スローガン(9253)

 スローガンの事業内容は「新産業領域向け求人プラットフォーム『Goodfind』を通した新卒採用支援サービスなど」で、東証マザーズ上場の小型案件(想定時価総額27.6億円、吸収金額5.9億円)です。統計的に初値の上がりやすい「SMBC日興証券が主幹事」の案件です。

スローガンのホームページ画像
成長性 割安性
○ △
話題性 総合評価?
○ c


基本情報

会社名 スローガン(9253) 【東証マザーズ】
会社URL https://www.slogan.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(共同主幹事)、マネックス証券(共同主幹事)、SBI証券松井証券楽天証券岡三オンライン証券DMM株
IPOチャレンジするならマネックス証券

(↑マネックス証券は100%完全平等抽選なので狙い目です!)

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 1,020円
仮条件? 1,020円 ~ 1,200円
公募価格? 1,200円
初値予想(独自) 1,400円 ~ 1,700円(10月21日時点)
初値? 1,800円 (公募価格比+600円 +50.0%)

・想定価格1,020円に対して、PER55.56倍、PBR2.91倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益18.4円、1株あたり純資産351.1円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 11月9日(火)~11月15日(月)
当選発表日? 11月16日(火)
購入申込期間? 11月17日(水)~11月22日(月)
上場日? 11月25日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 500,000株
売出株数(OA含む)? 75,000株
当選株数合計 575,000株

・当選株数は575,000株。売買単位が100株なので、当たりは計5,750枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 SMBC日興証券 60.87% 350,000株 3,500枚 350枚
マネックス証券 30.43% 175,000株 1,750枚 1,750枚
幹事 いちよし証券 1.74% 10,000株 100枚 1枚
みずほ証券 1.74% 10,000株 100枚 10枚
SBI証券 0.87% 5,000株 50枚 22枚
岡三証券 0.87% 5,000株 50枚 5枚
松井証券 0.87% 5,000株 50枚 35枚
丸三証券 0.87% 5,000株 50枚 5枚
極東証券 0.87% 5,000株 50枚 0枚
楽天証券 0.87% 5,000株 50枚 50枚

・ネット証券では、SMBC日興証券(共同主幹事)、マネックス証券(共同主幹事)、SBI証券松井証券楽天証券から当選のチャンス。
・その他、岡三オンライン証券から申し込み可能となりました。(10月22日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(11月1日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
伊藤 豊(社長) 30.26% 180日間
Reapra Ventures Pte. Ltd. 23.30% 90日間
1.5倍
織田 一彰 12.97% 90日間
KMFG(株) 4.41% 180日間
XTech1号投資事業有限責任組合 4.32% 90日間
1.5倍
仁平 理斗 3.30% 180日間
スローガン社員持株会 2.77% 180日間
北川 裕憲 2.29% 180日間
(株)ドリームインキュベータ 2.24% 90日間
1.5倍
三菱地所(株) 1.86% 90日間
1.5倍

 

企業業績のデータ(5年分)

  2017年
9月
2018年
2月
2019年
2月
2020年
2月
2021年
2月
売上高(百万円)? 646 201 947 1,458 1,311
経常利益(百万円)? 51 △149 85 173 43
当期純利益(百万円)? 18 △153 97 145 50
純資産額 (百万円)? 101 △40 66 460 492
1株あたりの純資産額(円)? 26,647 △106 171 213 230
1株あたりの純利益(円)? 4,628 △402 250 69 23
自己資本比率(%)? 14.9 △6.5 6.4 37.9 42.0
自己資本利益率(%)? 18.1 - 754.7 56.2 10.4

※2019年2月期まで単独決算。2020年2月期から連結決算。
※2018年2月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
※2020年2月期以降、株式1株につき5株の分割を反映。
・2022年2月期は、第2四半期時点で売上779百万円、経常利益300百万円を達成しています。IPOで得た資金は、採用活動費および人件費、業務委託費、広告宣伝費に充てる予定です。

管理人からのコメント

 スローガン(9253)、キャリアサービス分野においては、新卒学生向け厳選就活プラットフォーム「Goodfind」、コンサル就活サービス「FactLogic」、学生向け長期インターン紹介サービス「Intern Street」を展開しています。メディア・SaaS分野においては、若手イノベーション人材向けビジネスメディア「FastGrow」、入社後の組織課題にアプローチする「TeamUP」を展開しています。

 売り上げの80%程を、学生向けサービスから得ています。2021年2月期は、新型コロナウイルスの影響から、オフラインのイベントが中止になるなどの影響を受け、減収減益となりました。2022年2月期は、オンラインコンテンツの拡充などにより、持ち直し傾向にあります。

 公開株数が少なめですが、大株主ベンチャーキャピタルのロックアップが、公募価格比1.5倍で外れますので、そこから上は、それなりの売りが出てくるでしょう。総合的な需給を考えると、初値は小幅な上昇にとどまると予想します。

 ネット証券では、SMBC日興証券(共同主幹事)、マネックス証券(共同主幹事)、SBI証券松井証券楽天証券岡三オンライン証券DMM株から申し込み可能となっています。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑