PC表示スマホ表示

グラフィコ(4930)

(9月16日追記)
公募価格に伴い、初値予想を変更しました。

SBI証券からグラフィコに当選しました!

 グラフィコの事業内容は「健康食品・化粧品・日用雑貨・医薬品などの企画製造販売」で、JASDAQスタンダード上場の中型案件(想定時価総額33.9億円、吸収金額12.4億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「SBI証券が主幹事」の案件ですが、総合的に見て、初値の大幅上昇は期待しづらいです。

グラフィコのホームページ画像
成長性 割安性
○ △
話題性 総合評価?
○ c


基本情報

会社名 グラフィコ(4930) 【JASDAQスタンダード】
会社URL https://www.graphico.co.jp/
狙い目証券会社 SBI証券(主幹事)、大和証券(副幹事)、SMBC日興証券
岩井コスモ証券
DMM株SBIネオモバイル証券(?)

(↑SBI証券は、「グラフィコ」の主幹事のため狙い目です!)

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 3,850円
仮条件? 3,850円 ~ 4,090円
公募価格? 4,090円
初値予想(独自) 4,090円 ~ 4,800円(9月16日時点)
初値? 9,560円 (公募価格比+5,470円 +133.7%)

・想定価格3,850円に対して、PER23.5倍、PBR2.38倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益163.8円、1株あたり純資産1,614.3円、1株あたり配当金-円。)
・公募価格に伴い、初値予想を「4,000円 ~ 4,800円(8月19日時点)」から「4,090円 ~ 4,800円(9月16日時点)」に変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間? 9月4日(金)~9月10日(木)
当選発表日? 9月11日(金)
購入申込期間? 9月15日(火)~9月18日(金)
上場日? 9月24日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 80,000株
売出株数(OA含む)? 242,000株
当選株数合計 322,000株

・当選株数は322,000株。売買単位が100株なので、当たりは計3,220枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 SBI証券 86.96% 280,000株 2,800枚 1,260枚
幹事 大和証券 5.22% 16,800株 168枚 25枚
SMBC日興証券 2.61% 8,400株 84枚 8枚
いちよし証券 1.74% 5,600株 56枚 0枚
岩井コスモ証券 1.74% 5,600株 56枚 5枚
藍澤證券 0.87% 2,800株 28枚 0枚
東洋証券 0.87% 2,800株 28枚 2枚

SBI証券(主幹事)、大和証券(副幹事)、SMBC日興証券岩井コスモ証券から当選のチャンス。
※SBI証券が主幹事のときは、IPOチャレンジポイントを活用して当選をねらいましょう!
・SBI証券が主幹事なので、後からSBIネオモバイル証券の取り扱いも発表される可能性があります。
・その他、DMM株から申し込み可能になりました。(9月2日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
長谷川純代(社長) 62.67% 180日間
嶋津貴和 25.03% 180日間
村松太郎 2.27% 180日間
水谷直人 1.57% 180日間
甲正彦 1.11% 180日間
遠藤幸子 0.97% 180日間
秦俊二 0.75% 180日間
若松里子 0.75% 継続保有
高鳥忠明 0.56% 継続保有
グラフィコ従業員持株会 0.41%  

 

企業業績のデータ(5年分)

  2015年
6月
2016年
6月
2017年
6月
2018年
6月
2019年
6月
売上高(百万円)? 1,790 1,939 2,030 2,807 3,378
経常利益(百万円)? 171 177 130 151 206
当期純利益(百万円)? 154 115 94 23 144
純資産額 (百万円)? 766 880 974 997 1,141
1株あたりの純資産額(円)? 19,141 1,101 1,217 1,246 1,427
1株あたりの純利益(円)? 3,848 144 117 29 180
自己資本比率(%)? 73.1 81.5 78.6 64.2 72.2
自己資本利益率(%)? 22.3 14.0 10.1 2.3 13.5

※2016年6月期以降、株式1株につき20株の分割を反映。
・2020年6月期は、第3四半期時点で売上2,506百万円、経常利益264百万円を達成しています。IPOで得た資金は、業容拡大にともなう仕入資金などの運転資金、WEB、テレビなどの広域プロモーションの広告宣伝費用、新商品開発にともなう費用、新規採用にかかわる採用費および人件費に充てる予定です。

管理人からのコメント

 グラフィコ(4930)、直近の業績推移から、売上は順調に増えていますが、利益の伸びは鈍っています。いずれも競争の激しい分野なので、利益率を維持することも厳しいのでしょうか。人気化は期待しづらいですが、公開株数は少なく、大株主にも期間でロックアップがかかっており、供給はしぼれています。総合的な需給を考えると、初値は小幅な上昇を予想します。

 ネット証券では、SBI証券(主幹事)、大和証券(副幹事)、SMBC日興証券岩井コスモ証券DMM株から申し込み可能となっています。同日に、トヨクモ(4058)も上場することになっていますが、規模的に影響は小さいでしょう。

(8月20日追記)
同日にまぐまぐ(4059)も上場することになり、買いがより分散しやすくなりました。


↑