PC表示スマホ表示

神戸天然物化学(6568)

 神戸天然物化学の事業内容は「有機化合物の受託研究、受託製造・分離精製および技術開発」で、東証マザーズ上場の中型案件(想定時価総額172.7億円、吸収金額61.0億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「SMBC日興証券が主幹事」の案件です。

神戸天然物化学のホームページ画像
成長性 割安性
まるかく △
話題性 総合評価
△ c


基本情報

会社名 神戸天然物化学(6568) 【東証マザーズ】
会社URL http://www.kncweb.co.jp/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 2,340円
仮条件? 2,140円 ~ 2,340円
公募価格? 2,340円
初値予想(独自) 2,340円 ~ 2,500円(2月11日時点)
初値? 3,665円 (公募価格比+1,325円 +56.6%)

・想定価格2,340円に対して、PER35.66倍、PBR2.42倍、配当利回り0.52%
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益65.6円、1株あたり純資産966.4円、1株あたり配当金12.2円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 2月28日(水)~3月6日(火)
当選発表日? 3月7日(水)
購入申込期間? 3月8日(木)~3月13日(火)
上場日? 3月15日(木)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 1,380,000株
売出株数(OA含む)? 1,228,200株
当選株数合計 2,608,200株

・当選株数は2,608,200株。売買単位が100株なので、当たりは計26,082枚
・当選本数は多く、やや当たりやすい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 SMBC日興証券 92.01% 2,086,700株 20,867枚 2,086枚
幹事 野村證券 5.00% 113,400株 1,134枚 113枚
SBI証券 2.00% 45,300株 453枚 203枚
エース証券 1.00%% 22,600株 226枚 22枚

SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
広瀬 克利(社長) 30.70% 180日間
KNC興産㈱ 25.20% 180日間
宮内 仁志 17.70% 180日間
岩本 定義 4.00% 180日間
広瀬 正幸 4.00% 180日間
松長 紀義 4.00% 180日間
純正化学㈱ 4.00% 180日間
吉田 忠嗣 3.00% 180日間
吉田 正博 2.60% 180日間
乾 由月 2.00% 180日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2013年
3月
2014年
3月
2015年
3月
2016年
3月
2017年
3月
売上高(百万円)? 3,806 4,005 3,812 4,612 4,768
経常利益(百万円)? 239 282 218 288 741
当期純利益(百万円)? 181 288 182 391 484
純資産額 (百万円)? 3,189 3,476 3,664 3,748 4,184
1株あたりの純資産額(円)? 3,189,082 3,476,471 3,663,956 625 697
1株あたりの純利益(円)? 180,605 287,977 182,019 65 81
自己資本比率(%)? 51.5 47.8 43.0 42.7 47.3
自己資本利益率(%)? 5.8 8.6 5.1 10.9 12.2

※2016年3月期のみ連結決算。
※2016年3月期以降、株式1株につき6,000株の分割を反映。
・2018年3月期は、第3四半期時点で売上4,641百万円、経常利益1,086百万円を達成しています。IPOで得た資金は、出雲第一工場における医薬品製造設備、第二工場における機能材料製造設備などへの設備投資に充てる予定です。

管理人からのコメント

 神戸天然物化学(6568)、直近の業績推移(特に、利益部分)は右肩上がりで順調ですが、果たしてこの先もこのペースで成長していけるのかがポイントです。公開株数が多く、需給が緩んでおり、また実績値で「PER35.66倍、PBR2.42倍」と成長性の割には、やや強気な価格設定にも映ります。

 
2月5日以降の波乱・下落相場に入った今の相場では、初値を押し上げるほどの買いを集めるのに苦労しそうです。ただ、2月28日上場の「ジェイテックコーポレーション」、3月2日上場の「SERIOホールディングス」あたりの初値が非常に好調だったので、意外にも初値は固いかもしれません。日経平均株価や新興市場(JASDAQ、マザーズなど)は陰りが見え始めてきているので、IPO市場の活況がいつまで続くのか、予想しにくい状態です。

ネット証券では、SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券から申し込むことができます。

 

↑