PC表示スマホ表示

スペースマーケット(4487)

 スペースマーケットの事業内容は「遊休不動産などのスペースの貸し借りのプラットフォームである『スペースマーケット』の運営など」で、東証マザーズ上場の中型案件(想定時価総額58.3億円、吸収金額10.7億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「大和証券が主幹事」の案件ですが、総合的に見て、初値の大幅な上昇は期待しにくいです。

スペースマーケットのホームページ画像
成長性 割安性
△ △
話題性 総合評価
○ c


基本情報

会社名 スペースマーケット(4487) 【東証マザーズ】
会社URL https://spacemarket.co.jp/
狙い目証券会社 大和証券(主幹事)、SBI証券SMBC日興証券松井証券
マネックス証券岩井コスモ証券DMM株

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 520円
仮条件? 520円 ~ 590円
公募価格? 未発表
初値予想(独自) 520円 ~ 600円(11月15日時点)
初値? -

・想定価格520円に対して、PER-倍、PBR7.15倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益-24.5円、1株あたり純資産72.7円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 12月5日(木)~12月11日(水)
当選発表日? 12月12日(木)
購入申込期間? 12月13日(金)~12月18日(水)
上場日? 12月20日(金)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 520,000株
売出株数(OA含む)? 1,543,900株
当選株数合計 2,063,900株

・当選株数は2,063,900株。売買単位が100株なので、当たりは計20,639枚
・当選本数は多く、やや当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 大和証券 -% -株 -枚 -枚
幹事 みずほ証券 -% -株 -枚 -枚
SBI証券 -% -株 -枚 -枚
SMBC日興証券 -% -株 -枚 -枚
松井証券 -% -株 -枚 -枚
マネックス証券 -% -株 -枚 -枚
いちよし証券 -% -株 -枚 -枚
エース証券 -% -株 -枚 -枚
岩井コスモ証券 -% -株 -枚 -枚

※「割当率」や「当選本数」などの数字は、仮条件決定時付近に発表。
大和証券(主幹事)、SBI証券SMBC日興証券松井証券マネックス証券岩井コスモ証券から当選のチャンス。
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(11月28日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
重松 大輔(社長) 34.84% 180日間
㈱ダブルパインズ 12.79% 180日間
オプトベンチャーズ1号投資事業有限責任組合 10.64% 90日間
1.5倍
CA Startups Internet Fund2号投資事業有限責任組合 6.57% 90日間
1.5倍
鈴木 真一郎 6.42% 180日間
壺内 靖二郎 6.27% 180日間
㈱マイナビ 2.86% 180日間
オリックス㈱ 2.18% 90日間
1.5倍
みずほ成長支援投資事業有限責任組合 1.75% 90日間
1.5倍
東京建物㈱ 1.46%  

 

企業業績のデータ(5年分)

  2014年
12月
2015年
12月
2016年
12月
2017年
12月
2018年
12月
売上高(百万円)? 4 76 225 393 578
経常利益(百万円)? △31 △71 △160 △148 △272
当期純利益(百万円)? △31 △71 △160 △149 △274
純資産額 (百万円)? 87 16 236 83 552
1株あたりの純資産額(円)? △833 △3,674 △8,009 △43 △63
1株あたりの純利益(円)? △1,437 △2,841 △5,840 △16 △29
自己資本比率(%)? 93.0 29.7 59.6 29.4 50.9
自己資本利益率(%)? - - - - -

※2017年12月期以降、株式1株につき300株の分割を反映。
・2019年12月期は、第3四半期時点で売上551百万円、経常利益5百万円を達成しています。IPOで得た資金は、事業拡大・機能拡充のためのプラットフォームサービスに関するソフトウェアなどの取得、借入金の返済に充てる予定です。

管理人からのコメント

 スペースマーケット(4487)、自社サイト『スペースマーケット』を通じて、ジャンルを問わず「貸したいスペース」と、「そのスペースを借りたい人」をマッチングさせるサービスを提供しています。収益は、両者から支払われる手数料です。ビジネスアイデアはおもしろいですが、ユーザーが企画などを考えてからの使用となりますので、なかなか手軽に利用されない可能性が高く、使い方が浸透するまで少し時間がかかりそうな気がします。連日の上場ラッシュに加え、公開株数も多く、需給的に初値の大幅な上昇は期待しづらいです。

 ネット証券では、大和証券(主幹事)、SBI証券SMBC日興証券松井証券マネックス証券岩井コスモ証券DMM株から申し込み可能となっています。


↑