PC表示スマホ表示

グッドライフカンパニー(2970)

 グッドライフカンパニーの事業内容は「投資用新築一棟賃貸マンションの用地仕入・企画設計・施工・監理・賃貸仲介・賃貸管理など」で、JASDAQスタンダード上場の小型案件(想定時価総額21.5億円、吸収金額7.3億円)です。

グッドライフカンパニーのホームページ画像
成長性 割安性
○ にじゅうまる
話題性 総合評価
○ b


基本情報

会社名 グッドライフカンパニー(2970) 【JASDAQスタンダード】
会社URL http://www.goodlife-c.jp/
狙い目証券会社 野村証券(副幹事)、SBI証券岡三オンライン証券マネックス証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 1,590円
仮条件? 1,550円 ~ 1,600円
公募価格? 1,600円
初値予想(独自) 2,500円 ~ 3,000円(11月12日時点)
初値? 1,951円 (公募価格比+351円 +21.9%)

・想定価格1,590円に対して、PER8.44倍、PBR1.87倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益188.4円、1株あたり純資産850.9円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 11月29日(木)~12月5日(水)
当選発表日? 12月6日(木)
購入申込期間? 12月7日(金)~12月12日(水)
上場日? 12月17日(月)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 250,000株
売出株数(OA含む)? 210,000株
当選株数合計 460,000株

・当選株数は460,000株。売買単位が100株なので、当たりは計4,600枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 みずほ証券 89.57% 412,000株 4,120枚 412枚
幹事 野村証券 2.61% 12,000株 120枚 12枚
SBI証券 2.61% 12,000株 120枚 54枚
岡三証券 1.74% 8,000株 80枚 8枚
エース証券 1.74% 8,000株 80枚 8枚
西日本
シティTT証券
0.87% 4,000株 40枚 0枚
FFG証券 0.87% 4,000株 40枚 0枚

野村証券(副幹事)、SBI証券から当選のチャンス。
・その他、岡三オンライン証券から申し込みが可能となりました(11月13日追記)。
・その他、マネックス証券から申し込みが可能となりました(11月14日追記)。

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
髙村 隼人(社長) 87.98% 180日間
近松 敬倫 5.11% 180日間
伊藤 貴光 1.34%  
出永 太郎 0.67%  
森田 旭 0.59%  
牛島 亮太 0.50%  
岡﨑 勲 0.46%  
藤川 宜賢 0.42%  
吉村 寛子 0.30%  
増田 大晃 0.28%  

 

企業業績のデータ(5年分)

  2014年
5月
2015年
5月
2015年
12月
2016年
12月
2017年
12月
売上高(百万円)? 1,341 1,541 232 2,363 2,579
経常利益(百万円)? 118 190 33 334 376
当期純利益(百万円)? 79 112 25 237 254
純資産額 (百万円)? 158 270 295 539 793
1株あたりの純資産額(円)? 71,743 122,789 134,036 490 721
1株あたりの純利益(円)? 36,028 51,046 11,247 216 231
自己資本比率(%)? 19.6 47.8 29.1 38.3 43.1
自己資本利益率(%)? 67.1 52.5 8.8 56.5 38.2

※2015年12月期まで単独決算。2016年12月期から連結決算。
※2015年に期末月が5月から12月に変更しました。
※2016年12月期以降、株式1株につき500株の分割を反映。
・2018年12月期は、第3四半期時点で売上2,569百万円、経常利益580百万円を達成しています。IPOで得た資金は、開発予定物件の建築工事などにかかわる外注費、新築一棟マンションを開発・建築するための土地の取得費用に充てる予定です。

管理人からのコメント

 グッドライフカンパニー(2970)、投資用不動産はテーマ的に弱いですが、公開株数が少なく、需給的にはまずまずの案件です。11月28日に不動産関連の霞ヶ関キャピタル(3498)が上場しますので、こちらで現在の市場の反応を確かめたいところです。

 ネット証券では、野村証券(副幹事)、SBI証券岡三オンライン証券マネックス証券から申し込みできますので積極的に当選をねらっていきましょう。同日にツクイスタッフ(7045)が上場しますので、お互いに少し足を引っ張る感じになります。


↑