PC表示スマホ表示

ココペリ(4167)

 ココペリの事業内容は「中小企業向け経営支援プラットフォーム『Big Advance』およびAIモジュール『FAI』の開発・提供など」で、東証マザーズ上場の中型案件(想定時価総額94.2億円、吸収金額16.2億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「ASP(SaaS)関連」、「大和証券が主幹事」の案件です。

ココペリのホームページ画像
成長性 割安性
にじゅうまる △
話題性 総合評価?
○ b


基本情報

会社名 ココペリ(4167) 【東証マザーズ】
会社URL https://www.kokopelli-inc.com/
狙い目証券会社 大和証券(主幹事)、SBI証券(副幹事)、マネックス証券松井証券
DMM株CONNECT

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 1,300円
仮条件? 1,400円 ~ 1,600円
公募価格? 未発表
初値予想(独自) 2,000円 ~ 3,000円(11月13日時点)
初値? -

・想定価格1,300円に対して、PER-倍、PBR15.81倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益-3.0円、1株あたり純資産82.2円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 12月3日(木)~12月9日(水)
当選発表日? 12月10日(木)
購入申込期間? 12月11日(金)~12月16日(水)
上場日? 12月18日(金)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 276,000株
売出株数(OA含む)? 968,700株
当選株数合計 1,244,700株

・当選株数は1,244,700株。売買単位が100株なので、当たりは計12,447枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 大和証券 -% -株 -枚 -枚
幹事 SBI証券 -% -株 -枚 -枚
丸三証券 -% -株 -枚 -枚
マネックス証券 -% -株 -枚 -枚
松井証券 -% -株 -枚 -枚

※「割当率」や「当選本数」などの数字は、公募価格決定時付近に発表。
大和証券(主幹事)、SBI証券(副幹事)、マネックス証券松井証券から当選のチャンス。
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(11月26日追記)
・その他、CONNECTから申し込み可能となりました。(11月27日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
近藤 繁(社長) 32.15% 180日間
AT-Ⅱ投資事業有限責任組合 9.37% 90日間
1.5倍
森垣 昭 7.17% 180日間
(株)東広 6.25% 180日間
SV-FINTECH1号投資事業有限責任組合 5.57% 90日間
1.5倍
FinTechビジネスイノベーション投資事業有限責任組合 5.14% 90日間
1.5倍
近藤 正武 3.67% 180日間
近藤 淳 3.67% 180日間
松尾 幸一郎 3.51% 180日間
TIS(株) 2.47% 180日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2016年
3月
2017年
3月
2018年
3月
2019年
3月
2020年
3月
売上高(百万円)? 59 69 106 185 414
経常利益(百万円)? △22 △53 △64 △99 △21
当期純利益(百万円)? △22 △53 △64 △99 △22
純資産額 (百万円)? 9 57 196 127 245
1株あたりの純資産額(円)? 15,387 △736 △1,706 △47 △52
1株あたりの純利益(円)? △41,937 △889 △1,045 △23 △5
自己資本比率(%)? 28.3 65.4 83.5 71.9 69.4
自己資本利益率(%)? - - - - -

※2017年3月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
※2019年3月期以降、株式1株につき70株の分割を反映。
・2021年3月期は、第2四半期時点で売上388百万円、経常利益46百万円を達成しています。IPOで得た資金は、エンジニア、営業およびカスタマーサクセスなどの人件費・採用教育費などに充てる予定です。

管理人からのコメント

 ココペリ(4167)、インターネット経由で社内チャットツールやホームページ作成などのサービス「Big Advance」を提供しています。月定額利用で、現在(2020年9月末時点)は27,914社が利用しています。直近は先行投資で赤字が続いていますが、利用企業数に応じた積み上げ型の収益モデルを持っていますので、将来的には黒字安定が期待できます。

 公開株数は少なくありませんが、想定価格が低めで、主要大株主にも期間でロックアップが入っていることから、供給はある程度絞れています。総合的な需給を考えると、初値の大幅上昇も十分に期待できます。

 ネット証券では、大和証券(主幹事)、SBI証券(副幹事)、マネックス証券松井証券DMM株CONNECTから申し込み可能となっています。

(11月16日追記)
同日にインバウンドテック(7031)が上場することになり、買いが集まりにくくなりました。


↑