コーチ・エィ(9339)

 コーチ・エィの事業内容は「コーチングによる組織開発事業およびコーチング人材育成事業」で、東証スタンダード上場の中型案件(想定時価総額34.4億円、吸収金額13.2億円)です。総合的に見て、初値は小幅な上昇にとどまると予想します。

コーチ・エィのホームページ画像
成長性 割安性
△ ◎
話題性 総合評価?
◎ C

基本情報

会社名 コーチ・エィ(9339) 【東証スタンダード】
会社URL https://www.coacha.com/
会社設立 2001年8月(22年目)
狙い目証券会社 野村證券(主幹事)、楽天証券SBI証券松井証券岡三オンラインLINE証券DMM株

狙い目証券の口座開設でプレゼントがもらえる!

口座開設キャンペーン口座開設キャンペーン

※サイト内ページに移動します

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 1,570円
仮条件? 1,660円 ~ 1,840円
公募価格? 未発表
初値予想(独自) 2,000円 ~ 3,600円(12月2日時点)
初値? -

・想定価格1,570円に対して、PER14.03倍、PBR1.51倍、配当利回り0.76%
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益111.9円、1株あたり純資産1,038.7円、1株あたり配当金11.9円。)
・仮条件を受けて、初値予想を「1,570円 ~ 2,000円(11月17日時点)」から「2,000円 ~ 3,600円(12月2日時点)」に変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間? 12月6日(火)~12月12日(月)
当選発表日? 12月13日(火)
購入申込期間? 12月14日(水)~12月19日(月)
上場日? 12月22日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 450,000株
売出株数(OA含む)? 389,500株
当選株数合計 839,500株

・当選株数は839,500株。売買単位が100株なので、当たりは計8,395枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 野村證券 91.30% 766,500株 7,665枚 766枚
幹事 みずほ証券 2.61% 21,900株 219枚 21枚
楽天証券 2.61% 21,900株 219枚 219枚
SBI証券 0.87% 7,300株 73枚 32枚
岡三証券 0.87% 7,300株 73枚 7枚
丸三証券 0.87% 7,300株 73枚 7枚
松井証券 0.87% 7,300株 73枚 51枚

野村證券(主幹事)、楽天証券SBI証券松井証券から当選のチャンス。
・その他、岡三オンラインから申し込み可能となりました。(11月18日追記)
・その他、LINE証券から申し込み可能となりました。(11月22日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(11月29日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
(株)伊藤ホールディングス 82.42% 180日間
伊藤 守 5.44% 180日間
伊藤 光太郎 3.63% 180日間
コーチ・エィ社員持株会 3.01% 180日間
鈴木 義幸(社長) 1.15% 180日間
栗本 渉 0.57% 180日間
纐纈 順史 0.57% 180日間
片岡 詳子 0.57% 180日間
桜井 一紀 0.54% 180日間
エムアンドカンパニー合同会社 0.54%  

 

企業業績のデータ(5年分)

  2017年
12月
2018年
12月
2019年
12月
2020年
12月
2021年
12月
売上高(百万円)? 2,850 3,025 2,676 2,433 3,307
経常利益(百万円)? 244 271 205 △396 417
当期純利益(百万円)? 315 226 211 △299 245
純資産額 (百万円)? 1,123 1,320 1,616 1,309 1,643
1株あたりの純資産額(円)? 137,287 1,614 1,891 766 943
1株あたりの純利益(円)? 38,522 276 247 △175 142
自己資本比率(%)? 41.3 55.5 67.4 58.2 52.6
自己資本利益率(%)? 33.4 18.5 14.4 - 16.6

※2019年12月期まで単独決算。2020年12月期から連結決算。
※2018年12月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
※2020年12月期以降、株式1株につき2株の分割を反映。
・2022年12月期は、第3四半期時点で売上2,651百万円、経常利益584百万円を達成しています。IPOで得た資金は、運転資金および設備資金に充てる予定です。

管理人からのコメント

 コーチ・エィ(9339)、日本国内や海外でリーダーの能力を高めるコーチング事業を展開しています。コーチ・エィ(9339)のコーチングは「システミック・コーチング」と呼ばれるもので、リーダーだけでなく組織全体の能力向上を目指している点が、一般的なコーチングとは異なります。収益源は、コーチングサービスを提供した顧客から受け取る「コーチング代金」です。

 直近5年間の従業員数は140名から160名程度で増えたり減ったりしており、売上高もそれに合わせて増減しています。 したがって、今後売上高が伸びるかどうかは、従業員数が増えるかどうかにかかっています。上場で得た資金の使い道には、人材採用の拡大を予定しているため、計画どおりに従業員数を増やせれば、売上高も成長が見込めるでしょう。

 公開株数はふつうで、一部を除く大株主には期間でロックアップがかかっています。 また、同日にjig.jp(5244)が上場します。事業内容はIPO的にやや弱めの印象で、総合的に見て、初値は上昇しても小幅にとどまると予想します。

 ネット証券では、野村證券(主幹事)、楽天証券SBI証券松井証券岡三オンラインLINE証券DMM株から申し込み可能となっています。

(11月18日追記)
同日にエージェント・インシュアランス・グループ(5836)が上場することになり、より買いが集まりにくくなりました。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑