PC表示スマホ表示

タスキ(2987)

SBI証券からタスキに当選しました!

 タスキの事業内容は「新築投資用IoTレジデンスの企画、開発、販売およびコンサルティングなど」で、東証マザーズ上場の小型案件(想定時価総額33.4億円、吸収金額2.2億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「IoT関連」、「想定価格が1,000円以下」、「SBI証券が主幹事」の案件です。

タスキのホームページ画像
成長性 割安性
にじゅうまる △
話題性 総合評価?
にじゅうまる b


基本情報

会社名 タスキ(2987) 【東証マザーズ】
会社URL https://tasukicorp.co.jp/
狙い目証券会社 SBI証券(主幹事)、岩井コスモ証券むさし証券岡三オンライン証券DMM株SBIネオモバイル証券

(↑SBI証券は、「タスキ」の主幹事のため狙い目です!)

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 630円
仮条件? 610円 ~ 670円
公募価格? 670円
初値予想(独自) 1,500円 ~ 2,000円(8月27日時点)
初値? 5,060円 (公募価格比+4,390円 +655.2%)

・想定価格630円に対して、PER45.56倍、PBR5.19倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益13.8円、1株あたり純資産121.3円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 9月14日(月)~9月18日(金)
当選発表日? 9月23日(水)
購入申込期間? 9月25日(金)~9月30日(水)
上場日? 10月2日(金)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 300,000株
売出株数(OA含む)? 45,000株
当選株数合計 345,000株

・当選株数は345,000株。売買単位が100株なので、当たりは計3,450枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 SBI証券 93.04% 321,000株 3,210枚 1,444枚
幹事 藍澤證券 0.87% 3,000株 30枚 0枚
岩井コスモ証券 0.87% 3,000株 30枚 3枚
エイチ・エス証券 0.87% 3,000株 30枚 3枚
岡三証券 0.87% 3,000株 30枚 3枚
極東証券 0.87% 3,000株 30枚 0枚
東洋証券 0.87% 3,000株 30枚 3枚
むさし証券 0.87% 3,000株 30枚 3枚
水戸証券 0.87% 3,000株 30枚 0枚

SBI証券(主幹事)、岩井コスモ証券むさし証券から当選のチャンス。
※SBI証券が主幹事のときは、IPOチャレンジポイントを活用して当選をねらいましょう!
・その他、岡三オンライン証券から申し込み可能となりました。(8月28日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能になりました。(9月7日追記)
・その他、SBIネオモバイル証券から申し込み可能となりました。(9月14日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
村上 三郎 52.62% 180日間
㈱東京ウエルズ 7.90% 継続保有
㈱ウェッジ 7.18% 180日間
1.5倍
京東㈱ 5.74% 継続保有
Sanyoホールディングス㈱ 2.30% 継続保有
渡邉 裕 2.30% 継続保有
㈱ジープラン 1.72% 継続保有
村田 浩司(社長) 1.49% 180日間
㈱ジェイ・エス・ビー 1.44% 継続保有
朝井 隆夫 1.44% 継続保有

 

企業業績のデータ(5年分)

  2016年
3月
2017年
3月
2017年
9月
2018年
9月
2019年
9月
売上高(百万円)? 66 13 211 3,117 5,118
経常利益(百万円)? 4 2 4 108 330
当期純利益(百万円)? 4 1 2 73 222
純資産額 (百万円)? 11 12 305 478 700
1株あたりの純資産額(円)? 56,583 62,166 51 149 219
1株あたりの純利益(円)? 19,541 5,583 7 25 69
自己資本比率(%)? 85.7 5.4 21.6 14.1 18.2
自己資本利益率(%)? 41.7 9.4 1.4 18.7 37.7

※2017年に期末月が3月から9月に変更。
※2017年9月期以降、株式1株につき1,000株の分割を反映。
・2020年9月期は、第3四半期時点で売上5,007百万円、経常利益319百万円を達成しています。IPOで得た資金は、LiveMana事業の新築投資用IoTレジデンスの開発における建築資金、DayPay事業の運転資金および立替資金に充てる予定です。

管理人からのコメント

 タスキ(2987)、富裕層の相続対策向けに「1棟の新築投資用IoTレジデンス」の開発・販売をしています。最寄駅からの導線や物件の下見は、VR技術を活用し、オンラインでおこなえるようになっており、新型コロナの影響を受けにくいビジネスモデルとなっています。直近の業績推移も右肩上がりで拡大しており、将来性も十分にあります。想定価格が低く、公開株数も少ないため、供給はかなり絞れています。総合的な需給を考えると、初値は大幅に上昇する可能性が高いでしょう。

 ネット証券では、SBI証券(主幹事)、岩井コスモ証券むさし証券岡三オンライン証券DMM株SBIネオモバイル証券から申し込みできますので、積極的に当選をねらっていきましょう。


↑