PC表示スマホ表示

ブリッジインターナショナル(7039)

 ブリッジインターナショナルの事業内容は「インサイドセールス(電話やWebなどの非対面営業)に関するアウトソーシング受託業務を主軸にした法人営業改革支援」で、東証マザーズ上場の小型案件(想定時価総額34.7億円、吸収金額7.3億円)です。 統計的に初値の上がりやすい「SMBC日興証券が主幹事」の案件です。

ブリッジインターナショナルのホームページ画像
成長性 割安性
△ ○
話題性 総合評価
○ B


基本情報

会社名 ブリッジインターナショナル(7039) 【東証マザーズ】
会社URL http://bridge-g.com/
狙い目証券会社 SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券マネックス証券

IPO日程と価格決定(初値予想)

想定価格? 2,090円
仮条件? 2,090円 ~ 2,310円
公募価格? 未発表
初値予想(独自) 3,000円 ~ 3,500円(8月29日時点)
初値? -

・想定価格2,090円に対して、PER17.63倍、PBR2.3倍、配当利回り-
(直近期末の決算数値をもとに、IPOによる調達資金と新規発行株数を考慮して計算しています。 1株あたり利益118.6円、1株あたり純資産910.6円、1株あたり配当金-円。)

IPOスケジュール

抽選申込期間? 9月14日(金)~9月21日(金)
当選発表日? 9月25日(火)
購入申込期間? 9月26日(水)~10月1日(月)
上場日? 10月3日(水)

※証券会社によって、スケジュールが異なることがあるので、必ず確認してください。

IPO当選株数

公募株数? 205,800株
売出株数(OA含む)? 145,800株
当選株数合計 351,600株

・当選株数は351,600株。売買単位が100株なので、当たりは計3,516枚
・当選本数は少なく、やや当たりにくい部類に入る。

幹事証券リスト(管理人独自予想あり)

  証券会社名 割当率? 割当株数 ? 当選本数
(枚) ?
完全抽選本数
(予想) ?
主幹事 SMBC日興証券 91.35% 321,200株 3,212枚 321枚
幹事 SBI証券 3.47% 12,200株 122枚 54枚
マネックス証券 2.59% 9,100株 91枚 91枚
エース証券 2.59% 9,100株 91枚 9枚

SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券マネックス証券から当選のチャンス。

株主構成、ロックアップなど?

株主名 比率 ロック
アップ
吉田 融正(社長) 44.99% 180日間
(株)ミロク情報サービス 11.00% 180日間
オリックス(株) 4.89% 180日間
(株)愛媛銀行 4.13% 180日間
荒川 恵介 3.83% 180日間
パーソルキャリア(株) 2.44% 180日間
宮腰 渉 2.33% 180日間
塩澤 正枝 1.81% 180日間
ブリッジグループ従業員持株会 1.66% 180日間
大平 善彦 1.47% 180日間

 

企業業績のデータ(5年分)

  2012年
12月
2013年
12月
2015年
12月
2016年
12月
2017年
12月
売上高(百万円)? 2,074 2,336 2,421 2,522 2,786
経常利益(百万円)? 200 288 173 228 297
当期純利益(百万円)? 113 101 100 138 197
純資産額 (百万円)? 584 686 786 926 1,122
1株あたりの純資産額(円)? 40,174 47,163 54,060 636 772
1株あたりの純利益(円)? 7,744 6,916 6,901 95 135
自己資本比率(%)? 46.3 52.2 58.1 63.0 66.5
自己資本利益率(%)? 21.3 15.8 13.6 16.2 19.2

※2016年12月期以降、株式1株につき100株の分割を反映。
・2018年12月期は、第2四半期時点で売上1,438百万円、経常利益168百万円を達成しています。IPOで得た資金は、システム開発・構築、広告宣伝、展示会出展、借入金の返済に充てる予定です。

管理人からのコメント

 ブリッジインターナショナル(7039)、ネット・電話を通じた営業支援のアウトソーシングというテーマで、やや盛り上がりに欠けそうです。業績は売り上げは伸びているものの、利益がやや頭打ち気味ですので、将来性を期待した買いが入りづらそうです。ただ、公開株数が少なく、大株主に対して期間でロックアップがかかっていますので、需給はかなり恵まれています。総合的に判断して、まずまずの上昇が期待できるでしょう。

 ネット証券では、SMBC日興証券(主幹事)、SBI証券マネックス証券から申し込むことができますので、積極的に当選をねらっていきましょう。


↑