グローバルセキュリティエキスパート(4417)

 グローバルセキュリティエキスパートの事業内容は「セキュリティコンサルティング、脆弱性診断、サイバーセキュリティソリューションをはじめ、セキュリティの全体像を網羅した教育サービスの提供」で、東証マザーズ上場の中型案件(想定時価総額92.2億円、吸収金額19.1億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「SMBC日興証券が主幹事」の案件ですが、総合的に見て、初値は小幅な上昇にとどまると予想します。

グローバルセキュリティエキスパートのホームページ画像
成長性 割安性
△ △
話題性 総合評価?
○ c


基本情報

会社名 グローバルセキュリティエキスパート(4417) 【東証マザーズ】
会社URL https://www.gsx.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券(副幹事)、大和証券松井証券岩井コスモ証券CONNECTauカブコム証券DMM株

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 2,770円
仮条件? 2,680円 ~ 2,800円
公募価格? 未発表
初値予想(独自) 2,800円 ~ 3,300円(12月3日時点)
初値? -

・想定価格2,770円に対して、PER54.97倍、PBR7.01倍、配当利回り0.33%
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益50.4円、1株あたり純資産395.1円、1株あたり配当金9.2円。)
・仮条件を受けて、初値予想を「2,770円 ~ 3,500円(11月15日時点)」から「2,800円 ~ 3,300円(12月3日時点)」に変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間? 12月3日(金)~12月9日(木)
当選発表日? 12月10日(金)
購入申込期間? 12月13日(月)~12月16日(木)
上場日? 12月20日(月)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 150,000株
売出株数(OA含む)? 540,000株
当選株数合計 690,000株

・当選株数は690,000株。売買単位が100株なので、当たりは計6,900枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 SMBC日興証券 -% -株 -枚 -枚
幹事 SBI証券 -% -株 -枚 -枚
みずほ証券 -% -株 -枚 -枚
大和証券 -% -株 -枚 -枚
三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
-% -株 -枚 -枚
松井証券 -% -株 -枚 -枚
岩井コスモ証券 -% -株 -枚 -枚
東洋証券 -% -株 -枚 -枚

※「割当率」や「当選本数」などの数字は、公募価格決定時付近に発表。
SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券(副幹事)、大和証券松井証券岩井コスモ証券から当選のチャンス。
・その他、CONNECTから申し込み可能となりました。(11月17日追記)
・その他、auカブコム証券から申し込み可能となりました。(11月17日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(11月26日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
(株)ビジネスブレイン太田昭和 73.12% 180日間
兼松エレクトロニクス(株) 8.12% 180日間
(株)野村総合研究所 2.84% 継続保有
鱸 史郎(社長) 2.18% 継続保有
原 伸一 1.95% 継続保有
與儀 大輔 0.81% 継続保有
吉見 主税 0.75% 継続保有
三木 剛 0.75% 継続保有
鈴木 貴志 0.41% 継続保有
伊藤 昇 0.32% 継続保有

 

企業業績のデータ(5年分)

  2017年
3月
2018年
3月
2019年
3月
2020年
3月
2021年
3月
売上高(百万円)? 1,493 1,222 1,303 1,617 2,949
経常利益(百万円)? 9 △10 37 73 239
当期純利益(百万円)? 7 △10 28 39 168
純資産額 (百万円)? 361 351 379 736 942
1株あたりの純資産額(円)? 66,927 64,988 70,178 245 297
1株あたりの純利益(円)? 1,266 △1,939 5,190 15 55
自己資本比率(%)? 30.5 40.3 39.6 43.0 39.5
自己資本利益率(%)? 1.9 - 7.7 6.9 20.0

※2020年3月期以降、株式1株につき300株の分割を反映。
・2022年3月期は、第2四半期時点で売上1,916百万円、経常利益210百万円を達成しています。IPOで得た資金は、vCISOサービス開発投資および運用費、教育事業の受講管理システム開発投資、資本業務提携にかかわる投資、借入金の返済に充てる予定です。

管理人からのコメント

 グローバルセキュリティエキスパート(4417)、情報セキュリティに関するコンサルティング事業、セキュリティ教育を支援する事業、セキュリティソリューション事業(顧客のセキュリティ課題を解決するサービスや製品導入)を展開しています。

 2021年3月期に売り上げが急拡大していますが、これは株式会社EPコンサルティングサービス(株式会社ビジネスブレイン太田昭和グループ)から一部事業(ITソリューション事業)をゆずり受けたことによる影響が大きいです。それまでの業績推移が頭打ち気味だっただけに、先行きにやや不安を感じます。

 公開株数は普通で、大株主に期間でロックアップがかかっているので、供給はそれなりにしぼれていますが、総合的に見て、初値は小幅な上昇にとどまると予想します。

 ネット証券では、SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券(副幹事)、大和証券松井証券岩井コスモ証券CONNECTauカブコム証券DMM株から申し込み可能となっています。同日に、HYUGA PRIMARY CARE(7133)JDSC(4418)も上場することになっており、買いが集まりにくくなっています。

 

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑