FPパートナー(7388)

管理人の当選実績SBI証券大和証券からFPパートナーに当選しました!

 FPパートナーの事業内容は「個人及び法人向けの保険代理業、金融商品仲介業、銀行代理業」で、東証グロース上場の大型案件(想定時価総額269.1億円、吸収金額80.7億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「大和証券が主幹事」の案件ですが、総合的に考えると、初値は小幅な上昇にとどまると予想します。

FPパートナーのホームページ画像
成長性 割安性
○ △
話題性 総合評価?
○ C


基本情報

会社名 FPパートナー(7388) 【東証グロース】
会社URL https://fpp.jp/
会社設立 2009年(14年目)
狙い目証券会社 大和証券(主幹事)、SBI証券(副幹事)、SMBC日興証券楽天証券岩井コスモ証券岡三オンラインCONNECTDMM株

狙い目証券の口座開設でプレゼントがもらえる!?

口座開設キャンペーン

※サイト内ページに移動します

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 2,340円
仮条件? 2,340円 ~ 2,600円
公募価格? 2,600円
初値予想(独自) 2,700円 ~ 3,200円(9月2日時点)
初値? 2,750円 (公募価格比+150円 +5.8%)

・想定価格2,340円に対して、PER21.97倍、PBR4.35倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益106.5円、1株あたり純資産538.5円、1株あたり配当金-円。)
・仮条件を受けて、初値予想を「2,340円 ~ 2,800円(8月18日時点)」から「2,700円 ~ 3,200円(9月2日時点)」に変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間? 9月6日(火)~9月12日(月)
当選発表日? 9月13日(火)
購入申込期間? 9月14日(水)~9月20日(火)
上場日? 9月22日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 1,500,000株
売出株数(OA含む)? 1,950,000株
当選株数合計 3,450,000株

・当選株数は3,450,000株。売買単位が100株なので、当たりは計34,500枚
・当選本数は多く、やや当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 大和証券 89.57% 3,090,000株 30,900枚 3,090枚
幹事 SBI証券 6.96% 240,000株 2,400枚 1,080枚
SMBC日興証券 0.87% 30,000株 300枚 30枚
岡三証券 0.87% 30,000株 300枚 30枚
楽天証券 0.87% 30,000株 300枚 300枚
岩井コスモ証券 0.87% 30,000株 300枚 30枚

大和証券(主幹事)、SBI証券(副幹事)、SMBC日興証券楽天証券岩井コスモ証券から当選のチャンス。
・その他、岡三オンラインから申し込み可能となりました。(8月19日追記)
・その他、CONNECTから申し込み可能となりました。(8月19日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(8月30日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
合同会社FPコンサルティング 46.73% 180日間
黒木 勉(社長) 42.06% 180日間
小川 実(信託口) 6.54%  
黒木 真澄 4.67% 180日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2017年
11月
2018年
11月
2019年
11月
2020年
11月
2021年
11月
売上高(百万円)? 10,010 13,406 16,464 17,302 20,920
経常利益(百万円)? 252 △8 1,187 719 1,814
当期純利益(百万円)? 268 239 658 425 1,225
純資産額 (百万円)? △580 △251 1,046 1,478 2,702
1株あたりの純資産額(円)? △2,898,569 △125,563 522,951 147 270
1株あたりの純利益(円)? 1,341,290 251,145 329,097 42 122
自己資本比率(%)? - - 15.8 23.7 34.2
自己資本利益率(%)? - - 165.6 33.8 58.8

※2020年11月期以降、株式1株につき5,000株の分割を反映。
・2022年11月期は、第2四半期時点で売上12,203百万円、経常利益2,042百万円を達成しています。IPOで得た資金は、Customer Data Platform(CDP)の構築、コミュニケーションアプリの開発、社内インフラ強化に充てる予定です。

管理人からのコメント

 FPパートナー(7388)、保険に限定しない金融サービス全般に対応する「お金のかかりつけ医『マネードクター』」を展開しています。企業などとの業務提携により、全国に111拠点、営業社員1,858名(2021年11月末)を配置し、顧客の相談を受けています。

 直近の業績推移を見る限り、新型コロナの影響を受けながらも、着実に売上・利益を伸ばしており、将来性も感じられます。ただ、公開株数が多く、総合的な需給を考えると、初値は小幅な上昇にとどまると予想します。

 ネット証券では、大和証券(主幹事)、SBI証券(副幹事)、SMBC日興証券楽天証券岩井コスモ証券岡三オンラインCONNECTDMM株から申し込み可能となっています。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑