pluszero[プラスゼロ](5132)

 pluszero[プラスゼロ]の事業内容は「AIとITを軸に各種テクノロジーを統合的に活用したソリューション提供事業」で、東証グロース上場の小型案件(想定時価総額34.5億円、吸収金額7.5億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「AI関連」、「SMBC日興証券が主幹事」の案件です。

pluszero[プラスゼロ]のホームページ画像
成長性 割安性
◎ △
話題性 総合評価?
まる B

基本情報

会社名 pluszero[プラスゼロ](5132) 【東証グロース】
会社URL https://plus-zero.co.jp/
会社設立 2018年(5年目)
狙い目証券会社 SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券(副幹事)、大和証券マネックス証券楽天証券松井証券CONNECT(?)

狙い目証券の口座開設でプレゼントがもらえる!?

口座開設キャンペーン

※サイト内ページに移動します

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 1,380円
仮条件? 未発表
公募価格? 未発表
初値予想(独自) 2,000円 ~ 2,800円(9月22日時点)
初値? -

・想定価格1,380円に対して、PSR6.8倍、PBR5.75倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益-31.7円、1株あたり純資産239.9円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 10月13日(木)~10月19日(水)
当選発表日? 10月20日(木)
購入申込期間? 10月21日(金)~10月26日(水)
上場日? 10月28日(金)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 375,000株
売出株数(OA含む)? 166,400株
当選株数合計 541,400株

・当選株数は541,400株。売買単位が100株なので、当たりは計5,414枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 SMBC日興証券 -% -株 -枚 -枚
幹事 SBI証券 -% -株 -枚 -枚
大和証券 -% -株 -枚 -枚
マネックス証券 -% -株 -枚 -枚
楽天証券 -% -株 -枚 -枚
いちよし証券 -% -株 -枚 -枚
松井証券 -% -株 -枚 -枚

※「割当率」や「当選本数」などの数字は、仮条件決定時付近に発表。
SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券(副幹事)、大和証券マネックス証券楽天証券松井証券から当選のチャンス。
・大和証券が幹事なので、後からCONNECTの取り扱いも発表される可能性があります。

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
小代 義行(社長) 29.97% 180日間
森 遼太 18.46% 180日間
永田 基樹 18.46% 180日間
小代 愛 9.28% 180日間
(株)アビスト 4.44%  
野呂 祥 2.38% 90日間
堀内 暢之 1.16% 90日間
池下 克彦 0.84% 90日間
潮 恵輔 0.84%  
(株)AAKRエンリッチ 0.84%  

 

企業業績のデータ(5年分)

  2019年
3月
2019年
10月
2020年
10月
2021年
10月
2022年10月
(第3四半期)
売上高(百万円)? 51 88 382 508 (535)
経常利益(百万円)? 23 13 △27 △79 (98)
当期純利益(百万円)? 15 10 △27 △79 (109)
純資産額 (百万円)? 16 26 207 128 (240)
1株あたりの純資産額(円)? 1,614 2,639 98 61 (379,669)
1株あたりの純利益(円)? 1,524 1,026 △13 △38 (52)
自己資本比率(%)? 47.4 48.0 67.9 50.6 (63.1)
自己資本利益率(%)? 94.4 47.5 - - -

※2020年10月期以降、株式1株につき200株の分割を反映。
・IPOで得た資金は、Artificial Elastic Intelligence(人間同様に本質的な言葉の意味を理解するAI)を中心とした技術への投資と、会社の事業全体を支える人材への投資に充てる予定です。

管理人からのコメント

 pluszero[プラスゼロ](5132)、AIを中心とした各種テクノロジーを活用したソリューションを提供しています。ソリューションは、顧客ニーズ・案件に応じたサービスを提供するプロジェクト型、人間が対応しているように感じる仮想人材を提供するサービス型の2つがあります。

 サービス型のソリューションの一例を上げると、教科書・教材を出版している会社に、問題を間違えたときの原因を特定し、それを解消するために取り組むべき課題を提案するデジタル教材「AIチューター・ゼロ」を提供しています。他に、船の自動運転を実現する上で必要になるレーダー画像解析をAIでおこなうプロジェクトに挑戦したりしています。

 AIを活用した事業支援は、今後増えていくことが予想されますので、将来性は十分にあると言えるでしょう。公開株数は少なめで、主要大株主にも期間でロックアップがかかっており、総合的な需給を考えると、初値はそれなりに上昇すると予想します。

 ネット証券では、SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券(副幹事)、大和証券マネックス証券楽天証券松井証券から申し込み可能となっています。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑