PC表示スマホ表示

東名(4439)

 東名の事業内容は「オフィス光119事業(光回線サービスおよび関連サービスの提供)、オフィスソリューション事業(情報通信機器・環境商材の販売、Webサービスの提供)など」で、東証マザーズ・名証セントレックス上場の中型案件(想定時価総額79.0億円、吸収金額13.2億円)です。 とくに初値が上がりやすい要素がなく、小幅な上昇にとどまりそうです。

東名のホームページ画像
成長性 割安性
△ ○
話題性 総合評価
△ c


基本情報

会社名 東名(4439) 【東証マザーズ・名証セントレックス】
会社URL https://www.toumei.co.jp/
狙い目証券会社 東海東京証券(主幹事)、SBI証券楽天証券岡三オンライン証券
DMM株

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 3,290円
仮条件? 3,130円 ~ 3,290円
公募価格? 3,290円
初値予想(独自) 3,500円 ~ 4,000円(2月28日時点)
初値? 4,205円 (公募価格比+915円 +27.8%)

・想定価格3,290円に対して、PER13.66倍、PBR2.34倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益240.9円、1株あたり純資産1,407.7円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 3月18日(月)~3月25日(月)
当選発表日? 3月26日(火)
購入申込期間? 3月27日(水)~4月1日(月)
上場日? 4月3日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 300,000株
売出株数(OA含む)? 102,500株
当選株数合計 402,500株

・当選株数は402,500株。売買単位が100株なので、当たりは計4,025枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 東海東京証券 91.30% 367,500株 3,675枚 367枚
幹事 みずほ証券 2.61% 10,500株 105枚 10枚
SBI証券 1.74% 7,000株 70枚 31枚
楽天証券 0.87% 3,500株 35枚 35枚
岡三証券 0.87% 3,500株 35枚 3枚
極東証券 0.87% 3,500株 35枚 0枚
いちよし証券 0.87% 3,500株 35枚 5枚
エース証券 0.87% 3,500株 35枚 3枚

東海東京証券(主幹事)、SBI証券楽天証券から当選のチャンス。
・その他、岡三オンライン証券から申し込みが可能となりました(3月1日追記)。
・その他、DMM株から申し込みが可能となりました(3月12日追記)。

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
山本 文彦(社長) 78.69% 180日間
(株)エフティグループ 9.10% 90日間
1.5倍
日比野 直人 3.69% 180日間
(株)三重銀行 1.82% 90日間
1.5倍
東名従業員持株会 1.28%  
直井 慎一 1.27% 180日間
関山 誠 1.00% 180日間
ジャパンベストレスキューシステム(株) 0.91% 90日間
1.5倍
水口 博信 0.32% 継続保有
水嶋 淳 0.32% 継続保有

 

企業業績のデータ(5年分)

  2014年
8月
2015年
8月
2016年
8月
2017年
8月
2018年
8月
売上高(百万円)? 3,407 2,826 4,288 7,925 9,895
経常利益(百万円)? 97 △408 △851 150 417
当期純利益(百万円)? 67 △524 △858 131 578
純資産額 (百万円)? 2,806 2,289 1,434 1,890 2,480
1株あたりの純資産額(円)? 267,213 217,970 136,548 900 1,181
1株あたりの純利益(円)? 6,412 △49,901 △81,694 62 275
自己資本比率(%)? 81.2 72.1 39.4 40.7 45.2
自己資本利益率(%)? 2.4 - - 7.2 26.5

※2016年8月期まで単独決算。2017年8月期から連結決算。
※2017年8月期以降、株式1株につき200株の分割を反映。
・2019年8月期は、第1四半期時点で売上2,657百万円、経常利益209百万円を達成しています。IPOで得た資金は、運転資金に充てる予定です。

管理人からのコメント

 東名(4439)は、事業内容に新規性がなく、IPO的な人気は乏しいでしょう。ただ、公開株数が少なく、主要大株主にロックアップがかかっているので、需給的に初値の小幅な上昇が期待できます。想定価格が割安な水準にあるので、公募割れの可能性は今のところなさそうです。ネット証券では、東海東京証券(主幹事)、SBI証券楽天証券岡三オンライン証券DMM株から申し込み可能となっています。


↑