サイエンスアーツ(4412)

 サイエンスアーツの事業内容は「デスクレスワーカーをつなげるライブコミュニケーションプラットフォーム『Buddycom』の開発・販売」で、東証マザーズ上場の小型案件(想定時価総額50.7億円、吸収金額3.8億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「クラウド関連」、「公開株数の“少ない”」の案件です。

サイエンスアーツのホームページ画像
成長性 割安性
にじゅうまる △
話題性 総合評価?
○ a


基本情報

会社名 サイエンスアーツ(4412) 【東証マザーズ】
会社URL https://www.buddycom.net/ja/index.html
狙い目証券会社 大和証券(副幹事)、 SBI証券SMBC日興証券マネックス証券楽天証券岡三オンライン証券CONNECTauカブコム証券DMM株

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 1,510円
仮条件? 1,510円 ~ 1,710円
公募価格? 1,710円
初値予想(独自) 3,000円 ~ 4,500円(10月19日時点)
初値? 4,545円 (公募価格比+2,835円 +165.8%)

・想定価格1,510円に対して、PER-倍、PBR9.19倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益-27.4円、1株あたり純資産164.3円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 11月4日(木)~11月10日(水)
当選発表日? 11月11日(木)
購入申込期間? 11月15日(月)~11月18日(木)
上場日? 11月24日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 200,000株
売出株数(OA含む)? 53,000株
当選株数合計 253,000株

・当選株数は253,000株。売買単位が100株なので、当たりは計2,530枚
・当選本数は非常に少なく、かなり当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 岡三証券 86.96% 220,000株 2,200枚 220枚
幹事 大和証券 3.48% 8,800株 88枚 13枚
SBI証券 3.48% 8,800株 88枚 39枚
SMBC日興証券 1.74% 4,400株 44枚 4枚
三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
1.74% 4,400株 44枚 4枚
岡地証券 0.87% 2,200株 22枚 0枚
マネックス証券 0.43% 1,100株 11枚 11枚
楽天証券 0.43% 1,100株 11枚 11枚
エイチ・エス証券 0.43% 1,100株 11枚 1枚
むさし証券 0.43% 1,100株 11枚 1枚

大和証券(副幹事)、 SBI証券SMBC日興証券マネックス証券楽天証券から当選のチャンス。
・その他、岡三オンライン証券から申し込み可能となりました。(10月20日追記)
・その他、CONNECTから申し込み可能となりました。(10月20日追記)
・その他、auカブコム証券から申し込み可能となりました。(10月21日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(10月27日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
合同会社平岡秀一事務所 45.66% 90日間
平岡 秀一(社長) 19.48% 90日間
SBテクノロジー(株) 6.85% 90日間
auカブコム証券(株) 6.09% 90日間
(株)ブロードバンドタワー 4.05% 90日間
横道 克己 2.54%  
岡地証券(株) 2.13% 90日間
日本ATM(株) 2.03% 90日間
JPE第2号(株) 1.83% 継続保有
(株)プラネット 1.52% 90日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2016年
8月
2017年
8月
2018年
8月
2019年
8月
2020年
8月
売上高(百万円)? 90 103 144 179 223
経常利益(百万円)? 2 △25 △34 △95 △92
当期純利益(百万円)? 3 △25 △35 △96 △92
純資産額 (百万円)? 144 84 50 219 279
1株あたりの純資産額(円)? 4,299 3,073 1,805 75 92
1株あたりの純利益(円)? 79 △761 △1,268 △33 △31
自己資本比率(%)? 58.9 39.4 17.6 48.4 65.1
自己資本利益率(%)? 1.9 - - - -

※2019年8月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・2021年8月期は、第3四半期時点で売上240百万円、経常損失△108百万円となっています。IPOで得た資金は、人件費、人材採用費及びオフィス拡張に伴う賃借料、設備資金、人員増にともなうオフィスの拡張に充てる予定です。

管理人からのコメント

 サイエンスアーツ(4412)、クラウド型サービス「Buddycom」の主な機能には、「音声通話」、「チャット」、「ライブキャスト」、「MAP通話」があります。

 音声通話は、通話ボタンを押すだけで2,000人以上のグループユーザーへ一斉に発信が可能。チャット機能は、文字(読み上げも)や画像、話した内容の聞き直し、テキスト化に対応しています。ライブキャスト機能は、ライブ映像で共有しながら、話すことができます。MAP通話機能は、ユーザーの位置情報の確認、MAP上の指定した範囲にいるユーザーと会話することができます。

 以上のような新規性の高いサービスを、収益が安定しやすい月額課金制で展開しています。上場を機に認知度が高まれば、さらなる成長も十分に期待できます。加えて、公開株数が非常に少なく、主要大株主に対しては、期間でロックアップがかかっており、供給は十分すぎるほどしぼれています。総合的な需給を考えると、初値は大幅に上昇すると予想します。

 ネット証券では、大和証券(副幹事)、 SBI証券SMBC日興証券マネックス証券楽天証券岡三オンライン証券CONNECTauカブコム証券DMM株から申し込み可能となっています。

(10月20日追記)
同日に、ラストワンマイル(9252)が上場することになりましたが、こちらに優先的に買いが入るでしょう。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑