PC表示スマホ表示

レナサイエンス(4889)

(9月14日追記)
・引受価額が「616.4円」で決まりました。仮に、特別売り気配ではじまった時は、誠意買い(シンジケートカバー取引)により「616円」付近で寄り付く可能性があります。

 レナサイエンスの事業内容は「医療現場の課題を解決するため、多様なモダリティ(医薬品、医療機器、人工知能(AI)など)を活用して新たな医療ソリューションを研究開発する」で、東証マザーズ上場の中型案件(想定時価総額77.3億円、吸収金額21.4億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「想定価格が1,000円以下」、「SMBC日興証券が主幹事」の案件ですが、総合的に見て、初値の上昇は期待しづらいです。

レナサイエンスのホームページ画像
成長性 割安性
△ △
話題性 総合評価?
○ d


基本情報

会社名 レナサイエンス(4889) 【東証マザーズ】
会社URL https://www.renascience.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(主幹事)、大和証券(副幹事)、SBI証券CONNECTDMM株

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 630円
仮条件? 630円 ~ 670円
公募価格? 670円
初値予想(独自) 616円 ~ 900円(9月14日時点)
初値? -

・想定価格630円に対して、PER-倍、PBR4.18倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益-8.2円、1株あたり純資産150.6円、1株あたり配当金-円。)
・引受価額に伴い、初値予想を「580円 ~ 900円(8月18日時点)」から「616円 ~ 900円(9月14日時点)」に変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間? 9月7日(火)~9月13日(月)
当選発表日? 9月14日(火)
購入申込期間? 9月15日(水)~9月21日(火)
上場日? 9月24日(金)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 2,240,000株
売出株数(OA含む)? 1,154,100株
当選株数合計 3,394,100株

・当選株数は3,394,100株。売買単位が100株なので、当たりは計33,941枚
・当選本数は多く、やや当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 SMBC日興証券 74.79% 2,538,300株 25,383枚 2,538枚
幹事 大和証券 13.04% 442,700株 4,427枚 664枚
SBI証券 8.69% 295,100株 2,951枚 1,327枚
極東証券 0.87% 29,500株 295枚 0枚
東洋証券 0.87% 29,500株 295枚 0枚
いちよし証券 0.87% 29,500株 295枚 2枚
丸三証券 0.87% 29,500株 295枚 29枚

SMBC日興証券(主幹事)、大和証券(副幹事)、SBI証券から当選のチャンス。
・その他、CONNECTから申し込み可能となりました。(8月19日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(8月31日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
宮田敏男 34.05% 180日間
大和日台バイオベンチャー投資事業有限責任組合 23.31% 90日間
1.5倍
宮田あや 11.95% 180日間
宮田萌美 10.45% 180日間
加藤敬子 5.97% 180日間
宮田光世 4.78% 180日間
THVP-1号投資事業有限責任組合 3.58% 90日間
1.5倍
SMBC社会課題解決投資事業有限責任組合 1.49% 継続保有
KSP5号投資事業有限責任組合 1.19% 90日間
1.5倍
宮田一慶 1.19% 180日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2017年
3月
2018年
3月
2019年
3月
2020年
3月
2021年
3月
売上高(百万円)? 70 9 - 72 210
経常利益(百万円)? △2 △31 △151 △184 △91
当期純利益(百万円)? △2 △70 △151 △184 △100
純資産額 (百万円)? 46 827 806 622 562
1株あたりの純資産額(円)? 401,686 5,135,261 24,616 63 57
1株あたりの純利益(円)? △17,509 △594,040 △4,683 △19 △10
自己資本比率(%)? 35.8 99.2 99.0 61.4 52.6
自己資本利益率(%)? - - - - -

※2019年3月期以降、株式1株につき200株の分割を反映。
※2020年3月期以降、株式1株につき300株の分割を反映。
・2022年3月期は、第1四半期時点で売上31百万円、経常利益-33百万円となっています。IPOで得た資金は、多様なモダリティへの展開、研究機関との基礎研究での共同開発、グローバルでの医師主導治験、臨床開発ステージの高度化に充てる予定です。

管理人からのコメント

 レナサイエンス(4889)、多くのモダリティ(医薬品、医療機器、人工知能(AI)など)を外部研究者に提供し、それらを用いて研究してもらい、そこで得られた成果を事業化しています。現在は、まだまだ先行投資の段階で赤字が続いています。正直、この先どうなるかは予想できません。

 供給面を見ると、公開株数は多いですが、想定価格は低く、規模的にはやや小さめです。加えて、持ち株を売りに出しやすいベンチャー企業大株主に対して、公募価格比1.5倍のロックアップがかかっています。そこまでゆるいわけではありませんが、期待できる需要を考えると、初値は公募割れの展開も考えられます。

 ネット証券では、SMBC日興証券(主幹事)、大和証券(副幹事)、SBI証券CONNECTDMM株から申し込み可能となっています。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑

c