WACUL[ワカル](4173)

(2020年2月2日追記)
 初値予想変更に伴い、総合評価をCからBへ変更しました

 WACUL[ワカル]の事業内容は「デジタルマーケティングのPDCAプラットフォーム『AIアナリスト・シリーズ』の提供、『DXコンサルティング』の提供、企業・学術機関との共同研究などにより顧客企業のデジタルトランスフォーメーションを推進」で、東証マザーズ上場の小型案件(想定時価総額62.0億円、吸収金額7.2億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「想定価格が1,000円以下」の案件です。

成長性 割安性
○ △
話題性 総合評価?
○ b


基本情報

会社名 WACUL[ワカル](4173) 【東証マザーズ】
会社URL https://wacul.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券大和証券楽天証券
マネックス証券
auカブコム証券CONNECTDMM株

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 900円
仮条件? 900円 ~ 1,050円
公募価格? 1,050円
初値予想(独自) 1,700円 ~ 2,500円(1月29日時点)
初値? 4,645円 (公募価格比+3,595円 +342.4%)

・想定価格900円に対して、PER-倍、PBR17.27倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益-20.6円、1株あたり純資産52.1円、1株あたり配当金-円。)
・仮条件が想定価格を上回ったため、初値予想を「1,350円 ~ 1,800円(1月15日時点)」から「1,700円 ~ 2,500円(1月29日時点)」へ変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間? 2月2日(火)~2月8日(月)
当選発表日? 2月9日(火)
購入申込期間? 2月10日(水)~2月16日(火)
上場日? 2月19日(金)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 100,000株
売出株数(OA含む)? 703,300株
当選株数合計 803,300株

・当選株数は803,300株。売買単位が100株なので、当たりは計8,033枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 みずほ証券 82.62% 663,700株 6,637枚 663枚
幹事 SMBC日興証券 4.73% 38,000株 380枚 38枚
SBI証券 4.73% 38,000株 380枚 171枚
大和証券 2.28% 18,300株 183枚 27枚
三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
2.28% 18,300株 183枚 18枚
楽天証券 1.62% 13,000株 130枚 130枚
いちよし証券 0.87% 7,000株 70枚 0枚
マネックス証券 0.87% 7,000株 70枚 70枚

SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券大和証券楽天証券マネックス証券から当選のチャンス。
・その他、auカブコム証券から申し込み可能となりました。(1月19日追記)
・その他、CONNECTから申し込み可能となりました。(1月25日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(1月26日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
ジャフコSV4共有投資事業有限責任組合 34.34% 90日間
1.5倍
大淵 亮平(社長) 20.33% 180日間
垣内 勇威 13.89% 180日間
(株)リコー 4.34% 180日間
竹本 祐也 4.14% 180日間
鈴木 達哉 3.95% 180日間
梅田 裕真 3.95% 180日間
中島 克彦 2.37% 180日間
(株)マイナビ 2.05% 180日間
電通デジタル投資事業有限責任組合 1.97% 90日間
1.5倍

 

企業業績のデータ(5年分)

  2016年
2月
2017年
2月
2018年
2月
2019年
2月
2020年
2月
売上高(百万円)? 76 108 255 371 486
経常利益(百万円)? △172 △253 △215 △67 △142
当期純利益(百万円)? △172 △258 △216 △70 △142
純資産額 (百万円)? 151 243 27 426 286
1株あたりの純資産額(円)? 88,335 117,844 12,933 63 42
1株あたりの純利益(円)? △111,249 △139,898 △104,911 △11 △21
自己資本比率(%)? 78.5 81.1 27.8 79.5 56.3
自己資本利益率(%)? - - - - -

※2019年2月期以降、株式1株につき3,000株の分割を反映。
・2021年2月期は、第3四半期時点で売上498百万円、経常利益43百万円を達成しています。IPOで得た資金は、機能開発投資、人材投資、マーケティング投資に充てる予定です。

管理人からのコメント

 WACUL[ワカル](4173)、デジタルマーケティングはIPOのテーマとしては強めと言えます。業績からはとても買えませんが、過去の傾向から期待感で買われるでしょう。想定価格が低く、公開株数も多くはないこともプラス材料です。総合的に見て、初値の大幅な上昇が期待できます。ただ、公募価格比+50%で筆頭株主であるベンチャー企業のロックアップが外れるので、そこから上は売り圧力が大きく苦労しそうです。

 ネット証券では、SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券大和証券楽天証券マネックス証券auカブコム証券CONNECTDMM株から申し込み可能となっています。

twitter@ipokiso_com
TwitterでもIPO情報を配信しています。フォローよろしくお願いします!

↑