アストロスケールホールディングス(186A)

(2024年5月20日に追記)
強気の仮条件を受けて、初値予想を引き上げました。

(5月7日追記)
主幹事の「三菱UFJモルガン・スタンレー証券」から、グループ会社のauカブコム証券割り当ての一部が流れてくることになりました!全体の当選本数は非常に多く(26,718,200株)、その大部分が三菱UFJモルガン・スタンレー証券に割り当てられますので、auカブコム証券への割り当て数にも相当期待が持てます!

IPO投資家でも、委託幹事であるauカブコム証券からIPO当選を狙っている方は少なめですので、当選確率もそれなりに高そうです。auカブコム証券は、最短翌日に口座開設を完了できますので、まだ口座をお持ちでない方でも、IPO抽選の申し込みに間に合います!

 アストロスケールホールディングスの事業内容は「スペースデブリ除去や人工衛星寿命延長、点検・観測などの軌道上サービス事業」で、東証グロース上場の大型案件(想定時価総額804.2億円、吸収金額192.4億円)です。統計的に初値の上がりやすい「想定価格が1,000円以下」の案件ですが、総合的に見て、想定価格から見た初値は小幅な上昇にとどまると予想します。

アストロスケールホールディングスのホームページ画像
成長性 割安性
◎ △
話題性 総合評価?
○ C

基本情報

会社名 アストロスケールホールディングス(186A) 【東証グロース】
会社URL https://astroscale.com/ja/
会社設立 2018年11月(6年目)
主幹事証券 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
その他
狙い目証券会社
SBI証券(副幹事)、SMBC日興証券楽天証券松井証券マネックス証券岩井コスモ証券岡三オンラインauカブコム証券DMM株

IPO価格情報・初値予想(独自)

想定価格? 720円
仮条件? 750円 ~ 850円
公募価格? 未発表
初値予想(独自) 1,100円 ~ 1,600円(5月20日時点)
初値? -

・想定価格720円に対して、PSR44.85倍、PBR3.32倍、配当利回り-%
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。1株あたり利益-82.9円、1株あたり純資産216.9円、1株あたり配当金-円。)
・初値予想を「1,000円 ~ 1,500円(5月1日時点)」から「1,100円 ~ 1,600円(5月20日時点)」に変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間? 5月20日(月)~5月24日(金)
当選発表日? 5月27日(月)
購入申込期間? 5月28日(火)~5月31日(金)
上場日? 6月5日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 20,833,300株
売出株数(OA含む)? 5,884,900株
当選株数合計 26,718,200株

・当選株数は26,718,200株。売買単位が100株なので、当たりは計267,182枚
・当選本数は非常に多く、かなり当たりやすい部類に入る。
※4,500百万円を上限として、ヒューリック株式会社、TPR株式会社、MZ Space Fund投資事業組合および、りそなアセットマネジメント株式会社へ売付けがおこなわれる可能性があります。想定価格で計算すると最大6,250,000株が公開株数から減ります。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
58.30% 11,528,200株 115,282枚 9,222枚
共同主幹事 モルガン・
スタンレー
MUFG証券
16.44% 3,251,700株 32,517枚 0枚
みずほ証券 18.61% 3,680,200株 36,802枚 3,312枚
幹事
SBI証券 2.53% 499,300株 4,993枚 2,696枚
野村證券 0.84% 166,300株 1,663枚 149枚
SMBC日興証券 0.84% 166,300株 1,663枚 133枚
楽天証券 0.84% 166,300株 1,663枚 1,496枚
東海東京証券 0.42% 83,000株 830枚 49枚
岡三証券 0.42% 83,000株 830枚 74枚
水戸証券 0.25% 49,900株 499枚 0枚
松井証券 0.08% 16,600株 166枚 104枚
マネックス証券 0.08% 16,600株 166枚 149枚
岩井コスモ証券 0.08% 16,600株 166枚 14枚
あかつき証券 0.08% 16,600株 166枚 0枚
東洋証券 0.08% 16,600株 166枚 0枚
アイザワ証券 0.08% 16,600株 166枚 0枚

SBI証券(副幹事)、SMBC日興証券楽天証券松井証券マネックス証券岩井コスモ証券から当選のチャンス。
・その他、岡三オンラインから申し込み可能となりました。(5月2日追記)
・その他、auカブコム証券から申し込み可能となりました。(5月7日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(5月14日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
岡田 光信(社長) 26.78% 180日間
(株)INCJ 16.53% 180日間
ジャフコSV4共有投資事業有限責任組合 4.27% 180日間
(株)グーニーズ 3.14% 180日間
ASエースタート1号投資事業有限責任組合 2.86% 180日間
三菱電機(株) 2.57% 180日間
ブラッカビー・クリストファー 2.54% 180日間
スペース・エースタート1号投資事業有限責任組合 2.52% 180日間
日本グロースキャピタル投資法人 2.45% 180日間
THE FUND投資事業有限責任組合 1.92% 180日間

 

企業業績のデータ(5年分)

⇒アストロスケールホールディングスの有価証券届出書 [PDF]

  2020年
4月
2021年
4月
2022年
4月
2023年
4月
2024年1月
(第3四半期)
売上高(百万円)? 84 651 910 1,793 (1,994)
経常利益(百万円)? △4,974 △4,896 △5,563 △9,314 (△5,823)
当期純利益(百万円)? △4,949 △4,893 △5,484 △9,264 (△5,824)
純資産額 (百万円)? 6,741 7,277 14,092 14,891 (9,426)
1株あたりの純資産額(円)? △13,294 △20,966 172 △379 -
1株あたりの純利益(円)? △7,728 △7,302 △74 △111 (△64)
自己資本比率(%)? 70.6 66.2 70.0 48.9 (38.6)
自己資本利益率(%)? - - - - -

※国際会計基準が適用されています。項目名が少し違っていますが、意味はほぼ同じです。
※2024年に期末月が4月から1月に変更。
※2021年4月期まで単独決算。2022年4月期から連結決算。
※2022年4月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・2024年4月期は、第3四半期時点で売上1,994百万円、経常損失△5,823百万円となっています。IPOで得た資金は、プロジェクト開発費・研究開発費および運転資金に充てる予定です。

管理人からのコメント

 アストロスケールホールディングス(186A)、宇宙空間の衛星軌道上において、「がれき、はへんなど(スペースデブリ)」の除去や燃料補給、点検・観測などのサービスを提供しています。宇宙事業の将来性はとてつもなく大きいですが、現在はまだまだ先行投資の段階で赤字が拡大しています。

  主要大株主に対しては期間でロックアップがかかっていますが、公開株数が非常に多いです。通常案件であれば、とても初値が上昇する条件ではありません。ただ、過去の宇宙事業IPOを見ると、ispace(9348)が公募価格比+293.7%QPS研究所(5595)が公募価格比+120.5%と大幅な上昇を見せており、アストロスケールホールディングス(186A)も同様の展開が期待できます。ただ、それでも想定価格が低めなので、想定価格から見た初値は小幅な上昇にとどまると予想します。

 ネット証券では、SBI証券(副幹事)、SMBC日興証券楽天証券松井証券マネックス証券岩井コスモ証券岡三オンラインauカブコム証券DMM株から申し込み可能となっています。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑