FIXER[フィクサー](5129)

 FIXER[フィクサー]の事業内容は「クラウド環境で動作するシステム開発、クラウド環境の設計や運用・保守、監視サービスなど」で、東証グロース上場の中型案件(想定時価総額182.6億円、吸収金額29.4億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「クラウド関連」、「野村證券が主幹事」の案件です。

FIXER[フィクサー]のホームページ画像
成長性 割安性
◎ △
話題性 総合評価?
◎ c


基本情報

会社名 FIXER[フィクサー](5129) 【東証グロース】
会社URL https://www.fixer.co.jp/
会社設立 2008年(15年目)
狙い目証券会社 野村證券(主幹事)、SMBC日興証券SBI証券マネックス証券松井証券LINE証券DMM株SBIネオトレード証券

狙い目証券の口座開設でプレゼントがもらえる!?

口座開設キャンペーン

※サイト内ページに移動します

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 1,280円
仮条件? 1,280円 ~ 1,340円
公募価格? 未発表
初値予想(独自) 1,500円 ~ 2,200円(9月1日時点)
初値? -

・想定価格1,280円に対して、PER93.05倍、PBR7.56倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益13.8円、1株あたり純資産169.3円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 9月16日(金)~9月26日(月)
当選発表日? 9月27日(火)
購入申込期間? 9月28日(水)~10月3日(月)
上場日? 10月6日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 600,000株
売出株数(OA含む)? 1,700,000株
当選株数合計 2,300,000株

・当選株数は2,300,000株。売買単位が100株なので、当たりは計23,000枚
・当選本数は多く、やや当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 野村證券 -% -株 -枚 -枚
幹事 みずほ証券 -% -株 -枚 -枚
SMBC日興証券 -% -株 -枚 -枚
SBI証券 -% -株 -枚 -枚
マネックス証券 -% -株 -枚 -枚
松井証券 -% -株 -枚 -枚

※「割当率」や「当選本数」などの数字は、公募価格決定時付近に発表。
野村證券(主幹事)、SMBC日興証券SBI証券マネックス証券松井証券から当選のチャンス。
・その他、LINE証券から申し込み可能となりました。(9月6日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(9月12日追記)
・その他、SBIネオトレード証券から申し込み可能となりました。(9月16日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
松岡 清一(社長) 66.47% 90日間
北村 健 12.00% 90日間
平田 実 6.30% 90日間
(株)mam 4.42% 90日間
(株)SMBC信託銀行(特定運用金外信託 未来創生2号ファンド) 3.70% 90日間
FIXER従業員持株会 2.48% 180日間
Wing2号成長支援投資事業有限責任組合 1.11% 90日間
(株)北國銀行 0.74% 90日間
磐前 豪 0.19% 90日間
野村 隆志 0.16% 90日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2017年
8月
2018年
8月
2019年
8月
2020年
8月
2021年
8月
売上高(百万円)? 1,153 2,012 2,551 2,961 3,606
経常利益(百万円)? 75 90 59 328 315
当期純利益(百万円)? 23 24 31 143 196
純資産額 (百万円)? 90 114 147 1,520 1,717
1株あたりの純資産額(円)? 6,394,429 8,126,910 3,451 23 38
1株あたりの純利益(円)? 1,642,528 1,732,481 742 11 14
自己資本比率(%)? 16.7 9.5 9.4 59.0 65.2
自己資本利益率(%)? 29.5 23.9 24.1 17.2 12.1

※2019年8月期以降、株式1株につき3,000株の分割を反映。
※2020年8月期以降、株式1株につき300株の分割を反映。
・2022年8月期は、第3四半期時点で売上6,771百万円、経常利益1,612百万円を達成しています。IPOで得た資金は、運転資金として、cloud.configの開発費用(600,000千円)、マーケティング費用(300,000千円)および人員体制強化費用(100,000千円)に充てる予定です。

管理人からのコメント

 FIXER[フィクサー](5129)、クラウドに特化して情報システムの設計・構築・運用などの全工程を一貫して請け負っています。直近の業績推移を見ると、右肩上がりで事業を拡大させていますが、2022年8月期は、これまでにないほどの拡大を見せています(第3四半期時点で売上6,771百万円、経常利益1,612百万円)。

 その理由として、厚生労働省の新型コロナウイルス感染者などの情報把握・管理システム(HER-SYS)関連のインフラ投資拡大、そして、自動で健康状態を登録・管理できる自動架電サービスの利用回数の増加、が上げられています。

 特需的なものではありますが、業績の伸びの印象が強く、IPO投資家の買い需要に十分な刺激を与えるでしょう。ただ、公開株数は多く、需給的には初値が上昇しづらくなっています。大株主に対して期間でロックアップがかかっているのが、まだ救いと言えるでしょうか。これらを総合的に考えると、初値は一般的な中型株より大きな上昇になると予想します。

 ネット証券では、野村證券(主幹事)、SMBC日興証券SBI証券マネックス証券松井証券LINE証券DMM株SBIネオトレード証券から申し込み可能となっています。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑