PC表示スマホ表示

ロジザード(4391)

 ロジザードの事業内容は「在庫管理システムのクラウドサービスによる提供」で、東証マザーズ上場の小型案件(想定時価総額23.6億円、吸収金額7.3億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「クラウド関連」、「想定価格が1,000円以下」の案件で、初値の高騰が期待できます。

ロジザードのホームページ画像
成長性 割安性
◎ △
話題性 総合評価
◎ a


基本情報

会社名 ロジザード(4391) 【東証マザーズ】
会社URL https://www.logizard.co.jp/
狙い目証券会社 野村証券(主幹事)、SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券
岡三オンライン証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 770円
仮条件? 800円 ~ 900円
公募価格? 900円
初値予想(独自) 1,800円 ~ 2,400円(5月31日時点)
初値? 2,500円 (公募価格比+1,600円 +177.8%)

・想定価格770円に対して、PER41.57倍、PBR3.81倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益18.5円、1株あたり純資産201.9円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 6月18日(月)~6月22日(金)
当選発表日? 6月25日(月)
購入申込期間? 6月26日(火)~6月29日(金)
上場日? 7月4日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 400,000株
売出株数(OA含む)? 554,500株
当選株数合計 954,500株

・当選株数は954,500株。売買単位が100株なので、当たりは計9,545枚
・当選本数は一般的で、普通の当たりやすさの部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 野村証券 91.30% 871,500株 8,715枚 871枚
幹事 SMBC日興証券 3.48% 33,200株 332枚 33枚
みずほ証券 1.74% 16,600株 166枚 16枚
SBI証券 1.74% 16,600株 166枚 74枚
岡三証券 1.74% 16,600株 166枚 16枚

野村証券(主幹事)、SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券から当選のチャンス。
・その他、岡三オンライン証券から申し込みが可能となりました(6月4日追記)。

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
フューチャー(株) 31.29% 90日間
金澤 茂則(社長) 12.57% 90日間
小川 武重 10.49%  
(株)コンテック 10.07% 90日間
創歩人ホールディングス(株) 7.87% 90日間
金澤 卓美 2.62%  
遠藤 えみ子 2.62% 90日間
遠藤 寛志 2.62% 90日間
遠藤 史織 2.62% 90日間
吉野 明寿 2.09% 90日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2013年
6月
2014年
6月
2015年
6月
2016年
6月
2017年
6月
売上高(百万円)? 569 682 853 1,010 1,074
経常利益(百万円)? 19 57 69 74 88
当期純利益(百万円)? 12 38 50 47 57
純資産額 (百万円)? 130 168 229 282 340
1株あたりの純資産額(円)? 29,433 38,099 46,210 109 131
1株あたりの純利益(円)? 2,657 8,666 11,027 19 22
自己資本比率(%)? 32.7 36.1 47.3 56.0 62.1
自己資本利益率(%)? 9.9 25.6 25.2 18.2 18.2

※2015年6月期まで単独決算。2016年6月期から連結決算。
※2016年6月期以降、株式1株につき500株の分割を反映。
・2018年6月期は、第3四半期時点で売上1,027百万円、経常利益123百万円を達成しています。IPOで得た資金は、設備資金、運転資金および借入金の返済に充てる予定です。

管理人からのコメント

 過去のIPOを振り返ると、物流分野は人気化しにくい分野です。しかし、ロジザード(4391)は最新のクラウドサービスを使った在庫管理システムを提供しているため、事業内容に新規性があり、市場から多くの注目を集めそうです。加えて想定価格が770円と安く、気軽に買いを入れやすいことを踏まえると、初値の上昇も期待できそうです。

 ネット証券では、野村証券(主幹事)、SMBC日興証券(副幹事)、SBI証券岡三オンライン証券から申し込みできますので、積極的に当選をねらっていきましょう。


↑