PC表示スマホ表示

アミファ(7800)

 アミファの事業内容は「主にライフスタイル雑貨の企画・仕入・卸販売」で、JASDAQスタンダード上場の小型案件(想定時価総額19.8億円、吸収金額6.8億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「想定価格が1,000円以下」の案件ですが、総合的に見て初値の大幅上昇は期待しづらいです。

アミファのホームページ画像
成長性 割安性
さんかく にじゅうまる
話題性 総合評価
○ c


基本情報

会社名 アミファ(7800) 【JASDAQスタンダード】
会社URL https://www.amifa.co.jp
狙い目証券会社 野村証券(主幹事)、SMBC日興証券SBI証券岡三オンライン証券DMM株

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 620円
仮条件? 620円 ~ 660円
公募価格? 660円
初値予想(独自) 660円 ~ 800円(9月9日時点)
初値? 910円 (公募価格比+250円 +37.9%)

・想定価格620円に対して、PER7.49倍、PBR1.04倍、配当利回り3.06%
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益82.7円、1株あたり純資産593.9円、1株あたり配当金19.0円。)
・初値予想を「620円 ~ 750円(8月15日時点)」から「660円 ~ 800円(9月9日時点)」に変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間? 9月2日(月)~9月6日(金)
当選発表日? 9月9日(月)
購入申込期間? 9月10日(火)~9月13日(金)
上場日? 9月19日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 455,000株
売出株数(OA含む)? 643,200株
当選株数合計 1,098,200株

・当選株数は1,098,200株。売買単位が100株なので、当たりは計10,982枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 野村証券 91.30% 1,002,700株 10,027枚 1,002枚
幹事 みずほ証券 3.48% 38,200株 382枚 38枚
SMBC日興証券 1.74% 19,100株 191枚 19枚
岡三証券 1.74% 19,100株 191枚 19枚
SBI証券 1.74% 19,100株 191枚 85枚

野村証券(主幹事)、SMBC日興証券SBI証券から当選のチャンス。
・その他、岡三オンライン証券から申し込み可能となりました。(8月16日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(8月26日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
ウィステリア合同会社 41.37% 90日間
レイクラム合同会社 28.88% 90日間
藤井 愉三(社長) 12.59% 90日間
藤井 俊行 12.48% 90日間
アミファ従業員持株会 0.72% 180日間
村山 和治 0.72% 90日間
米田 康三 0.54% 90日間
山田 昭 0.54% 90日間
蒲生 邦道 0.54% 90日間
佐藤 勝男 0.54% 90日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2014年
9月
2015年
9月
2016年
9月
2017年
9月
2018年
9月
売上高(百万円)? 634 3,738 3,710 4,112 4,737
経常利益(百万円)? 49 363 245 314 199
当期純利益(百万円)? △186 266 191 230 265
純資産額 (百万円)? 836 1,107 1,239 1,442 1,645
1株あたりの純資産額(円)? 15,770 20,530 22,700 525 599
1株あたりの純利益(円)? △3,508 5,000 3,524 84 96
自己資本比率(%)? 50.3 52.6 65.3 57.6 63.5
自己資本利益率(%)? - 27.4 16.3 17.2 17.2

※2017年9月期以降、株式1株につき50株の分割を反映。
・2019年9月期は、第3四半期時点で売上3,852百万円、経常利益350百万円を達成しています。IPOで得た資金は、設備投資、運転資金に充てる予定です。

管理人からのコメント

 アミファ(7800)、雑貨という新規性のないテーマに加え、業績も利益が頭打ち傾向にあり、盛り上がりに欠けそうな案件です。想定価格が低く、買いは入れやすいですが、そこまで積極的な買いが集まるとも思えません。想定価格が割安な水準にありますので、底値は堅そうですが、上値の伸びもあまり期待できないでしょう。

 ネット証券では、野村証券(主幹事)、SMBC日興証券SBI証券岡三オンライン証券DMM株から申し込み可能となっています。同日に、サイバーバズ(7069)が上場することも、買いが入りにくい要因となっています。


↑