PC表示スマホ表示

あさくま(7678)

 あさくまの事業内容は「『ステーキのあさくま』の店舗展開を主業態とするレストラン事業」で、JASDAQスタンダード上場の小型案件(想定時価総額59.9億円、吸収金額7.8億円)です。優待狙いの買いも期待でき、初値は小幅な上昇を予想します。

<株主優待>
年1回/4,000円分食事券(1,000円×4枚)
あさくま直営店・フランチャイズ加盟店およびあさくまグループ(オランダ坂珈琲邸、もつ焼きエビス参、ファーマーズガーデン・スバラヤ)で使用できます。

あさくまのホームページ画像
成長性 割安性
△ ○
話題性 総合評価
○ c


基本情報

会社名 あさくま(7678) 【JASDAQスタンダード】
会社URL http://www.asakuma.co.jp/
狙い目証券会社 大和証券(副幹事)、SBI証券東海東京証券
カブドットコム証券岡三オンライン証券DMM株

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 1,150円
仮条件? 1,150円 ~ 1,250円
公募価格? 1,250円
初値予想(独自) 1,400円 ~ 1,700円(5月24日時点)
初値? 1,834円 (公募価格比+584円 +46.7%)

・想定価格1,150円に対して、PER12.12倍、PBR1.81倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益94.9円、1株あたり純資産634.4円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 6月11日(火)~6月17日(月)
当選発表日? 6月18日(火)
購入申込期間? 6月19日(水)~6月24日(月)
上場日? 6月27日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 500,000株
売出株数(OA含む)? 177,100株
当選株数合計 677,100株

・当選株数は677,100株。売買単位が100株なので、当たりは計6,771枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
91.30% 618,200株 6,182枚 618枚
幹事 大和証券 1.74% 11,800株 118枚 17枚
SBI証券 1.74% 11,800株 118枚 53枚
東海東京証券 1.74% 11,800株 118枚 11枚
フィリップ証券 1.30% 8,800株 88枚 0枚
岡三証券 1.30% 8,800株 88枚 8枚
安藤証券 0.87% 5,900株 59枚 5枚

大和証券(副幹事)、SBI証券東海東京証券から当選のチャンス。
・三菱UFJモルガン・スタンレー証券が幹事なので、後からカブドットコム証券の取り扱いも発表される可能性があります。
・岡三証券が幹事なので、後から岡三オンライン証券の取り扱いも発表される可能性があります。
・その他、カブドットコム証券から申し込み可能となりました。(5月27日追記)
・その他、岡三オンライン証券から申し込み可能となりました。(5月27日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(6月4日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
(株)テンポスホールディングス 56.37% 180日間
(有)あさしお 11.28% 180日間
近藤 裕貴 10.05% 180日間
近藤 典子 8.92% 180日間
西尾 すみ子 3.62% 180日間
近藤 千鶴子 1.25% 180日間
(株)りそな銀行 0.97%  
(株)三井住友銀行 0.93%  
麒麟麦酒(株) 0.87%  
加藤 利武 0.44%  

 

企業業績のデータ(5年分)

  2014年
3月
2015年
3月
2016年
3月
2017年
3月
2018年
3月
売上高(百万円)? 4,115 4,689 6,011 9,128 9,441
経常利益(百万円)? 412 676 882 913 875
当期純利益(百万円)? 309 378 318 373 494
純資産額 (百万円)? 1,368 1,746 2,113 2,300 2,793
1株あたりの純資産額(円)? 303 387 449 488 593
1株あたりの純利益(円)? 68 84 70 79 105
自己資本比率(%)? 73.7 67.7 69.9 64.8 67.0
自己資本利益率(%)? 25.5 24.3 16.5 17.7 19.4

※2016年3月期まで単独決算。2017年3月期から連結決算。
・2019年3月期は、第3四半期時点で売上6,989百万円、経常利益504百万円を達成しています。IPOで得た資金は、直営店の新規出店にかかる設備投資資金に充てる予定です。

管理人からのコメント

 あさくま(7678)、IPO時点で株主優待が設定されており、個人投資家の優待ねらいの買いが期待できます。直近の業績を見るとやや頭打ち気味ですが、想定価格は割安な水準なので、個人投資家も安心して買いを入れられるでしょう。さらに公開株数が少なめということもあり、それなりの上昇は期待できそうです。

 ネット証券では、大和証券(副幹事)、SBI証券東海東京証券カブドットコム証券岡三オンライン証券DMM株から申し込み可能となっています。同日に新日本製薬(4931)が上場しますが、個人投資家はあさくまに集中すると思いますので、とくに問題ないでしょう。


↑