オープンワーク(5139)

 オープンワークの事業内容は「転職・就職のための情報プラットフォーム『OpenWork』の開発・運用業務を含むワーキングデータプラットフォーム事業」で、東証グロース上場の中型案件(想定時価総額150.1億円、吸収金額37.8億円)です。 総合的に見て、初値は小幅な上昇にとどまると予想します。

オープンワークのホームページ画像
成長性 割安性
◎ △
話題性 総合評価?
◎ C

基本情報

会社名 オープンワーク(5139) 【東証グロース】
会社URL https://www.openwork.co.jp/
会社設立 2007年6月(16年目)
狙い目証券会社 野村證券(主幹事)、SBI証券(副幹事)、マネックス証券岩井コスモ証券松井証券岡三オンラインLINE証券DMM株

狙い目証券の口座開設でプレゼントがもらえる!

口座開設キャンペーン口座開設キャンペーン

※サイト内ページに移動します

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 2,920円
仮条件? 2,920円 ~ 3,150円
公募価格? 3,150円
初値予想(独自) 3,150円 ~ 4,000円(11月30日時点)
初値? -

・想定価格2,920円に対して、PER64.57倍、PBR3.62倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益45.2円、1株あたり純資産806.0円、1株あたり配当金-円。)
・仮条件に伴い、初値予想を「2,920円 ~ 3,800円(11月14日時点)」から「3,150円 ~ 4,000円(11月30日時点)」に変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間? 12月1日(木)~12月7日(水)
当選発表日? 12月8日(木)
購入申込期間? 12月9日(金)~12月14日(水)
上場日? 12月16日(金)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 500,000株
売出株数(OA含む)? 795,900株
当選株数合計 1,295,900株

・当選株数は1,295,900株。売買単位が100株なので、当たりは計12,959枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 野村證券 94.81% 1,228,700株 12,287枚 1,228枚
幹事 SBI証券 1.74% 22,500株 225枚 101枚
マネックス証券 0.86% 11,200株 112枚 112枚
アイザワ証券 0.52% 6,700株 67枚 0枚
岩井コスモ証券 0.52% 6,700株 67枚 6枚
岡三証券 0.52% 6,700株 67枚 6枚
松井証券 0.52% 6,700株 67枚 46枚
丸三証券 0.52% 6,700株 67枚 6枚

野村證券(主幹事)、SBI証券(副幹事)、マネックス証券岩井コスモ証券松井証券から当選のチャンス。
・その他、岡三オンラインから申し込み可能となりました。(11月15日追記)
・その他、LINE証券から申し込み可能となりました。(11月17日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(11月24日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
(株)リンクアンドモチベーション 56.98% 90日間
増井 慎二郎 32.77% 90日間
小倉 基弘 4.17% 90日間
川島 浩治 1.88% 90日間
小澤 博之 1.04% 90日間
大澤 陽樹(社長) 0.80% 90日間
池内 駿介 0.34% 90日間
山﨑 慎也 0.17% 継続保有
本多 雄太朗 0.14% 継続保有
広瀬 悠太郎 0.14% 継続保有

 

企業業績のデータ(5年分)

  2017年
12月
2018年
12月
2019年
12月
2020年
12月
2021年
12月
営業収益(百万円)? 776 1,037 1,419 1,461 1,536
経常利益(百万円)? 413 494 291 238 324
当期純利益(百万円)? 311 321 180 167 232
純資産額 (百万円)? 685 2,223 2,403 2,578 2,811
1株あたりの純資産額(円)? 1,713,029 2,433 2,882 556 606
1株あたりの純利益(円)? 776,760 789 399 36 50
自己資本比率(%)? 83.2 91.2 93.0 90.4 91.8
自己資本利益率(%)? 57.8 22.1 7.8 6.7 8.6

※2018年12月期以降、株式1株につき1,000株の分割を反映。
※2020年12月期以降、株式1株につき10株の分割を反映。
・2022年12月期は、第3四半期時点で営業収益1,460百万円、経常利益466百万円を達成しています。IPOで得た資金は、当社の事業拡大のための人件費および採用費、サービスの認知向上と収益拡大のための広告宣伝費に充てる予定です。

管理人からのコメント

 オープンワーク(5139)、社員口コミデータを基盤とした転職・就職のための会社情報サイト「OpenWork」の運営、企業向けの採用支援サービス「OpenWorkリクルーティング」を提供しています。OpenWorkリクルーティングの利用企業は、自社の求人をOpenWork上に掲載し、求職者に対してスカウトメールを送信することができます。

 直近の業績推移を見ると、新型コロナの影響で求人倍率(求職者1人あたりに何件の求人があるか)が低下したこともあり、業績が伸び悩んでいますが、2022年12月期は、第3四半期時点で営業収益1,460百万円、経常利益466百万円を達成しており、再び事業拡大に向けた動きが確認できます。

 公開株数はふつうで、吸収し金額もそれなりにありますが、主要大株主には期間でロックアップがかかっており、供給面はそこまで悪くないです。通常であれば、初値もそれなりに上昇することが期待できますが、すでにRebase(5138)フーディソン(7114)が上場することになっており、買いが集まりにくくなっています。総合的に見て、初値は小幅な上昇にとどまると予想します。

 ネット証券では、野村證券(主幹事)、SBI証券(副幹事)、マネックス証券岩井コスモ証券松井証券岡三オンラインLINE証券DMM株から申し込み可能となっています。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑