PC表示スマホ表示

アスタリスク(6522)

 アスタリスクの事業内容は「モバイル機器に装着して使用するバーコードリーダー・RFIDリーダーである『AsReader』および画像認識技術を活用した管理システムの開発・販売」で、東証マザーズ上場の中型案件(想定時価総額50.2億円、吸収金額12.4億円)です。総合的に見て、初値はそれなりに上昇すると予想します。

アスタリスクのホームページ画像
成長性 割安性
○ △
話題性 総合評価?
○ b


基本情報

会社名 アスタリスク(6522) 【東証マザーズ】
会社URL https://www.asx.co.jp/
狙い目証券会社 野村證券(主幹事)、SBI証券(副幹事)、大和証券SMBC日興証券楽天証券岩井コスモ証券CONNECTLINE証券DMM株
LINE証券口座開設

(↑LINE証券からも「アスタリスク」に申込可能です!)

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 3,080円
仮条件? 3,080円 ~ 3,300円
公募価格? 3,300円
初値予想(独自) 4,000円 ~ 5,000円(8月25日時点)
初値? -

・想定価格3,080円に対して、PER72.79倍、PBR3.93倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益42.3円、1株あたり純資産783.1円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 9月10日(金)~9月16日(木)
当選発表日? 9月17日(金)
購入申込期間? 9月21日(火)~9月27日(月)
上場日? 9月30日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 350,000株
売出株数(OA含む)? 52,500株
当選株数合計 402,500株

・当選株数は402,500株。売買単位が100株なので、当たりは計4,025枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 野村證券 90.43% 364,000株 3,640枚 364枚
幹事 SBI証券 5.22% 21,000株 210枚 94枚
大和証券 1.74% 7,000株 70枚 10枚
SMBC日興証券 0.87% 3,500株 35枚 3枚
楽天証券 0.87% 3,500株 35枚 35枚
岩井コスモ証券 0.87% 3,500株 35枚 3枚

野村證券(主幹事)、SBI証券(副幹事)、大和証券SMBC日興証券楽天証券岩井コスモ証券から当選のチャンス。
・その他、CONNECTから申し込み可能となりました。(8月26日追記)
・その他、LINE証券から申し込み可能となりました。(8月30日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(9月3日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
トリプルウィン(株) 55.76% 90日間
伊藤忠紙パルプ(株) 8.92% 90日間
1.5倍
DCIハイテク製造業成長支援投資事業有限責任組合 5.70% 90日間
1.5倍
東京都ベンチャー企業成長支援投資事業有限責任組合 4.75% 90日間
1.5倍
鈴木 規之(社長) 2.82% 90日間
熊本 尚樹 2.23% 90日間
三菱UFJキャピタル5号投資事業有限責任組合 2.09% 90日間
1.5倍
SMBCベンチャーキャピタル2号投資事業有限責任組合 2.09% 90日間
1.5倍
薛 文宝 1.59% 90日間
大川 貴之 1.55% 90日間
1.5倍

 

企業業績のデータ(5年分)

  2016年
8月
2017年
8月
2018年
8月
2019年
8月
2020年
8月
売上高(百万円)? 724 638 1,363 1,145 1,398
経常利益(百万円)? △3 △172 203 55 102
当期純利益(百万円)? 3 △168 179 72 69
純資産額 (百万円)? 171 3 182 228 297
1株あたりの純資産額(円)? 133 2 142 178 232
1株あたりの純利益(円)? 3 △131 140 56 54
自己資本比率(%)? 31.0 0.4 24.5 30.9 28.1
自己資本利益率(%)? - - 194.0 37.6 26.3

※2018年8月期まで単独決算。2019年8月期から連結決算。
・2021年8月期は、第3四半期時点で売上1,468百万円、経常利益287百万円を達成しています。IPOで得た資金は、研究所ビル建設費用および研究開発、評価設備の取得費用、借入金の返済に充てる予定です。

管理人からのコメント

 アスタリスク(6522)、モバイル機器に装着して使用するバーコードリーダーやRFIDリーダーなどの開発、販売をしています。バーコードリーダーは、レーザーで1枚ずつスキャンするのに対し、RFIDリーダーは、電波で複数一気にスキャンすることができます。売上推移を見ると、2018年8月期に、イレギュラー的にポンっと業績が伸びて、そのあと落ち込んでいますが、全体的に右肩上がりで伸びており、それなりの需要が期待できます。

 供給面は、公開株数が少なく、大量の株式放出が考えられる大株主ベンチャーキャピタルに公募価格比50%までロックアップがかかっていますので、そこまではかなり絞れています。総合的な需給を考えると、初値はそれなりに上昇すると予想します。

 ネット証券では、野村證券(主幹事)、SBI証券(副幹事)、大和証券SMBC日興証券楽天証券岩井コスモ証券CONNECTLINE証券DMM株から申し込み可能となっています。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑