リンカーズ(5131)

 リンカーズの事業内容は「ものづくり領域におけるビジネスマッチングサービス、リサーチコンサルティングの提供」で、東証グロース上場の小型案件(想定時価総額39.0億円、吸収金額8.2億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「想定価格が1,000円以下」、「SBI証券が主幹事」の案件ですが、総合的に見て初値は小幅な上昇にとどまると予想します。

リンカーズのホームページ画像
成長性 割安性
にじゅうまる △
話題性 総合評価?
○ C

基本情報

会社名 リンカーズ(5131) 【東証グロース】
会社URL https://corp.linkers.net/
会社設立 2011年(12年目)
狙い目証券会社 SBI証券(主幹事)、岩井コスモ証券松井証券

狙い目証券の口座開設でプレゼントがもらえる!?

口座開設キャンペーン

※サイト内ページに移動します

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 295円
仮条件? 未発表
公募価格? 未発表
初値予想(独自) 300円 ~ 600円(9月22日時点)
初値? -

・想定価格295円に対して、PER21.3倍、PBR2.33倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益13.8円、1株あたり純資産126.4円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 10月11日(火)~10月17日(月)
当選発表日? 10月18日(火)
購入申込期間? 10月19日(水)~10月24日(月)
上場日? 10月26日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 966,000株
売出株数(OA含む)? 1,829,600株
当選株数合計 2,795,600株

・当選株数は2,795,600株。売買単位が100株なので、当たりは計27,956枚
・当選本数は多く、やや当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 SBI証券 -% -株 -枚 -枚
幹事 みずほ証券 -% -株 -枚 -枚
岩井コスモ証券 -% -株 -枚 -枚
極東証券 -% -株 -枚 -枚
松井証券 -% -株 -枚 -枚
水戸証券 -% -株 -枚 -枚

※「割当率」や「当選本数」などの数字は、仮条件決定時付近に発表。
SBI証券(主幹事)、岩井コスモ証券松井証券から当選のチャンス。
※SBI証券が主幹事のときは、IPOチャレンジポイントを活用して当選をねらいましょう!

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
前田 佳宏(社長) 22.74% 180日間
ジャフコSV4共有投資事業有限責任組合 22.21% 90日間
1.5倍
合同会社SAKUNANA 18.95% 180日間
SBI AI&Blockchain投資事業有限責任組合 9.63% 90日間
1.5倍
加福 秀亙 6.90% 180日間
DBJキャピタル投資事業有限責任組合 6.50% 90日間
1.5倍
京侑(株) 4.55% 180日間
BIG1号投資事業有限責任組合 1.18% 90日間
1.5倍
(株)日経ビーピー 1.12% 180日間
ソウルドアウト(株) 1.09% 180日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2017年
7月
2018年
7月
2019年
7月
2020年
7月
2021年
7月
売上高(百万円)? 316 674 589 1,153 1,419
経常利益(百万円)? △150 △140 △274 235 253
当期純利益(百万円)? △151 △160 △281 292 183
純資産額 (百万円)? 275 523 242 1,234 1,417
1株あたりの純資産額(円)? △31,515 △5,860 △31,430 △4 11
1株あたりの純利益(円)? △17,026 △15,730 △25,570 26 15
自己資本比率(%)? 62.8 76.6 50.1 75.1 79.0
自己資本利益率(%)? - - - 39.6 13.8

※2020年7月期以降、株式1株につき1,000株の分割を反映。
・2022年7月期は、第3四半期時点で売上1,085百万円、経常利益101百万円を達成しています。IPOで得た資金は、人材採用費、設備投資(システム開発など)に充てる予定です。

管理人からのコメント

 リンカーズ(5131)、研究段階における技術ニーズ・シーズ(種)を調査し、その企業が取り組むべき技術テーマや課題を提示する「Linkers Research」、大手企業の開発段階における技術ニーズを満たせる中小企業などとのマッチングをおこなう「Linkers Sourcing」、技術シーズ(種)を持つ中小企業などとそれを必要とする大手企業とのマッチングをおこなう「Linkers Marketing」を展開しています。

 直近の業績推移を見ると、右肩上がりで規模を拡大させていて、かつ黒字化もしており、将来性を感じます。公開株数は多いですが、想定価格が極めて低く、市場の吸収規模的には小型案件となります。ただ、大株主にいるベンチャーキャピタルのロックアップが公募価格比1.5倍で外れますので、初値は上昇してもそのあたりが上限になると予想します。

 同日にAtlas Technologies(9563)も上場しますので、買いが集まりにくくなっています。

 ネット証券では、SBI証券(主幹事)、岩井コスモ証券松井証券から申し込み可能となっています。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑