プライム・ストラテジー(5250)

(2023年2月2日追記)
仮条件が想定価格を上回ったため、初値予想と総合評価を引き上げました。

 プライム・ストラテジーの事業内容は「超高速CMS実行環境『KUSANAGI』を中心とした製品群『KUSANAGI Stack』の開発・提供、『KUSANAGI Stack』を用いたWebサーバの構築・保守運用サービス、高速化技術や出願済み知的財産のライセンス提供」で、東証スタンダード上場の中型案件(想定時価総額40.4億円、吸収金額13.6億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「SBI証券が主幹事」です。

プライム・ストラテジーのホームページ画像
成長性 割安性
まる △
話題性 総合評価?
まる B

基本情報

会社名 プライム・ストラテジー(5250) 【東証スタンダード】
会社URL https://www.prime-strategy.co.jp/
会社設立 2002年12月(21年目)
狙い目証券会社 SBI証券(主幹事)、野村證券(副幹事)、大和証券岩井コスモ証券松井証券CONNECTSBIネオトレード証券DMM株

松井証券がIPOに強い3つの理由
「事前入金不要」、「1人1票の完全平等抽選」、「取扱数急増中」

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 1,220円
仮条件? 1,250円 ~ 1,390円
公募価格? 未発表
初値予想(独自) 2,000円 ~ 2,800円(2月2日時点)
初値? -

・想定価格1,220円に対して、PER42.33倍、PBR6.45倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益28.8円、1株あたり純資産189.3円、1株あたり配当金-円。)
・仮条件が想定価格を上回ったため、初値予想を「1,900円 ~ 2,500円(1月19日時点)」から「2,000円 ~ 2,800円(2月2日時点)」に変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間? 2月6日(月)~2月10日(金)
当選発表日? 2月13日(月)
購入申込期間? 2月14日(火)~2月17日(金)
上場日? 2月22日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 464,000株
売出株数(OA含む)? 648,300株
当選株数合計 1,112,300株

・当選株数は1,112,300株。売買単位が100株なので、当たりは計11,123枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 SBI証券 -% -株 -枚 -枚
幹事 野村證券 -% -株 -枚 -枚
大和証券 -% -株 -枚 -枚
みずほ証券 -% -株 -枚 -枚
岩井コスモ証券 -% -株 -枚 -枚
松井証券 -% -株 -枚 -枚
あかつき証券 -% -株 -枚 -枚

※「割当率」や「当選本数」などの数字は、公募価格決定時付近に発表。
SBI証券(主幹事)、野村證券(副幹事)、大和証券岩井コスモ証券松井証券から当選のチャンス。
※SBI証券が主幹事のときは、IPOチャレンジポイントを活用して当選をねらいましょう!
・その他、CONNECTから申し込み可能となりました。(1月20日追記)
・その他、SBIネオトレード証券から申し込み可能となりました。(1月20日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(1月30日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
中村 けん牛(社長) 56.73% 180日間
中村 八千代 23.64% 180日間
(株)エアトリ 3.71% 180日間
大島 義裕 1.93% 180日間
渡部 直樹 1.82% 継続保有
中村 順子 1.50% 180日間
(株)イントラスト 1.19% 180日間
フィンテック グローバル(株) 1.19% 180日間
相原 知栄子 1.03% 180日間
萩原 崇 1.00% 継続保有

 

企業業績のデータ(5年分)

  2017年
11月
2018年
11月
2019年
11月
2020年
11月
2021年
11月
売上高(百万円)? 345 579 547 567 560
経常利益(百万円)? △38 63 △28 49 146
当期純利益(百万円)? △26 32 △19 28 96
純資産額 (百万円)? △4 29 9 35 132
1株あたりの純資産額(円)? △269 2,010 644 12 46
1株あたりの純利益(円)? △1,817 2,279 △1,366 10 34
自己資本比率(%)? △1.5 9.8 3.1 9.7 31.6
自己資本利益率(%)? - 113.4 - 134.2 114.6

※2019年11月期まで単独決算。2020年11月期から連結決算。
※2020年11月期以降、株式1株につき200株の分割を反映。
・2022年11月期は、第3四半期時点で売上534百万円、経常利益197百万円を達成しています。IPOで得た資金は、「KUSANAGI」および「KUSANAGI Stack」の開発費用、全社AIカンパニー宣言にかなう優秀な人材の採用・育成にかかわる費用および人件費、その他(広告宣伝費、借入金の返済など)に充てる予定です。

管理人からのコメント

 プライム・ストラテジー(5250)、CMSの実行環境「KUSANAGI」を通じて、ワードプレスなどのCMSやウェブシステムに関わる課題を解決するサービスを提供しています。CMS(Contents Management System)とは、ウェブサイトのコンテンツで使うテキストや画像、デザイン・レイアウト情報などをまとめて保存・管理するシステムです。

 直近の業績推移を見ると、売上が横ばいに推移しており、成長性に不安をおぼえましたが、2022年11月期は第3四半期時点で売上534百万円を達成しており、成長のきざしが感じられます。発表資料には詳しい数字がなかったので分かりませんが、2021年11月期に利益を出せる体制がととのったことで、事業拡大に力を入れはじめたのかもしれません。

 公開株数はふつうですが、大株主に対して期間でロックアップがかかっており、需給環境としては悪くありません。総合的に考えて、初値はそれなりに上昇すると予想します。

 ネット証券では、SBI証券(主幹事)、野村證券(副幹事)、大和証券岩井コスモ証券松井証券CONNECTSBIネオトレード証券DMM株から申し込み可能となっています。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑