PC表示スマホ表示

ベルトラ(7048)

 ベルトラの事業内容は「海外・国内の現地体験型オプショナルツアー専門のオンライン予約サイトの運営」で、東証マザーズ上場の中型案件(想定時価総額101.2億円、吸収金額12.9億円)です。 統計的に初値が上がりやすい「想定価格が1,000円以下」の案件です。

ベルトラのホームページ画像
成長性 割安性
△ △
話題性 総合評価
△ c


基本情報

会社名 ベルトラ(7048) 【東証マザーズ】
会社URL https://www.veltra.com/jp/
狙い目証券会社 野村証券(主幹事)、SMBC日興証券SBI証券マネックス証券松井証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 360円
仮条件? 360円 ~ 384円
公募価格? 384円
初値予想(独自) 400円 ~ 500円(12月10日時点)
初値? -

・想定価格360円に対して、PER289.13倍、PBR9.84倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益1.2円、1株あたり純資産36.6円、1株あたり配当金-円。)
・強気の仮条件を受けて、初値予想を「360円 ~ 400円(11月19日時点)」から「400円 ~ 500円(12月10日時点)」に変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間? 12月6日(木)~12月12日(水)
当選発表日? 12月13日(木)
購入申込期間? 12月14日(金)~12月19日(水)
上場日? 12月25日(火)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 1,500,000株
売出株数(OA含む)? 2,088,000株
当選株数合計 3,588,000株

・当選株数は3,588,000株。売買単位が100株なので、当たりは計35,880枚
・当選本数は多く、やや当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 野村証券 88.70% 3,182,400株 31,824枚 3,182枚
幹事 SMBC日興証券 3.48% 124,800株 1,248枚 124枚
SBI証券 3.48% 124,800株 1,248枚 561枚
みずほ証券 2.61% 93,600株 936枚 93枚
マネックス証券 0.87% 31,200株 312枚 312枚
松井証券 0.87% 31,200株 312枚 218枚

野村証券(主幹事)、SMBC日興証券SBI証券マネックス証券松井証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
Paxalan S.à r.l. 35.11% 90日間
1.5倍
齊藤 精良 15.25% 90日間
(株)プレンティー 13.49% 90日間
1.5倍
永島 徹三 11.70% 90日間
1.5倍
二木 渉(社長) 7.62% 6ヶ月
澁谷 剛 5.12% 90日間
1.5倍
SBI Ventures Two(株) 3.90% 90日間
1.5倍
萬年 良子 1.83% 6ヶ月
倉上 智晴 0.82% 6ヶ月
マルタスインベストメント1号投資事業有限責任組合 0.72% 90日間
1.5倍

 

企業業績のデータ(5年分)

  2013年
12月
2014年
12月
2015年
12月
2016年
12月
2017年
12月
営業収益(百万円)? 775 1,095 1,584 2,313 2,826
経常利益(百万円)? 201 388 401 △169 36
当期純利益(百万円)? 181 326 227 △715 35
純資産額 (百万円)? 638 964 1,191 318 538
1株あたりの純資産額(円)? 31,880,343 48,187,442 59,558,197 12 20
1株あたりの純利益(円)? 316,488 16,307,099 11,370,755 △25 1
自己資本比率(%)? 41.9 44.5 41.7 7.9 14.7
自己資本利益率(%)? 28.4 33.8 19.1 - 8.4

※2015年12月期まで単独決算。2016年12月期から連結決算。
※2016年3月期以降、株式1株につき1,000,000株の分割を反映。
・2018年12月期は、第3四半期時点で売上2,465百万円、経常利益202百万円を達成しています。IPOで得た資金は、設備資金(基幹システムの開発・改良)、運転資金(プロモーション費用、人材採用・育成)に充てる予定です。

管理人からのコメント

 ベルトラ(7048)、想定価格が低く、買いを入れやすい点は需給的によいです。ただ、公開株数が多く、IPOラッシュの終盤での上場なので、投資家の資金的な余裕もなく、なかなか買いを集めるのがむずかしそうです。業績推移を見ても、利益が頭打ち気味で、将来性に不安をおぼえます。

 ネット証券では、野村証券(主幹事)、SMBC日興証券SBI証券マネックス証券松井証券から申し込みできます。同日にレオス・キャピタルワークス(7330)リンク(4428)が上場します。


↑