SBIリーシングサービス(5834)

 SBIリーシングサービスの事業内容は「航空機、船舶などを対象としたオペレーティング・リース事業に投資するファンドの組成・販売」で、東証グロース上場の大型案件(想定時価総額221.9億円、吸収金額75.4億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「大和証券、SBI証券が主幹事」の案件ですが、総合的に見て初値は小幅な上昇にとどまると予想します。

SBIリーシングサービスのホームページ画像
成長性 割安性
◎ まる
話題性 総合評価?
まる A

基本情報

会社名 SBIリーシングサービス(5834) 【東証グロース】
会社URL https://www.sbils.co.jp/
会社設立 2017年(6年目)
狙い目証券会社 大和証券(共同主幹事)、SBI証券(共同主幹事)、SMBC日興証券(副幹事)、松井証券岩井コスモ証券CONNECT

狙い目証券の口座開設でプレゼントがもらえる!?

口座開設キャンペーン

※サイト内ページに移動します

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 2,980円
仮条件? 未発表
公募価格? 未発表
初値予想(独自) 2,980円 ~ 4,000円(9月13日時点)
初値? -

・想定価格2,980円に対して、PER2.14倍、PBR1.56倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益1,391.6円、1株あたり純資産1,905.2円、1株あたり配当金-円。)
※PER2.14倍となっていますが、これは「賃貸資産等売却益」が特別利益に計上されたことによる影響が大きいです。

IPOスケジュール

抽選申込期間? 10月3日(月)~10月7日(金)
当選発表日? 10月11日(火)
購入申込期間? 10月12日(水)~10月17日(月)
上場日? 10月19日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 350,000株
売出株数(OA含む)? 2,180,000株
当選株数合計 2,530,000株

・当選株数は2,530,000株。売買単位が100株なので、当たりは計25,300枚
・当選本数は多く、やや当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
共同主幹事 大和証券 -% -株 -枚 -枚
みずほ証券 -% -株 -枚 -枚
SBI証券 -% -株 -枚 -枚
幹事 SMBC日興証券 -% -株 -枚 -枚
松井証券 -% -株 -枚 -枚
岩井コスモ証券 -% -株 -枚 -枚
極東証券 -% -株 -枚 -枚

※「割当率」や「当選本数」などの数字は、公募価格決定時付近に発表。
大和証券(共同主幹事)、SBI証券(共同主幹事)、SMBC日興証券(副幹事)、松井証券岩井コスモ証券から当選のチャンス。
※SBI証券が主幹事のときは、IPOチャレンジポイントを活用して当選をねらいましょう!
・その他、CONNECTから申し込み可能となりました。(9月14日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
SBIホールディングス(株) 91.32% 180日間
(株)オートパンサー 2.23% 180日間
久保田 光男(社長) 0.48% 継続保有
辻・本郷税理士法人 0.47% 180日間
越智会計コンサルティング(株) 0.47% 180日間
(株)ティーアンドエイネットワーク 0.47% 180日間
小栗 正次 0.47% 180日間
階戸 雅博 0.32% 継続保有
吉原 寛 0.27% 継続保有
真鍋 修平 0.27% 継続保有

 

企業業績のデータ(5年分)

  2018年
3月
2019年
3月
2020年
3月
2021年
3月
2022年
3月
売上高(百万円)? 132 656 4,630 11,998 29,556
経常利益(百万円)? △21 △171 224 △671 2,813
当期純利益(百万円)? △17 △116 68 △7,646 10,363
純資産額 (百万円)? 532 661 729 2,383 13,158
1株あたりの純資産額(円)? 48,440 55,888 61,695 336 1,852
1株あたりの純利益(円)? △2,199 △10,617 5,807 △1,934 1,460
自己資本比率(%)? 24.9 3.0 1.9 5.8 44.1
自己資本利益率(%)? - - 9.9 - 133.5

※2020年3月期まで単独決算。2021年3月期から連結決算。
※2021年3月期以降、株式1株につき200株の分割を反映。
・2023年3月期は、第1四半期時点で売上9,511百万円、経常利益1,224百万円を達成しています。IPOで得た資金は、ファンド組成にかかる販売用航空機の購入資金に充てる予定です。

管理人からのコメント

 SBIリーシングサービス(5834)、航空機、船舶などを対象としたオペレーティング・リース事業における「リース料およびリース満了時の物件売却によるキャピタルゲイン」の獲得を期待した投資商品(JOL、JOLCO※)の組成・販売をおこなっています。

※JOL:Japanese Operating Lease、JOLCO:Japanese Operating Lease with Call Option

 オペレーティング・リースは、従来のリース料から残存価値(減価償却が終わったあとに残っている価値)を差し引いた金額をリース料として受け取る仕組みとなっており、従来のリースに比べて、リース料が低くなっています。

 直近の業績推移を見ると急激に事業規模を拡大しており、もうしばらくは、この勢いが続きそうです。ただ、公開株数が多く、規模的にも大型になってきますので、総合的な需給を考えると、初値は小幅な上昇にとどまると予想します。

 ネット証券では、大和証券(共同主幹事)、SBI証券(共同主幹事)、SMBC日興証券(副幹事)、松井証券岩井コスモ証券CONNECTから申し込み可能となっています。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑