jig.jp[ジグジェイピー](5244)

 jig.jp[ジグジェイピー]の事業内容は「ライブ配信事業『ふわっち』を中心とした一般消費者向け関連事業および自治体向け・企業向け関連事業」で、東証グロース上場の中型案件(想定時価総額130.4億円、吸収金額11.7億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「想定価格が1,000円以下」、「SMBC日興証券が主幹事」の案件ですが、総合的に見て、初値は小幅な上昇にとどまると予想します。

jig.jp[ジグジェイピー]のホームページ画像
成長性 割安性
○ △
話題性 総合評価?
◎ C

基本情報

会社名 jig.jp[ジグジェイピー](5244) 【東証グロース】
会社URL https://www.jig.jp/
会社設立 2003年5月(20年目)
狙い目証券会社 SMBC日興証券(主幹事)、野村證券(副幹事)、SBI証券楽天証券岩井コスモ証券マネックス証券松井証券DMM株

狙い目証券の口座開設でプレゼントがもらえる!

口座開設キャンペーン口座開設キャンペーン

※サイト内ページに移動します

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 310円
仮条件? 310円 ~ 340円
公募価格? 未発表
初値予想(独自) 450円 ~ 700円(12月7日時点)
初値? -

・想定価格310円に対して、PSR1.45倍、PBR11.34倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益-5.1円、1株あたり純資産27.3円、1株あたり配当金-円。)
・仮条件に伴い、初値予想を「400円 ~ 600円(11月17日時点)」から「450円 ~ 700円(12月7日時点)」に変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間? 12月7日(水)~12月13日(火)
当選発表日? 12月14日(水)
購入申込期間? 12月15日(木)~12月20日(火)
上場日? 12月22日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 57,000株
売出株数(OA含む)? 3,732,700株
当選株数合計 3,789,700株

・当選株数は3,789,700株。売買単位が100株なので、当たりは計37,897枚
・当選本数は多く、やや当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 SMBC日興証券 -% -株 -枚 -枚
幹事 野村證券 -% -株 -枚 -枚
SBI証券 -% -株 -枚 -枚
楽天証券 -% -株 -枚 -枚
岩井コスモ証券 -% -株 -枚 -枚
極東証券 -% -株 -枚 -枚
東海東京証券 -% -株 -枚 -枚
マネックス証券 -% -株 -枚 -枚
松井証券 -% -株 -枚 -枚

※「割当率」や「当選本数」などの数字は、公募価格決定時付近に発表。
SMBC日興証券(主幹事)、野村證券(副幹事)、SBI証券楽天証券岩井コスモ証券マネックス証券松井証券から当選のチャンス。
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(11月30日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
福野 泰介 23.35% 180日間
インキュベイトキャピタル5号投資事業有限責任組合 22.95% 90日間
1.5倍
赤浦 徹 11.83% 180日間
岸 周平 11.54% 180日間
WiL Fund I, L.P. 9.17% 90日間
1.5倍
蜂屋 浩一 8.20% 継続保有
B Dash Fund3号投資事業有限責任組合 5.50% 90日間
1.5倍
占部 哲之(社長) 1.40% 180日間
(株)セレス 0.91% 90日間
1.5倍
野沢 知史 0.89% 180日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2018年
3月
2019年
3月
2020年
3月
2021年
3月
2022年
3月
売上高(百万円)? 548 512 492 6,701 8,984
経常利益(百万円)? 289 207 195 66 △254
当期純利益(百万円)? 265 166 161 228 △215
純資産額 (百万円)? 238 403 565 775 1,138
1株あたりの純資産額(円)? △53,249 △44,612 △36,209 21 27
1株あたりの純利益(円)? 10,582 6,613 6,435 6 △5
自己資本比率(%)? 24.3 80.4 84.5 35.4 43.2
自己資本利益率(%)? 264.3 51.7 33.3 34.6 △22.5

※2020年3月期まで単独決算。2021年3月期から連結決算。
※2021年3月期以降、株式1株につき1,500株の分割を反映。
・2023年3月期は、第2四半期時点で売上5,126百万円、経常利益427百万円を達成しています。IPOで得た資金は、全額を事業拡大にかかわる採用費および人件費に充てる予定です。

管理人からのコメント

 jig.jp[ジグジェイピー](5244)、ライブ配信サービス「ふわっち」の提供や自治体・企業向けのサービスを提供しています。ふわっちはスマートフォンとパソコン対応しており、30~40代をメインターゲットにしています。収益は、視聴者が購入した有料アイテムから得ています。ふわっちでは、数百円から数千円程度の有料アイテムが用意されており、視聴者がライブ配信を盛り上げるために課金しています。2022年3月期現在、課金ユーザー数は3万人を超えています。

 2022年3月期の業績を見ると、売上高は前年比で成長していますが、経常利益は赤字となっています。これは、ふわっち内のポイントに関連した費用や広告宣伝費、決済手数料が増加したためです。ビジネスモデル上先行投資が必要で赤字になりやすい体質ですが、2023年3月期第2四半期時点では経常利益が黒字になっています。今後の成長と黒字安定化は、ユーザーが順調に増えていくか、配信者のブランドを確立できるかがカギになりそうです。

 公開株数は多いですが、想定価格がかなり低く、吸収金額自体は小型に近いです。大株主の売り出しは、ロックアップが外れてくる公募価格比1.5倍からになります。話題性がそれなりにあり、IPO的に人気化しそうな雰囲気はあります。ただ、想定価格が低いので、初値は上昇したとしても小幅になるでしょう。加えて、同日にコーチ・エィ(9339)、その前にも複数のIPOがありますので、需給的にきびしい環境にあります。

 ネット証券では、SMBC日興証券(主幹事)、野村證券(副幹事)、SBI証券楽天証券岩井コスモ証券マネックス証券松井証券DMM株から申し込み可能となっています。

(11月18日追記)
同日にエージェント・インシュアランス・グループ(5836)が上場することになり、より買いが集まりにくくなりました。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑