PC表示スマホ表示

SBI証券なら、最短「2営業日」でNISAがはじめられます!

公開日:
2019年3月7日

 SBI証券が2019年より「簡易NISA口座開設」をスタートしました!これまでは、NISA口座の開設申し込みから取引できるまでに約3週間かかっていましたが、今回スタートした「簡易NISA口座開設」では、なんと最短2営業日で取引できるようになります。「NISAをはじめよう!」と思ってすぐに取引できるのは便利ですね!

 「簡易NISA口座開設」のかんたんな説明と、対応している証券会社を比較します。

簡易NISA口座開設とは?

 今までは、NISA口座を開設するときは事前に税務署での審査が必要でした。審査には約3週間かかるため、申し込んでから約1ヶ月は何もできませんでした。

 しかし、2019年から簡易NISA口座開設制度が開始され、証券会社から税務署への確認申請前に仮開設できるようになりました。申し込み後、必要書類の返送をすればすぐに取引がはじめられます!

<画像:SBI証券公式サイトより>

 

「簡易NISA口座開設」3つの注意点

 とても便利な「簡易NISA口座開設」ですが、注意点が3つあります。申し込み前にチェックしましょう!

①他でNISA口座を開設していないこと

 「簡易NISA口座開設」を利用できるのは、新しくNISA口座を開設する人だけです。すでに他の金融機関でNISA口座を持っている人は、「金融機関変更によるNISA口座(NISA/つみたてNISA)開設」手続きをおこなってください。

②審査に落ちると一般口座預かりになる

 事前に取引をはじめられますが、税務署での審査に落ちた場合、それまでに購入した株や投資信託は「一般口座」での預かりになります。「一般口座」から「特定口座」への振替はできません。(2019年3月時点)

③ジュニアNISAは対象外

 通常NISA、つみたてNISAは「簡易NISA口座開設」を利用できますが、ジュニアNISAは対象外です。

SBI証券なら最短2営業日で取引開始!

 NISA口座を開設するには、証券口座が必要です。簡易NISA口座開設」制度に対応しているネット証券と、その口座開設までの最短日数を一覧にしました。お得なキャンペーン情報もあります!

証券会社名
(クリックで詳細へ)
証券口座
最短日数※1
NISA口座
最短日数※1
証券口座+NISA口座
最短日数
※1
キャンペーン
&プログラム情報
初心者
取引ガイド
SBI証券
(簡易NISA口座開設)
翌日 2営業日 2営業日※2 限定タイアップ】口座開設後、
2万円以上入金&住信SBIネット銀行のSBIハイブリッド預金へ2万円以上振替で、
もれなく2,500円やさしい株のはじめ方作成オリジナルレポート
株初心者でも見つかる株の選び方」をプレゼント!
口座開設
カブドットコム証券
(スピード開設)
3営業日 2営業日 5営業日 限定タイアップカブドットコム証券に口座開設して、
20万円以上の投資信託を購入すると、もれなく4,000円プレゼント!
2019年5月31日まで)
口座開設
楽天証券
(即日買付制度)
約1週間 当日 約1週間   口座開設

2019年5月時点)

※1 最短日数は理論上の最速値です。 住んでいる地域や郵便状況、証券会社の処理状況によって変わります
※2 SBI証券は、証券口座とNISA口座を同時に申し込めるので、最短2営業日で取引できます

 証券口座が開設完了してからNISA口座開設の処理が進むため、「証券口座最短日数」+「NISA取引最短日数」が最短でNISAをはじめられる日数です。2019年3月時点で対応している証券会社の中では、SBI証券が一番早く取引できますね。口座開設の手順は初心者取引ガイドをご覧ください!

思い立ったらすぐNISA!

 「時間がかかる手続きは面倒くさい」と思いがちです。簡易NISA口座開設は申し込みの手間を増やすことなく、NISAの取引開始までの時間を劇的に短縮しました。興味がわいたその時に、「簡易NISA口座開設」でNISAをはじめましょう!