PC表示スマホ表示

ミクリード(7687)

(3月5日追記)
・引受価額が「818円」で決まりました。仮に、特別売り気配ではじまった時は、誠意買い(シンジケートカバー取引)により「818円」付近で寄り付く可能性があります。

 ミクリードの事業内容は「飲食店向け業務用食材などの企画・販売」で、東証マザーズ上場の小型案件(想定時価総額18.2億円、吸収金額9.5億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「想定価格が1,000円以下」の案件ですが、総合的に見て、初値の上昇は期待しづらいです。

ミクリードのホームページ画像
成長性 割安性
△ ○
話題性 総合評価?
△ d


基本情報

会社名 ミクリード(7687) 【東証マザーズ】
会社URL https://corp.micreed.co.jp/
狙い目証券会社 大和証券幹事)、SBI証券マネックス証券岡三オンライン証券auカブコム証券DMM株

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 890円
仮条件? 790円 ~ 890円
公募価格? 890円
初値予想(独自) 850円 ~ 920円(2月7日時点)
初値? 818円 (公募価格比-72円 -8.1%)

・想定価格890円に対して、PER16.52倍、PBR2.08倍、配当利回り1.21%
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益53.9円、1株あたり純資産427.2円、1株あたり配当金10.8円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 2月27日(木)~3月4日(水)
当選発表日? 3月5日(木)
購入申込期間? 3月6日(金)~3月11日(水)
上場日? 3月16日(月)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 50,000株
売出株数(OA含む)? 1,021,800株
当選株数合計 1,071,800株

・当選株数は1,071,800株。売買単位が100株なので、当たりは計10,718枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 みずほ証券 91.32% 978,800株 9,788枚 978枚
幹事 大和証券 1.74% 18,600株 186枚 27枚
三菱UFJ
モルガン・
スタンレー証券
1.74% 18,600株 186枚 18枚
SBI証券 1.74% 18,600株 186枚 83枚
マネックス証券 1.74% 18,600株 186枚 186枚
岡三証券 0.87% 9,300株 93枚 9枚
エース証券 0.87% 9,300株 93枚 9枚

大和証券(副幹事)、SBI証券マネックス証券から当選のチャンス。
・その他、岡三オンライン証券から申し込み可能となりました。(2月10日追記)
・その他、auカブコム証券から申し込み可能となりました。(2月12日追記)
・その他、DMM株から申し込み可能となりました。(2月19日追記)

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
(株)SKYグループホールディングス 47.22% 180日間
国分グループ本社(株) 36.11% 180日間
(株)トーホー 9.26% 180日間
片山 礼子(社長) 3.47% 継続保有
石井 文範 1.85% 継続保有
長島 忠則 0.23% 継続保有
青木 秀治 0.23% 継続保有
源川 史仁 0.23% 継続保有
西口 昌伸 0.23% 継続保有
片山 康 0.23% 継続保有

 

企業業績のデータ(5年分)

  2015年
3月
2016年
3月
2017年
3月
2018年
3月
2019年
3月
売上高(百万円)? 3,298 3,682 3,928 4,038 4,061
経常利益(百万円)? 176 222 237 107 142
当期純利益(百万円)? 101 138 141 35 110
純資産額 (百万円)? 607 675 726 740 838
1株あたりの純資産額(円)? 6,068,127 6,751,496 72,630 370 419
1株あたりの純利益(円)? 1,010,848 1,383,668 14,145 17 55
自己資本比率(%)? 57.0 57.0 57.2 57.9 60.9
自己資本利益率(%)? 17.7 21.6 20.2 4.8 14.0

※2017年3月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
※2018年3月期以降、株式1株につき200株の分割を反映。
・2020年3月期は、第3四半期時点で売上3,181百万円、経常利益170百万円を達成しています。IPOで得た資金は、システム開発費、広告費用、採用費・人件費に充てる予定です。

管理人からのコメント

 ミクリード(7687)、卸売り業に近いビジネスモデルで、IPO的に人気化しづらい案件です。業績も伸び悩んでいるのが気になります。供給面を見ても、大株主に期間でロックアップがかかっていますが、公開株数が多く、しまっているとは言えません。個人的に、買いを入れる理由が見当たらず、公募割れの不安が大きいです。

 ネット証券では、大和証券幹事)、SBI証券マネックス証券岡三オンライン証券auカブコム証券DMM株から申し込み可能となっています。


↑