AnyMind Group[エニーマインドグループ](5027)

(2022年3月11日追記)
新規上場の承認取り消しが発表されました。(上場中止
理由は「昨今のウクライナ情勢や株式市場の動向等諸般の事情を総合的に勘案し、(中略)上場申請の取下げを決議いたしました。」とのことです。

 AnyMind Group[エニーマインドグループ]の事業内容は「ブランド企業向けマーケティング支援、パブリッシャーおよびクリエイター向け収益化支援、D2C支援に関するプラットフォームとサービスの開発・提供」で、東証マザーズ上場の大型案件(想定時価総額637.5億円、吸収金額99.8億円)です。 総合的に見て、初値の上昇は期待しづらいです。

AnyMind Group[エニーマインドグループ]のホームページ画像
成長性 割安性
◎ △
話題性 総合評価?
まる d


基本情報

会社名 AnyMind Group[エニーマインドグループ](5027) 【東証マザーズ】
会社URL https://anymindgroup.com/ja/
会社設立 2019年(3年目)
狙い目証券会社 SBI証券松井証券SMBC日興証券岩井コスモ証券auカブコム証券DMM株

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 1,150円
仮条件? 未発表
公募価格? 未発表
初値予想(独自) 1,050円 ~ 1,350円(2月22日時点)
初値? -

・想定価格1,150円に対して、PSR5.75倍、PBR17.85倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益-20.8円、1株あたり純資産64.4円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 3月14日(月)~3月18日(金)
当選発表日? 3月22日(火)
購入申込期間? 3月23日(水)~3月28日(月)
上場日? 3月30日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 3,868,100株
売出株数(OA含む)? 4,810,300株
当選株数合計 8,678,400株

・当選株数は8,678,400株。売買単位が100株なので、当たりは計86,784枚
・当選本数は非常に多く、かなり当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 みずほ証券 -% -株 -枚 -枚
幹事 三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
-% -株 -枚 -枚
SBI証券 -% -株 -枚 -枚
松井証券 -% -株 -枚 -枚
SMBC日興証券 -% -株 -枚 -枚
岩井コスモ証券 -% -株 -枚 -枚

※「割当率」や「当選本数」などの数字は、公募価格決定時付近に発表。
SBI証券松井証券SMBC日興証券岩井コスモ証券から当選のチャンス。
・その他、auカブコム証券から申し込み可能となりました。(2月25日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(3月8日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
十河 宏輔(社長) 40.14% 360日間
小堤 音彦 10.29% 360日間
(株)SMBC信託銀行(特定運用金外信託 未来創生2号ファンド) 7.31%  
JATF VI (Singapore) Pte. Ltd. 7.16% 180日間
JAFCO Asia Technology Fund VII Pte. Ltd. 5.19% 180日間
渡邊 久憲 2.00% 180日間
大川 敬三 1.84% 継続保有
(株)SMBC信託銀行(特定運用金外信託 契約番号12100440) 1.83% 180日間
VGI Public Company Limited 1.83% 180日間
日本郵政キャピタル(株) 1.83%  

 

企業業績のデータ(5年分)

  2016年
12月
2017年
12月
2018年
12月
2019年
12月
2020年
12月
売上高(百万円)? - - - 6,503 11,080
税引前利益(百万円)? - - - △359 △1,046
当期純利益(百万円)? - - - △349 △1,151
純資産額 (百万円)? - - - 612 △493
1株あたりの純資産額(円)? - - - 20 △15
1株あたりの純利益(円)? - - - △11 △37
自己資本比率(%)? - - - 8.6 △4.4
自己資本利益率(%)? - - - - -

※国際会計基準を採用しており、各項目の名称が違っていますが、意味的にはほとんど同じです。
・2021年12月期は、売上19,262百万円、当期損失△855百万円となっています。IPOで得た資金は、ブランドコマース領域での更なる事業成長にかかわる運転資金への充当、既存事業の事業拡大と当社プラットフォームにかかわる機能開発のための人件費の一部に充てる予定です。

管理人からのコメント

 AnyMind Group[エニーマインドグループ](5027)、インターネットにてブランドを販売するためのプロセス(ブランド企画、製造、広告、販売、物流など)を一気通貫でサポートしています。IPOのテーマとしては、やや弱い印象です。また、公開株数は非常に多く、総合的な需給を考えると、初値の上昇は期待しづらいです。

 ネット証券では、SBI証券松井証券SMBC日興証券岩井コスモ証券auカブコム証券DMM株から申し込み可能となっています。同日に、ギックス(9219)も上場することになっており、買いが集まりにくくなっています。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑