PC表示スマホ表示

海帆(かいはん)(3133)

 海帆の事業内容は「居酒屋(「なつかし処昭和食堂」など)を中心とした飲食店舗の企画開発及び運営」で、マザーズ上場の小型案件となっています。名前もそうですが、業績的にもなかなかパッとしない案件で、初値の上昇がなかなか期待しづらい印象を受けます。

海帆(かいはん)のホームページ画像
成長性 割安性
△ △
話題性 総合評価
○ c


基本情報

会社名 海帆(かいはん)(3133) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.kaihan.co.jp/
狙い目証券会社 大和証券(副幹事)、SBI証券SMBC日興証券、安藤証券、松井証券
東海東京証券岩井コスモ証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 950円
仮条件? 950円 ~ 1,020円
公募価格? 1,020円
初値予想(独自) 1,150円 ~ 1,250円(4月12日時点)
初値? 1,800円(公募価格比+76.5%)

・想定価格950円に対するPER16.4倍
(上場時発行済株式数1,783,200株、2014年3月期の純利益102百万円、1株当たり利益57.8円で計算)。
・初値予想を「950円 ~ 1,050円(3月13日時点)」から「1,150円 ~ 1,250円(4月12日時点)」変更しました。

IPOスケジュール

抽選申込期間? 4月1日(水)~4月7日(火)
当選発表日? 4月8日(水)
購入申込期間? 4月9日(木)~4月14日(火)
上場日? 4月17日(金)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 300,000株
売出株数(OA含む)? 390,000株
当選株数合計 690,000株

・当選株数は計690,000株。売買単位が100株なので、当たりは計6,900枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率 割当株数 当選本数
(枚)
完全抽選本数
(予想)
主幹事 野村證券 81.00% 486,000株 4,860枚 486枚
幹事 大和証券 5.00% 30,000株 300枚 30枚
SBI証券 2.00% 12,000株 120枚 54枚
SMBC日興証券 2.00% 12,000株 120枚 12枚
岡三証券 1.00% 6,000株 60枚 6枚
安藤証券 1.00% 6,000株 60枚 6枚
東海東京証券 1.00% 6,000株 60枚 6枚
エース証券 1.00% 6,000株 60枚 6枚
高木証券 1.00% 6,000株 60枚 6枚
丸三証券 1.00% 6,000株 60枚 6枚
極東証券 1.00% 6,000株 60枚 6枚
岩井コスモ証券 1.00% 6,000株 60枚 6枚
東洋証券 1.00% 6,000株 60枚 6枚
エイチエス証券 1.00% 6,000株 60枚 30枚

・主幹事以外だと、副幹事の大和証券SBI証券SMBC日興証券、安藤証券、東海東京証券岩井コスモ証券から当選のチャンス。
・その他、松井証券から申し込みが可能となりました(4月3日追記)。

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率
久田 敏貴(社長) 93.97%
従業員持株会 3.14%
石田 剛 0.54%
木曽 憲次郎 0.54%
小島 聡 0.54%
久田 由美子 0.54%
細野 順三 0.33%
丹羽 喜裕 0.33%
渡邉 康也 0.08%

・社長の久田、石田、木曽、小島、渡邊氏に対し、90日間のロックアップ(公募価格から1.5倍で解除)。
・その他の大株主に対し、90日間のロックアップ(公募価格から1.5倍で解除)。

企業業績のデータ(5年分)


  2010年
3月
2011年
3月
2012年
3月
2013年
3月
2014年
3月
売上高(百万円)? 1,987 2,593 3,237 3,950 4,198
経常利益(百万円)? 29 100 129 181 160
当期純利益 (百万円)? △2 1 7 161 102
純資産額 (百万円)? 42 44 82 272 381
1株あたりの純資産額(円)? 64,632 67,558 1,353 187.38 257.08
1株あたりの純利益(円)? △4,139 2,926 1,422 130.91 70.76
自己資本比率(%)? 5.2 4.1 5.5 11.6 15.9
自己資本利益率(%)? - 4.4 11.9 89.7 31.5

※2012年3月期まで単独決算。2013年3月期から連結決算。
※2013年3月期以降、株式1株につき20株の分割を反映。
・売上は右肩上がりで推移していますが、利益がそれに伴って増加しておらず、新規出店したからといって、利益が増えていくとは限りません。IPOで得た資金は、新規出店、既存店のリニューアルに充てる予定です。

管理人からのコメント

海帆(かいはん)(3133)、名古屋地盤の居酒屋チェーンですが、なかなか見通しが明るくない内容です。売上は増えていますが、利益は頭打ち気味になっており、将来性には不安を感じます。業態的にも競争が激しいため、利益を継続的に増やすには経営の改善が必要なのかもしれません。ネット証券では、副幹事の大和証券SBI証券SMBC日興証券、安藤証券、松井証券東海東京証券岩井コスモ証券から申し込みが可能となっています。

↑