PC表示スマホ表示

ファンペップ(4881)

(12月2日)
本日東証より、「ファンペップの新規上場を承認しましたが、同社からの申出に基づき、当該承認を取り消すことといたしました。」との報告がありました。

 ファンペップの事業内容は「機能性ペプチドを用いた医薬品などの研究開発事業」で、東証マザーズ上場の中型案件(想定時価総額50.8億円、吸収金額16.3億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「想定価格が1,000円以下」の案件ですが、総合的に見ると、初値の大幅上昇は期待できません。

ファンペップのホームページ画像
成長性 割安性
△ △
話題性 総合評価
○ d


基本情報

会社名 ファンペップ(4881) 【東証マザーズ】
会社URL https://funpep.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券岩井コスモ証券DMM株

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 315円
仮条件? 未発表
公募価格? 未発表
初値予想(独自) 300円 ~ 330円(11月18日時点)
初値? -

・想定価格315円に対して、PER-倍、PBR2.06倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益-0.7円、1株あたり純資産152.7円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 12月4日(水)~12月10日(火)
当選発表日? 12月11日(水)
購入申込期間? 12月12日(木)~12月17日(火)
上場日? 12月20日(金)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 4,505,000株
売出株数(OA含む)? 675,000株
当選株数合計 5,180,000株

・当選株数は5,180,000株。売買単位が100株なので、当たりは計51,800枚
・当選本数は非常に多く、かなり当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 みずほ証券 -% -株 -枚 -枚
幹事 SMBC日興証券 -% -株 -枚 -枚
SBI証券 -% -株 -枚 -枚
いちよし証券 -% -株 -枚 -枚
エース証券 -% -株 -枚 -枚
藍澤證券 -% -株 -枚 -枚
岩井コスモ証券 -% -株 -枚 -枚
東洋証券 -% -株 -枚 -枚
極東証券 -% -株 -枚 -枚
水戸証券 -% -株 -枚 -枚

※「割当率」や「当選本数」などの数字は、仮条件決定時付近に発表。
SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券岩井コスモ証券から当選のチャンス。
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(11月27日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
森下 竜一 15.87% 365日間
平井 昭光(社長) 12.81% 365日間
三好 稔美 8.37% 365日間
塩野義製薬(株) 7.90% 90日間
1.5倍
(有)アドバンステクノロジー 7.21% 365日間
(株)SOLA 5.41% 365日間
(株)レックスウェル 4.69% 365日間
(株)メディパルホールディングス 4.29% 90日間
1.5倍
(株)ReBeage 4.15% 365日間
国立研究開発法人科学技術振興機構 3.61% 90日間
1.5倍

 

企業業績のデータ(5年分)

  2014年
12月
2015年
12月
2016年
12月
2017年
12月
2018年
12月
事業収益(百万円)? - 175 464 101 356
経常利益(百万円)? 1 22 152 △194 △9
当期純利益(百万円)? 1 11 102 △204 △12
純資産額 (百万円)? 1 568 921 717 1,166
1株あたりの純資産額(円)? 1,272 270,028 411,920 64 100
1株あたりの純利益(円)? 687 7,277 46,071 △18 △1
自己資本比率(%)? 71.4 92.5 80.7 83.9 84.7
自己資本利益率(%)? 74.1 4.0 13.7 - -

※2017年12月期以降、株式1株につき5,000株の分割を反映。
・2019年12月期は、第3四半期時点で売上301百万円、経常利益-79百万円となっています。IPOで得た資金は、研究開発費、人件費に充てる予定です。

管理人からのコメント

 ファンペップ(4881)、“ペプチド”と言えば、2013年のIPOペプチドリーム(4587)(公募価格比+216%)を思い出します。当時はバイオブームに加え、ペプチドに目新しさがありましたが、現在はすでに一般化しており、とくに目新しさはありません。加えて、公開株数がとても多く、同日にINCLUSIVE(7078)スペースマーケット(4487)が上場します。総合的な需給を考えると、公募割れの可能性も少なくありません。

 ネット証券では、SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券岩井コスモ証券DMM株から申し込み可能となっています。


↑