サークレイス(5029)

管理人の当選実績大和証券からサークレイスに当選しました!

 サークレイスの事業内容は「クラウドシステムの導入運用支援・自社開発のクラウドシステムの提供」で、東証グロース上場の小型案件(想定時価総額29.1億円、吸収金額6.1億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「クラウド関連」、「想定価格が1,000円以下」、「主幹事が大和証券」の案件ですが、総合的に見て、初値は小幅な上昇にとどまると予想します。

サークレイスのホームページ画像
成長性 割安性
○ △
話題性 総合評価?
○ C


基本情報

会社名 サークレイス(5029) 【東証グロース】
会社URL https://www.circlace.com/
会社設立 2012年(10年目)
狙い目証券会社 大和証券(主幹事)、野村證券(副幹事)、SMBC日興証券SBI証券楽天証券松井証券CONNECTDMM株

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 710円
仮条件? 680円 ~ 720円
公募価格? 720円
初値予想(独自) 720円 ~ 1,100円(3月24日時点)
初値? 2,320円 (公募価格比+1,600円 +222.2%)

・想定価格710円に対して、PSR1.61倍、PBR5.13倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益-15.4円、1株あたり純資産138.4円、1株あたり配当金-円。)
・仮条件を受けて、初値予想を「900円 ~ 1,200円(3月8日時点)」から「720円 ~ 1,100円(3月24日時点)」に変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間? 3月28日(月)~4月1日(金)
当選発表日? 4月4日(月)
購入申込期間? 4月5日(火)~4月8日(金)
上場日? 4月12日(火)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 750,000株
売出株数(OA含む)? 112,500株
当選株数合計 862,500株

・当選株数は862,500株。売買単位が100株なので、当たりは計8,625枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 大和証券 91.65% 790,500株 7,905枚 790枚
幹事 野村證券 2.09% 18,000株 180枚 18枚
SMBC日興証券 2.09% 18,000株 180枚 18枚
みずほ証券 2.09% 18,000株 180枚 18枚
SBI証券 0.52% 4,500株 45枚 20枚
楽天証券 0.52% 4,500株 45枚 45枚
松井証券 0.52% 4,500株 45枚 31枚
いちよし証券 0.52% 4,500株 45枚 0枚

大和証券(主幹事)、野村證券(副幹事)、SMBC日興証券SBI証券楽天証券松井証券から当選のチャンス。
・その他、CONNECTから申し込み可能となりました。(3月9日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(3月22日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
(株)パソナグループ 39.74% 180日間
TQUILA LIMITED 38.36% 180日間
salesforce.com, inc. 8.83% 180日間
佐藤 司 3.45% 180日間
佐藤 潤(社長) 3.45% 180日間
工藤 正通 0.99% 180日間
増田 剛 0.99% 継続保有
木部 勝 0.77% 継続保有
ポール 与那嶺 0.14% 継続保有
庄司 哲也 0.14% 継続保有

 

企業業績のデータ(5年分)

  2017年
3月
2018年
3月
2019年
3月
2020年
3月
2021年
3月
売上高(百万円)? 974 1,300 1,609 1,756 1,813
経常利益(百万円)? △140 153 144 △122 △29
当期純利益(百万円)? △140 152 150 △93 △63
純資産額 (百万円)? △151 1 151 106 45
1株あたりの純資産額(円)? △118,229 652 117,646 32 13
1株あたりの純利益(円)? △109,761 118,881 116,995 △29 △19
自己資本比率(%)? △51.4 0.4 45.1 29.3 8.0
自己資本利益率(%)? - - 197.8 - -

※2020年3月期以降、株式1株につき5,000株の分割を反映。
・2022年3月期は、第3四半期時点で売上1,653百万円、経常利益89百万円を達成しています。IPOで得た資金は、人員増強費、借入金の返済、オフィス移転費、IT関連費、教育費、採用費、広告宣伝費に充てる予定です。

管理人からのコメント

 サークレイス(5029)、Salesforceプラットフォームを主力としたクラウド活用に特化したコンサルティング、システム開発サービスを提供しています。さらに、導入支援、運用保守などもおこなっています。

 クラウド関連は人気のIPOテーマです。また、公開株数は少ないとは言えませんが、想定価格が低いので、市場の吸収金額は極めて小さいです。大株主に対するロックアップも期間でしっかりかかっているので、需給環境は良いと言えます。ただ、想定価格が低いので、初値の上昇幅は小幅にとどまるでしょう。

 ネット証券では、大和証券(主幹事)、野村證券(副幹事)、SMBC日興証券SBI証券楽天証券松井証券CONNECTDMM株から申し込み可能となっています。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑