スマサポ(9342)

 スマサポの事業内容は「不動産管理業界に向けた複数ソリューション提供と入居者アプリ」で、東証グロース上場の小型案件(想定時価総額17.9億円、吸収金額2.5億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「想定価格が1,000円以下」、「大和証券が主幹事」の案件ですが、総合的に見て、初値は小幅な上昇にとどまると予想します。

スマサポのホームページ画像
成長性 割安性
○ △
話題性 総合評価?
○ C

基本情報

会社名 スマサポ(9342) 【東証グロース】
会社URL https://www.sumasapo.co.jp/
会社設立 2012年4月(11年目)
狙い目証券会社 大和証券(主幹事)、SBI証券松井証券マネックス証券楽天証券CONNECT岡三オンラインDMM株

狙い目証券の口座開設でプレゼントがもらえる!

口座開設キャンペーン口座開設キャンペーン

※サイト内ページに移動します

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 760円
仮条件? 720円 ~ 800円
公募価格? 未発表
初値予想(独自) 800円 ~ 1,600円(12月9日時点)
初値? -

・想定価格760円に対して、PSR0.88倍、PBR6.34倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益-21.4円、1株あたり純資産119.8円、1株あたり配当金-円。)
・仮条件に伴い、初値予想を「760円 ~ 1,500円(11月25日時点)」から「800円 ~ 1,600円(12月9日時点)」に変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間? 12月13日(火)~12月19日(月)
当選発表日? 12月20日(火)
購入申込期間? 12月21日(水)~12月26日(月)
上場日? 12月29日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 150,000株
売出株数(OA含む)? 183,500株
当選株数合計 333,500株

・当選株数は333,500株。売買単位が100株なので、当たりは計3,335枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 みずほ証券 -% -株 -枚 -枚
幹事 大和証券 -% -株 -枚 -枚
SBI証券 -% -株 -枚 -枚
松井証券 -% -株 -枚 -枚
マネックス証券 -% -株 -枚 -枚
岡三証券 -% -株 -枚 -枚
楽天証券 -% -株 -枚 -枚

※「割当率」や「当選本数」などの数字は、仮条件決定時付近に発表。
大和証券(主幹事)、SBI証券松井証券マネックス証券楽天証券から当選のチャンス。
・その他、岡三オンラインから申し込み可能となりました。(11月29日追記)
・その他、CONNECTから申し込み可能となりました。(11月29日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(12月6日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
(株)CABO DA ROCA 33.31% 180日間
太田 卓利 24.59% 180日間
大東建託パートナーズ(株) 5.90% 180日間
Hamagin DG Innovation投資事業有限責任組合 4.92% 90日間
小田 慎三(社長) 4.31% 180日間
(株)DGベンチャーズ 2.95% 90日間
藤井 裕介 2.84% 180日間
太田 玲 2.66% 180日間
NEXT ONE有限責任事業組合 2.18% 90日間
みずほ成長支援第4号投資事業有限責任組合 2.17% 90日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2017年
9月
2018年
9月
2019年
9月
2020年
9月
2021年
9月
売上高(百万円)? 79 847 1,438 1,860 2,029
経常利益(百万円)? △117 △91 132 189 △69
当期純利益(百万円)? △117 △83 112 152 △50
純資産額 (百万円)? △111 △194 △82 235 184
1株あたりの純資産額(円)? △554,840 △970,400 △4,116 108 85
1株あたりの純利益(円)? △583,575 △415,560 5,588 72 △23
自己資本比率(%)? △125.4 △95.4 △28.5 51.8 48.0
自己資本利益率(%)? - - - 199.5 △24.1

※2019年9月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
※2020年9月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・2022年9月期は、第3四半期時点で売上1,570百万円、経常利益41百万円を達成しています。IPOで得た資金は、ソフトウエア開発費用に充てる予定です。

管理人からのコメント

 スマサポ(9342)、入居時のお礼や満足度アンケート調査の代行やライフラインサポートなどの案内をする「スマサポサンキューコール」、入居者が賃貸借契約を締結してから発生する入居時点検、駐車場契約、近隣トラブルの相談などのやりとりがネット上でおこなえるアプリ「totono」を運営しています。直近の業績推移を見ると、売上は増加傾向にありますが、やや勢いにかげりが見えてきています。

 公開株数は少なめで、大株主にも期間でロックアップがかかっており、供給はかなり絞れています。初値が上がりやすい環境ではありますが、想定価格が低いこともあり、上がったとしても初値売り利益は数万円にとどまると予想します。

 ネット証券では、大和証券(主幹事)、SBI証券松井証券マネックス証券楽天証券CONNECT岡三オンラインDMM株から申し込み可能となっています。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑