、総合的に見て、初値の上昇は期待しづらいです。

スマートドライブのホームページ画像
成長性 割安性
○ △
話題性 総合評価?
◎ C

基本情報

会社名 スマートドライブ(5137) 【東証グロース】
会社URL https://smartdrive.co.jp/
会社設立 2013年10月(10年目)
狙い目証券会社 SMBC日興証券(共同主幹事)、大和証券(共同主幹事)、SBI証券(副幹事)、松井証券楽天証券auカブコム証券CONNECTDMM株

\ 狙い目証券の口座開設でプレゼントがもらえる /

口座開設キャンペーン

サイト内ページに移動します

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 1,260円
仮条件? 1,260円 ~ 1,320円
公募価格? 1,320円
初値予想(独自) 1,320円 ~ 1,900円(11月30日時点)
初値? -

・想定価格1,260円に対して、PSR9.19倍、PBR9.39倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益-54.3円、1株あたり純資産134.1円、1株あたり配当金-円。)
・仮条件に伴い、初値予想を「1,260円 ~ 1,800円(11月10日時点)」から「1,320円 ~ 1,900円(11月30日時点)」に変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間? 11月30日(水)~12月6日(火)
当選発表日? 12月7日(水)
購入申込期間? 12月8日(木)~12月13日(火)
上場日? 12月15日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 223,400株
売出株数(OA含む)? 1,449,700株
当選株数合計 1,673,100株

・当選株数は1,673,100株。売買単位が100株なので、当たりは計16,731枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
共同主幹事 SMBC日興証券 85.24% 1,426,100株 14,261枚 1,426枚
大和証券 10.43% 174,500株 1,745枚 174枚
幹事 SBI証券 0.87% 14,500株 145枚 65枚
松井証券 0.87% 14,500株 145枚 101枚
みずほ証券 0.87% 14,500株 145枚 14枚
三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
0.87% 14,500株 145枚 14枚
楽天証券 0.87% 14,500株 145枚 145枚

SMBC日興証券(共同主幹事)、大和証券(共同主幹事)、SBI証券(副幹事)、松井証券楽天証券から当選のチャンス。
・その他、auカブコム証券から申し込み可能となりました。(11月14日追記)
・その他、CONNECTから申し込み可能となりました。(11月14日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(11月22日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
(株)OMU 46.78% 180日間
(株)INCJ 11.87%  
TJ2015.FUND LP 7.13% 90日間
1.5倍
Monoful Pte. Ltd. 6.24% 90日間
1.5倍 
ANRI1号投資事業有限責任組合 5.20% 90日間
1.5倍
加藤 雅之 3.41% 180日間
住友商事(株) 2.19% 180日間
田中 基博 2.11% 180日間
アクサ損害保険(株) 1.95%  
三菱UFJキャピタル5号投資事業有限責任組合 1.95% 90日間
1.5倍

 

企業業績のデータ(5年分)

  2017年
9月
2018年
9月
2019年
9月
2020年
9月
2021年
9月
売上高(百万円)? 9 98 191 399 828
経常利益(百万円)? △393 △591 △682 △756 △322
当期純利益(百万円)? △397 △602 △742 △764 △328
純資産額 (百万円)? 440 1,543 801 40 563
1株あたりの純資産額(円)? △6,299 △11,718 △18,400 △842 △940
1株あたりの純利益(円)? △2,730 △3,595 △4,079 △140 △58
自己資本比率(%)? 68.4 86.6 71.0 5.2 36.8
自己資本利益率(%)? - - - - -

※2019年9月期まで単独決算。2020年9月期から連結決算。
※2020年9月期以降、株式1株につき30株の分割を反映。
・2022年9月期は、第3四半期時点で売上891百万円、経常損失△227百万円となっています。IPOで得た資金は、車載デバイスの先行調達資金や広告宣伝費など事業拡大に伴う運転資金、ソフトウェア自社開発費および研究開発費、および連結子会社(SmartDrive Sdn. Bhd.)への投融資などに充てる予定です。

管理人からのコメント

 スマートドライブ(5137)、商用車・法人需要車両を、業務目的で利用する企業向けに、クラウド車両管理や法令遵守、安全運転管理、車両にかかわる各種業務のDX化、モビリティデータの分析・解析などのサービスを提供しています。

 直近の業績推移を見ると、売上高が急拡大しています。この要因として、既存の提供サービスに、新たなサービスオプションを用意することで、顧客企業あたりの取引額を高めていることが上げられます。現在は事業規模の拡大を優先して、先行投資で赤字になっている影響が大きいです。

 事業内容には目新しいものがありますが、IPOとして人気化するかは分かりません。公開株数はやや多めで、一部ベンチャーキャピタルにロックアップがかかっていませんが、保有株式はすべて売り出されます。よって、公募価格比1.5倍までは、大株主からの売り出しの心配はありません。それでも、総合的に見て、現段階では初値の上昇が期待しづらいです。最終的な申し込み判断は、仮条件の水準を見てから決めます。

 ネット証券では、SMBC日興証券(共同主幹事)、大和証券(共同主幹事)、SBI証券(副幹事)、松井証券楽天証券auカブコム証券CONNECTDMM株から申し込み可能となっています。

(11月15日追記)
同日にAnyMind Group(5027)が上場することになり、需給環境が悪化しました。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑